ショート・トリップ (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.26
  • (65)
  • (108)
  • (273)
  • (60)
  • (21)
本棚登録 : 1518
レビュー : 145
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087461664

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小学生の時に出会って以来、ふとした時に読み返す本。

  • 掌編が納められていて、それでいて文庫本。
    お気軽に楽しむことができます。
    2、3駅の移動だとか、寝る前に布団に入ってからとか、
    もちろんトイレで読むにもうってつけです。

  • ショートショートが苦手なのでしっくりこず、残念。

  • 「ならず者18号」に科せられた刑罰としての旅。道に迷った「奇跡の犬」の壮大な冒険。生涯、孤独の旅人として生きた伝説の「試食の人」
    ユーモアとサービス精神に溢れた旅をめぐる48のショートショート集。

  • 森絵都ワールドが大好きだが、この作品は未だよく分からない。
    ショートだから?
    引き込まれる度合いが少し低い。しかし、これは「今」だからかもと思わせてくれる。
    もう少し年を取り、精神的に成長を果たせば何か見えるのでは?と思わせてくれる一作。
    これからの変化に期待。

  • 読了をあきらめました。たまにくすっとするのですが、私は、とても最後まで読む気になれません。大好きな森絵都さんですが、申し訳ないです・・・。

  • 中学時代にお話会で紹介してもらってからずっとお気に入りの一冊。

    軽い内容だからさくさく読めるし、短編だからキリのつけどころもいい感じ。テンポがよくて好き。

  • ショートショートってけっこう苦手です。
    好きな方も大勢いらっしゃると思うので恐縮なんですが、星新一さんのお話も少々苦手……
    「あ、この設定好きかも」とか「おぉ!この文章スルスル読める!」って乗ってきた瞬間に終わってしまうのが、どうも集中しきれなくて。

    そんな中、森絵都さんのショートショートを読んでみました。
    中学生新聞?でしたっけ?に連載されていた「旅」をテーマにしたお話群。

    で、読んでみて、依然として苦手ではあるんですが、ほかにもちょっと読んでみようかなぁって気持ちになりました。
    非日常である「旅」と、非日常を書きやすいショートショートって相性がいいかもですね。
    さらに言えば、手軽には行けないし、一回出れば「長く」なる旅と、「短い」お話っていう対比は、何だか印象に残ります。
    うん、この本は「旅」をテーマにした時点で勝ってましたね。

  • 3ページ分しかない、短いお話がたくさん。
    どれも不思議なものばかり。

    スポ根、恋愛物だけでなく、こんな摩訶不思議なものまで描く森絵都さんの想像力に拍手。

  • 期待してたよりは、というかんじ
    森絵都さんは可愛い人なんだろうなあとよんでて和みました

全145件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

森 絵都(もり えと)
1968年、東京都生まれの小説家、翻訳家。早稲田大学第二文学部文学言語系専修卒業。
1990年、『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。2003年『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞を受賞し、同作は2008年に映画化もされた。2006年、短編集『風に舞いあがるビニールシート』で、第135回直木賞を受賞。
その後も活躍を続けており、2017年『みかづき』で第12回中央公論文芸賞を受賞、2017年本屋大賞2位。同作は2019年にNHKでドラマ化された。それ以外にも、多数の文学賞を受賞している。

森絵都の作品

ツイートする