谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)

著者 :
制作 : くまおり 純 
  • 集英社
3.84
  • (63)
  • (115)
  • (85)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1115
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087462494

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 純さんの表紙が可愛すぎたのでジャケ買い。たまにはこういうレトロな文体も良い。あと、なんともいえない怪しい雰囲気が独特で素敵。

  • 今まで読んでいなかったことが不思議なくらいに、
    どの話も、心地よく世界に浸ることができました。
    犯罪小説というカテゴリーの枠を軽々飛び越える、
    変幻自在なスタイルに弄ばれる快感がありました。

  • やはり谷崎潤一郎さんの描く女性は妖艶だなと(白昼鬼語より)

  • 100年近く前の作品とは思えないくらいにおもしろい。色褪せないなぁ。

  • 私の生まれる100年前に谷崎潤一郎は生まれている。
    そんな時代に書かれたものだとはちょっと思えない。単なる推理小説とは言い難い、犯罪小説集。そこでは、マゾヒズムと精神病と犯罪心理が絡み合う。

    潤一郎ってこんな人だったのかー!と。
    ある意味すごい変態です。笑

    寝苦しい夏の夜に読むにはちょうどいいかもしれません。
    文体も難しくなく、昔の言葉遣いが面白すぎです。
    (タクシー⇒乗合自動車/ポケット⇒ポッケット等々)

  • どんどん引き込まれていきました。どの短編もレベルが高く、なんともあやしげな雰囲気を漂わせています。

  • 4編の犯罪小説(あえてミステリとは書かない)からなる短編集。どれも屈折した精神に貫かれた犯罪小説であり、面白い。特に「私」は、ミステリに慣れた者なら見破るのがやさしいトリックではあるが、書かれた時期からして、驚嘆せざるを得ない傑作である。

  • 良かった。すごく、すごく良かった。谷崎は、学生のころに少将滋幹の母と春琴抄、刺青を読んだくらいだけれど、ほかも読まなければ。
    1話目はさすが谷崎、変態だと思ったくらいだったが読むにつれて引き込まれた。これはたしかに推理小説ではない。犯罪小説だ。うん、ほんとに良かった。

  • 途上は文句なく星5でしたが…他は…また題名から推理小説集だと思って買うと痛い目にあいます

  • 谷崎作品の耽美な恋愛観から入るより、夏休みの読書感想文で何となく手に取り、はまってくれたらなぁって、この夏のイチオシ。サディズムとか、フェチシズムとか。

全108件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

ツイートする