おいしいコーヒーのいれ方 (9) 聞きたい言葉 (集英社文庫)

著者 :
制作 : 志田 光郷 
  • 集英社
3.61
  • (128)
  • (184)
  • (356)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 1929
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087461657

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回はかれんと勝利のみの関係について書かれていたから、なかなかだった。かれんがちゃんと、両親に秘密を話すこともできたし、そこそこ満足。さあこれから、中距離恋愛が待っている二人。でも、ちゃんと言葉を尽くして分かり合おうとしている姿勢は好感が持てる。

  • あんまり進展がなくて若干飽きてきた。

    んだけど、今回はちょっときゅんっってした。
    ショーリの時々見せる強引さに惹かれるひとは多いんじゃないかな。

    まぁ、あたしもその一人です!

  • 高校くらいから読んでる気がする。
    いい加減、進展しろ・・・。いらいら。
    長いよ、続き出るまで時間かかりすぎだよ。
    といいながら、出たらなんとなく買い続けているシリーズ。

  • 介護福祉士をめざすかれんは鴨川へ移住することをついに決意する。応援したいけれど、行って欲しくない勝利の心は複雑。離れていても互いの思いは変わらない、彼女だって同じはず。でも・・。<BR>
    <BR>勝利がやっぱりぐずぐずしていて、もう〜っ!と思うこと多数。ゆっくりゆっくりだけれど着実に進展しているさまはいまどきなかなか見れないのでほっとできます。が、ちょっと現実感ないなぁ。続きが気になるところです。

  • 家族ってなんだろうって考えさせられます。本音をどこまでぶつけることが人間関係で大切なのかも考えさせられます。勝利たちの場合は理想だなぁ〜。ほんとうらやましい関係だよ。
    夢をあきらめる…ってことに関するあとがきにジーンとしました。

  • ※言葉は、気持ちには追いつけない。
    だったら、かれんからの言葉だって、無理に欲しがる必要はないはずだ。
    間近で見つめ合うたび染まる彼女の耳たぶや、キスをする時に震えるまつげや、おずおずと触れてくる指先や、そういうものを目にするたび、充分すぎるほど伝わってくるじゃないか。※


    相変わらず読みやすく、一気に読めました。
    本編より、村山さんのあとがきの言葉の数々の方が印象深い。
    今回、そのあとがきを読んで、少し自分が救われた気がした。
    プラトニックでベタベタでもなく、さっぱりとした感じの純愛ストーリー。
    続きも期待。

  • 11月20日〜12月8日

  • おいしいコーヒーの入れ方シリーズ第9巻。
    このシリーズの最近の中ではダントツに良かったです。
    最近はちょっと読んでてキツい場面が多かってんけど、
    今回のはドロドロもしてなくて雰囲気がきれいで、
    読んでて楽しかったです。

  • 私の好きなシリーズです

  • 介護福祉士をめざすかれんは鴨川へ移住することをついに決意する。遠く離れてふたりの関係はどうなるのだろう。かれんを応援したいけれど、行って欲しくもない勝利の心は複雑だ。離れていても互いの思いは変わらない、彼女だって同じはず。それはふと触れ合う瞬間にだって、充分すぎるほど伝わってくる。でも確かめたい、彼女の言葉で、その胸の内を。シリーズ9弾。
    かれんは結構成長したな。この作品は展開が急ぎ過ぎなくて良い。ゆったりとした気持ちで読める。

全108件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

おいしいコーヒーのいれ方 (9) 聞きたい言葉 (集英社文庫)のその他の作品

村山由佳の作品

ツイートする