水滸伝 12 炳乎の章 (集英社文庫 き 3-55)

著者 :
  • 集英社
4.18
  • (177)
  • (137)
  • (96)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 1174
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087462081

作品紹介・あらすじ

青蓮寺は執拗に闇塩の道の探索を続け、ついに盧俊義の捕縛に成功した。過酷な拷問を受ける盧俊義を救うため、燕青は飛竜軍とともに救出へ向かう。一方、北京大名府に残る闇塩の道の証拠を回収すべく、宋江自らが梁山泊全軍を率いて出動する。それに対して青蓮寺は、雄州の関勝将軍に出陣の命を出した。宣賛と策を練り、梁山泊の盲点を見極めた関勝が静かに進軍する。北方水滸、極限の第十二巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 晁蓋暗殺の喪失感が消えないうちに、青蓮寺により盧俊義が捕えられる。そして、燕青の決死の救出劇と明らかになる二人の関係性。
    どうしても、ダイナミックな合戦に目が行きがちだが、その裏で繰り広げられる青蓮寺との暗闘も緊張感とスピード感があってかなりアツい!
    朱冨の店での語り合いも絵になる場面。
    酒を酌み交わしながら感情や弱さを吐露する男たち。それを見守る店主。男心を掴まれる名シーン。

  • 晁蓋という梁山泊のひとつの支えを失ってしまってからのお話。
    私は、晁蓋が死んでしまって、かなりショックを受けてなかなかこの巻を読み始めることができていなかったのですが、この巻を読み始めると、皆が己の悲しみややるせなさ不安と闘いながら、それぞれの役割を果たそうと必死に過ごしていて、その姿に読んでいるこちらが元気づけられました。

    そして、頭領が宋江一人になってしまった梁山泊は、盧俊義の捕縛という大きな危機に見舞われるのですが、ここで活躍するのが燕青です。盧俊義の従者としてずっと傍にいた燕青。二人の関係性、過去が明らかになり、燕青の盧俊義への並々ならぬ想いが盧俊義を救出することになるのですが、この時の燕青はすごくかっこいいです。今まで燕青は、いまいち人物が掴めないような感じだったのですが、こういう形で燕青を知ることになるとは、と驚愕しました。と、同時に燕青がかっこよすぎて好きになりました。これで美青年っていう設定はずるい!です。女の子の読者は好きになっちゃうんじゃないかな、と思いました。
    燕青自身の話だけではなく、周囲の人々の燕青に対する気持ち、評価みたいなものがちょこちょこ出てくるのも、良かったです。盧俊義を通しての燕青ではなく、燕青自身が梁山泊メンバーと近づいている気がして、うんうんとなりました。

    最後の、韓滔の死に胸を痛めている呼延灼将軍の姿は辛かったです。普段強くて厳しい人も、大切な人の死にはもろくなってしまうんだな、と。

  • チェックするとなんと約2年振りの水滸伝だった。
    拷問のところはやはり盛り上がった。
    さて、あと7冊。読んでしまおう。

  • 水滸伝十二 炳乎の章
    190811読了
    今年75冊目今月5冊目

    #読了
    #北方謙三
    #水滸伝十二

    晁蓋の難に続いて、闇塩の道を一手にになっていた盧俊義にも青蓮寺の手が。

    盧俊義の秘密

    燕青の決死行

    2人が死地で引き継いだ52の地名と人命

    関勝が返す、饅頭1つの借りが、最高に男前でかっこいい。

    楊令も大きくなってきたし、
    楽しみだ。

    悲しみを超えて。

  • 司馬遼太郎賞
    著者:北方謙三(1947-、唐津市、小説家)

  • ★2009年6月27日 40冊目読了『水滸伝12 炳乎の章』北方謙三著 評価B
    梁山泊の資金源である闇塩の道を長年作り守ってきた盧俊義が、遂に青蓮寺の執拗な探索の結果、北京大名府で捕らえられ、拷問を受ける。それを知った梁山泊のメンバーは、全力で、救出に向かい、燕青が助け出し、梁山泊へ連れ帰る。晁蓋の死後、もう一人の領袖である宋江は、それまでの守り一辺倒の考えを変え、攻めも視野に入れながら、新しい展開を模索する。また、地方軍の気骨ある将軍であった雄州の関勝が遂に梁山泊への参加を決意する。

  • 北方水滸伝全19卷を読了。
    水滸伝そのものを読むのが始めてなので、古典原作と比較しての改編の凄さは分からないものの、梁山泊と宋との対決という大枠のストーリーの中に、多種多様なタイプの人間をそれぞれ人間くさーく展開させていく筋立てが凄すぎて、むさぼるように読みつくすのでした。
    夜中の2時にミルクあげた後に訪れる1人の平穏な時間を使って、ついつい読みふけってしまい、寝不足な日々を長々と続けてきましたが、これでようやく日常生活に戻れる!と思ったのに、あんな終わり方するんなんて、、、まんまと楊令伝を読みたがってる自分がいる。手を出すか出すまいか、迷うところだが、きっと近いうちに大人買いするんだろうな。

  • 再読。

    晁蓋に続き盧俊義災難の巻。
    拷問シーンは初読した後も長い間頭から離れなかった。
    痛い、痛い。
    北京大名府攻略戦の後の朱富の店での一幕にほっこり。


    ささ、次巻へ。

  • ●1回目 2007.9.14

    玉麒麟盧俊義の危機。
    浪子燕青、渾身の活躍。


    ●2回目 2015.1.11

    原作では、盧俊義は宋江に継ぐ席次第2位。
    その盧俊義の危機に、席次36位の浪子燕青が向かう巻。

    深夜の酒場での、呼延灼、朱富、彭玘による戦死者の回顧談。
    それに豹子頭林冲と九紋竜史進が加わった、仲間たちの会話が楽しい。

  • 燕青△。
    それにしても、暗殺者が名前を知られてるとか駄目だと思うぞ樊瑞さん。青蓮寺が超万能な設定があかんのかもやけど。(多分それ)

全81件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北方謙三

一九四七年、佐賀県唐津市に生まれる。七三年、中央大学法学部を卒業。八一年、ハードボイルド小説『弔鐘はるかなり』で注目を集め、八三年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞、八五年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。八九年『武王の門』で歴史小説にも進出、九一年に『破軍の星』で柴田錬三郎賞、二〇〇四年に『楊家将』で吉川英治文学賞など数々の受賞を誇る。一三年に紫綬褒章受章、一六年に「大水滸伝」シリーズ(全51巻)で菊池寛賞を受賞した。

「2019年 『魂の沃野(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北方謙三の作品

水滸伝 12 炳乎の章 (集英社文庫 き 3-55)を本棚に登録しているひと

ツイートする