第三の時効 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.99
  • (717)
  • (816)
  • (655)
  • (29)
  • (8)
本棚登録 : 4835
レビュー : 595
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087460193

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 強烈な個性を持つ捜査1課の班長たち。イライラするほど激しい覇権争い。
    重厚で読み応えのある、これぞ警察小説!
    (でも、警察小説は苦手で感想もうまく書けなくて申し訳ないです)

    どの話もタイトルがうまい。

    「沈黙のアリバイ」
    沈黙…怖い。
    「第三の時効」
    第一の時効、第二の時効、第三の時効とは…。
    「囚人のジレンマ」
    囚人のジレンマに陥ったのは?
    「密室の抜け穴」
    密室の抜け穴はどこに?
    「ペルソナの微笑」
    微笑みの仮面を被っているのは。
    「モノクロームの反転」
    黒と白。ちぐはぐなパズル。

    1番面白かったのは「囚人のジレンマ」、『64』を思い出す。
    新聞記者たちとの熱い戦い。腹の探り合い。攻防。
    まだ発表していない事を聞いてきた新聞記者に対して、捜査一課長は瞬時に答えを出すさなければならない。
    誰が新聞記者に情報を流したのか捜査一課長は考える。
    捜査一課長は「囚人のジレンマ」に陥いってしまうのか?

  • 日ごろユルイ感じの本ばかり読んでいるから、たまにこういう本を読むと気持ちが引き締まる。
    駆け引きにドキドキして読んでると、あっという間に6編読み終わってる。
    章ごとにひとつの事件があるから短編みたいな感覚で読めて、読書の時間がなかなか取れない人にも読みやすい。
    中でも面白かったのは「ペルソナの微笑」。
    この章の主人公、矢代の怒りがとても悲しく表現されていて、印象的。

  • 時効完成を題材にした作品は沢山ある。「時効完成の数分前に逮捕」。たしかに面白い。
    しかしその設定には根本的な問題がある。時効完成の数分前に被疑者を逮捕できたとしても、その数分後、つまり時効完成の瞬間には釈放しなければならない。公訴時効というのは逮捕できる期限ではなく、起訴できる期限だからだ。期限までに起訴できなきゃ、つまり裁判が出来なきゃ、結局それは犯人の勝ちだろ...。
    そんな冷めた私が、思わずのけぞったのが表題作だ。私のように「時効モノ」に冷めた目線を向けている方にこそ、この作品は面白いと思う。
    他の短編も逸品揃い。お勧めしたい。

  • これはもう言葉ではなく、
    「現(うつつ)」そのもののようだ。

    警察小説っていうものへの偏見が吹っ飛んだ。
    どこまでも濃く・深い人間描写。
    話なんかどうでもよくすら思えてくる。
    ただただ、この人たちをもっと見たい。
    それくらい「人」に惹きこまれる本。

  • あまり短編集が好きではないので、なんだ短編集かよって思いながら読み進めていたら、出てくる登場人物たちはみんなF県の捜査1課というつながりの中で書かれていたけど、だからといって内容につながりがあるわけではなくという感じだった。
    1つ1つのはなしは読みやすくて、1日で読み終わった。残念なのはやっぱり短編ならではの内容に深みがないというか、背景の説明が足りないというかというところが非常に残念だったかな。しょうがないんだけど。。。

  • 登場人物の心理描写が深く徹底的であることと、プロットが予測不能で、やられた、そうかと膝うちしたくなるような巧みさ、痛快さが横山作品の特徴。硬質で、モノトーン的な印象の文体も絶妙な緊張感を与えていて、最後まで一気に読ませられた。

    しかし、刑事たちの手柄争いってのは本当にここまでシビアなものなの?と少し気になった。登場する三人の班長がスーパー刑事だからいいとして、実際はもうちょっとお互い協力し合わないと犯罪解決に支障があるんじゃないの?と一般市民としては心配になる。

    なんつて、小説なんだから、全くの余計な心配だけど。胸が痛くなるほどリアリティーがありすぎる故に、くだらないことまでつい考えてしまった。

  • 横山秀夫さん初読み。この作品に登場する警察は正に蹴っては落とせのマッチョな縦型男社会で、無骨で精悍な男達のヒリつくような緊迫感が伝わってくる。満身創痍な各班長のまるで呪いのような執念や気迫が重苦しくもドラマチックな展開を生んでいるように感じた。装幀と同様の漆黒の作品カラーが全編通して染み渡っている。短編ゆえの弱点だが、どの作品も唐突に閃きや事件解決が訪れてしまうのはやや物足りない。また、事件内容が一気に凝縮されている為、中々頭に入ってこなかった。長編で読んだらもっと全体像がスッキリ見えてくるように思えた。

  • 横山秀夫さんは 臨場 が有名ですが、この 第三の時効も何度読んでも面白いです。刑事と犯人の心理戦
    私は「囚人のジレンマ」 が特に好きです。
    捜査一課長の 田畑が 強行犯捜査係 一班 2班 3班 を捜査指揮車でまわり状況を聞く。県下から自分の気にいる刑事を呼び集め、
    捜査をしたい、しかし恐ろしくてできない。迷宮入りなら責任は自分に、その中に サツ廻りの記者も 特ダネを狙って夜回りに
    その駆け引き、やはり何度も読んでしまいます

  • 表題作を含む短編集。文庫版を読みましたが、面白くて大満足!横山氏は「64」のような
    長編作品は勿論のこと、短編もすごくいいですよね。私はむしろ短編の方が好きかも~。
    三つの班が捜査する事件そのもの、刑事達の個性、各班の確執、統括する上司の悩み、
    短い中にも見所がぎっしり。これ以上ない終わり方だけど、もっと読みたいと思わせます。
    続編は本になっていないようで残念です。F県警シリーズ、まだまだいけそうなのになぁ。
    アンソロジー収録の短編で我慢するか。

  • 流石横山秀夫さんです。一人ひとりのキャラがとっちらかることなく、存在感を出している。
    きちんと書き分けているのがすごいよなー。
    自分としては、囚人のジレンマが好きですね。
    突出した有能な部下を3人も持った捜査一課長の苦労がしのばれるが、こういう瞬間はいいですね。

全595件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

横山 秀夫(よこやま ひでお)
1957年東京都生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業。1979年に上毛新聞に記者として勤務。『ルパンの消息』でサントリーミステリー大賞佳作を受賞したのをきっかけに退社。以後フリーランスライターとして活動。
1998年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞し小説家デビュー。2000年『動機』で第53回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。2002年『半落ち』が「このミステリーがすごい!」1位となり、第128回直木賞候補作となるが、そこで起きた様々な論議から、直木賞決別宣言を出すに至る。『半落ち』は2004年に映画化されて高い評価を得ている。
その後、2004年『クライマーズ・ハイ』で第1回本屋大賞第2位、映画化されヒット。2013年刊行の『64(ロクヨン)』で第10回本屋大賞第2位、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」各1位を勝ち取り、大ヒットとなった。

第三の時効 (集英社文庫)のその他の作品

第三の時効 単行本 第三の時効 横山秀夫
第三の時効 (集英社文庫) Kindle版 第三の時効 (集英社文庫) 横山秀夫

横山秀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

第三の時効 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする