I'm sorry, mama. (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.23
  • (49)
  • (124)
  • (301)
  • (58)
  • (18)
本棚登録 : 1375
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087462302

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テンポが良くてページを捲る手が止まらず。
    途中から極悪非道女のアイ子を応援している私がいました。
    読了後、アイムソーリーママというタイトルを見て何とも言えない気持ちに。
    やっぱ桐野夏生って最高だわ…

  • 名前が、愛子でも藍子でもなくアイ子というところが良い。
    最後は映画「顔」の最後のシーンと似てる。

  • 人間の醜さや恐ろしさ、虚しさといった心の闇を全ての登場人物が持っている。正直みんな性格悪くて不気味でひくけど、そこがゾクゾクさせる。

  • アイ子の悪事。
    とにかく醜い。だけど爽快。死ねと思ったら焼き殺す。最後に本当の母親を殺す。死ね。

  • アイ子、超コeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!

  • 桐野夏生独特の毒にまみれた作品です。
    読み始めると目をそらしたくなるようなぞっとする描写だらけなのにページをめくる手がとまりません。
    アイコがいきなり灯油をぶっかけて火をつけるシーンはびびりました。(しかも無言)
    作中に出てくる女社長はモデルはあの人かなあ?とだれもが思ったと思います。
    アイコがどうしてこのようになってしまったのか
    もっと細かい描写で読みたかったです。短いのが非常に残念でした。

  • 文句なしにおもしろい

  • 村上龍も言っていたが深夜に文章書くと恥ずかしい文になるな・・・。改文改文。

    肉と脂と女と男と汗って副題が作品の印象にあってて秀逸だと思った。全編から臭気の立ち込める話。
    モラルや正義とは完全に、1ミリたりとも交わらずに生きた女を見事に書き上げてくれた。にも拘らずアイ子に対する感情は怒りよりも寧ろ同情、寛容に近い。これは精神的盲目からの脱却という意味で面白い。

    それにしても何がここまでのリアリティを生み出すのか。凄惨、鮮烈な内容に対する興奮か。登場人物に寄り添って固定された視点のせいか。リアリティの差がこんなにはっきり生まれる理由が分からん。何にしろ本作はリアルさで言えば今までで五指に入るレベル。非常に面白いが、暗い話が苦手な人にはお勧めできない。

  • 「沙耶の唄」を思い出した。島田雅彦の解説がちょっと面白く、的を射てる。全体から饐えた臭いが立ち上る作品だった。展開がちょっとマンガみたいだなーと思ったけど。リアリティの面でね。リアリティなんて「リアリティ(笑)」って感じですけど。

  • 娼婦の館で勝手に産み落とされ、母が誰かも分からず、誰にも愛されることもなく、生まれたこと自体否定され ぎりぎりの状態で生き延びてきた女 アイ子。
    彼女のなかで 人としてしてはいけないこととゆうものは一切なく 盗み・殺人を繰り返しては ヤバくなったら逃げるとゆう繰り返しの半生。出てくる女 全部 嫌悪感を抱く奴らばっかり。生々しくて グロくて 汚い。でも読んでしまう。アイ子の悪事が知りたい。アイ子の心の悪魔が見たい。常識・理性の一切通じないアイ子。守るべきものがない人間の悪意はとてつもなく恐ろしい。同情はしないけど アイ子とゆう人間は私は嫌いではないです。自分の本能のままに生きるアイ子をかっこよくも感じます。
    桐野先生の書く女の、妬み・僻み・悪意は心の中を見透かされた気がするんですよね・・・・・

著者プロフィール

1951年金沢市生まれ。成蹊大学卒業。1993年『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞、1998年『OUT』で日本推理作家協会賞、1999年『柔らかな頬』で直木賞、2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞、2004年『残虐記』で柴田錬三郎賞、2005年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞、2008年『東京島』で谷崎潤一郎賞、2009年『女神記』で紫式部文学賞、2010年『ナニカアル』で島清恋愛文学賞、2011年同作で読売文学賞を受賞。2015年、紫綬褒章を受章した。近著に』『奴隷小説』『抱く女』『バラカ』など。

「2016年 『猿の見る夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桐野夏生の作品

ツイートする