gift (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.33
  • (26)
  • (50)
  • (97)
  • (23)
  • (6)
本棚登録 : 505
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087462333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どの話も奇想に富んで面白かったが「光の速度で祈ってる」に感動。
    イノセンスな愛が凝縮されている。
    愛し合った男女がいて、愛し合って生まれたものがヒトのかたちをしていなくても、それは愛のかたまりなのだ。

  • リアルな日常感情の描写の最中、ファンタジーが少し、すっと差し込んできて何とも言えない調和を醸し出してるそんな掌編二十篇でした。解説の言葉を借りると、「要するに不思議の性格に満ちた作品である」ラブ1からラブ3・空が、夏に、泳いで・さよなら神様・僕は音楽を聞きながら死ぬの4本が好き。

  • 目次の文字、トビラページの文字の並び、文体、
    どれも美しく、古川日出男の美学を感じる事ができる一冊です。
    私は特に「オトヤ君」が好き。
    誰かに「gift」したくなる一冊。

  • さらっと読める短編集。日常生活にささやかに訪れる、様々なかたちの“贈り物”のお話。
    『アラビアの夜の種族』や、『ベルカ、吠えないのか?』のような、暴力的なまでの勢いや熱量はないけれど、同じような不思議さは感じる。テンポ良く読めるのでひとつのお話につきもっと読みたいと思ってしまう。

    「夏が、空に、泳いで」が夏の青春!恋!甘酸っぱい!できゅんとした。
    「アルパカ計画」は…海を彷徨うコンテナ(アルパカ入り)の行方が気になる。

  • 古川日出男、独自のセンスがキラリと光る短編、20編。
    長編程のインパクトも無ければ、ノれたかと思ったら物語が終了してしまう程のページ数で終わってしまうのだが、不思議と心に残る。
    『不思議と心に残る』理由は『言葉のセンス』なんだと思う。
    大体の文章が口語体で書かれているのだが、その言葉のチョイスが良い。
    あり得る言葉で書かれる文章にはリアリティを感じる。
    そして『鳥男の恐怖』等で見られるアイディアが素晴らしいと思った。松浦寿輝の解説が、もう解説じゃなくて、ある種の短編小説の様になってて、ファンとしては堪らなかった(笑

  • 短編一つ一つがその背後に巨大な世界とつながっているような小説。
    音楽、ロック、光などの単語たちがそれだけで一つの独立したキーワードとなって、多層化した世界をつなぎ止める軸の動きになっている。
    それが稼働し、加速していき、ギフトとして他者に伝わって、また新たな物語が出来ると言うようなものだった。

  • キタナイ。
    アザトイ。
    でも、想像の上をいくそれらは…。
    結局はウマイってこと、なんでしょうか。
    たまらず、思わず、一気読み。

    期待通りの喜びと、予想を裏切る驚き。
    このどちらをも兼ね備えてこそ、ギフトです。
    20編の掌編集、全てがギフトです。

  • 透明感と失踪感のある文章がすごい良い。好み。

  • 不思議な話のショートショート。
    読みやすさ抜群で、生活の合間で読んだにもかかわらず、1日で読了。
    「オトヤ君」などは常識に縛られる世界を風刺していて、よかった。

  • 2007-11-00

全71件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。98年『13』で作家デビュー。『アラビアの夜の種族』で推協賞、日本SF大賞、『LOVE』で三島賞、『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞、読売文学賞。最新作は『ミライミライ』。

「2018年 『作家と楽しむ古典 平家物語/能・狂言/説経節/義経千本桜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古川日出男の作品

gift (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×