お縫い子テルミー (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.55
  • (81)
  • (140)
  • (260)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 927
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087460506

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みたいリストより

    テルミーは美しかった。初めて読んだ作家さん。他も読みたい。

  • 偶然だと思うのだけれど、2年に1度ほど具合が悪くなって寝込んだ時に読んでいるのは、なぜか栗田有起さんの作品、ということが多い。
    熱でフワフワしている時に、シンプルな文章なのにフワフワしている物語がとてもしっくりくるのかも。
    「お縫い子テルミー」「ABARE・DAICO」の2篇。表題作がよかったです。今の私の心持ちとシンクロしていました。

  • 一芸を持っているなら、それを大事に磨いていかなければ。お縫い子のテルミーを見てそう思った。
    面白くなってきた頃に突然終わってしまったのが残念。
    そういえば2篇入っていたのを忘れていました。
    もう一つのお話も主人公の少年がかわいくて好きです。

  • 15歳で歌舞伎町で働きながら、服を仕立てる「流しのお縫い子」をしているテルミー。
    飾りなく、リアルで、かわいいとゆう感覚からではないけど、すごく少女性の強い空気が充満していました。

    簡潔な文章なのに詳しく説明されるよりその部屋の空気も広さも
    臭いも伝わってきすぎて、時に息苦しく、時にとってもリラックスした
    静かな時間が流れてました。

    創作の突き動かされる衝動に身を委ねていくファミレスでの場面は、
    テルミーちゃんと一緒に高揚しました。
    今後のテルミーちゃんが優しくて温かいココロの居場所を見つけて
    大切な人と手を繋いでいて欲しいなと静かに祈った、
    なんとも不思議な夕暮れの景色のような読後感でした。

    表題テルミーともう1つ「ABARE DAICO」も収録されていて、
    小学生の小松誠二くんの夏休みのお話。

    テルミーは苦しかったけど、コマの夏休みは男子ーって感じで
    軽快なテンポで楽しかった!!!でも、やっぱり栗田さんの文章は温度が涼しい。

    不思議なネコのグーちゃんハーちゃん。ナゾの人酒井さん。
    なんでもできて大人びてるけど、ピンポンうんこしちゃう、
    やっぱり小学生男子なオッチン。小さな男子の冒険が楽しい1編でした。

    酒井さんのキャラ大好きです。
    いろんな人のくだらない枠なんてとっぱらって、これからも強くそして幸せになって欲しいです。

    • kuroayameさん
      不思議なネコのグーちゃんハーちゃん。
      うーんとっても魅力的ですね♪。
      是非読んでみたい本として登録させていただき、図書館で探したいと思い...
      不思議なネコのグーちゃんハーちゃん。
      うーんとっても魅力的ですね♪。
      是非読んでみたい本として登録させていただき、図書館で探したいと思います★。
      2012/09/12
  • 栗田さんの本はとにかく会話の投げ合い感が可笑しくて大好きなので、
    主人公の境遇が過酷すぎた分、ナイスガッツ的なノリでもっと笑いたかったな、
    笑かして欲しかったな、と、貪欲な私は思ってしまったのでした。
    優しく前向きな主人公が◎。

  • 稀有な本。
    人生に立ち止まった時読みたくなります。
    まっすぐ ひたすらまっすぐ。

    作者の主人公を見守る目も温かい。
    物語の温度もすてき。

  • 再読。
    「お情けは無用です」「ナイスガッツ」のくだりが好き。

  • この作家さん、変な話をかくので好きです。
    表紙はこれが好き

  • 美しい表紙。
    どちらの作品も惹きこまれるように読了。
    個性的で素敵な人物ばかり。会話かけあいが素敵すぎる。
    布探しをするテルミー、探してしまいそう。
    映画化したらいいのにな。

  • たくましい主人公テルミーに勇気をもらった。
    手に職つければ、いつでもどこでもなんとかやっていけるかも、と思ったりするけど
    テルミーの潔さにはかなわない。
    なんてったて「流しの仕立て屋」「一針入魂 お縫い子テルミー」なんだから!
    しかも家を持たないヤドカリ暮らし。
    出てくる人たちみんなが個性的で自由に生きている。
    うらやましいと思った。

全179件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

直木賞を受賞した恋愛文学の旗手から、早熟の天才少女作家まで。いま、もっとも切実な恋を描く6人の女性。

「2008年 『コイノカオリ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お縫い子テルミー (集英社文庫)のその他の作品

お縫い子テルミー 単行本 お縫い子テルミー 栗田有起

栗田有起の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

お縫い子テルミー (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする