谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)

著者 :
制作 : くまおり 純 
  • 集英社
3.84
  • (66)
  • (114)
  • (86)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1151
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087462494

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犯罪小説が4作品。
    「柳湯の事件」
    「途上」
    「私」
    「白昼鬼語」収録。

    「柳湯の事件」は、上野の弁護士事務所に「人を殺してしまったかもしれない。」と、画家の青年がやってくる。
    いろいろと白状するのだけど、その青年の性癖に笑いが止まらなくなってしまった(笑)

    なんせ、友達から"ヌラヌラ派"という名称をつけられるぐらいヌラヌラしているものに執着している。
    私的に、"ヌラヌラ派"がツボってしまったようです(笑)
    読者で同じ感覚に襲われた人いるかなぁ。

    「白昼鬼語」は最高!
    "ヌラヌラ派"も打ち消してしまうくらい。
    真夜中、男二人が節穴から"殺人ショー"を覗き見るのだけど、女の妖艶さの描写が、さすがはタニジュン。

    結末は、物語のなかの男たちは担ぎに担がれるのだが、私もまんまと担がれました。

  • 期待以上の面白さ!谷崎文学らしい艶かしさもあるし、ミステリー要素もばっちり体験できる。うーん、好きだ。

    全作品魅力的だけど、しいて一番を選ぶなら『私』かな。
    一言で言ってしまえは、読者=私=…なところにトリック要素があるんだけどそのプロットがさらに狂気を醸し出してる。昭和の文学だけど、文章も読みやすいし。次は長編に再チャレンジしようかな。。

  • 谷崎潤一郎、おもしろい!
    一気に引き込まれてしまいました。
    短編4作品。秀作揃いに唸らされます。
    大正時代の風情が趣深い。
    オススメの一冊です。

  • 「読む」という行為に仕掛けられたトリック(!)
    欺かれたのは、他ならぬ『僕』である。そうまざまざと実感させられた作品集です。

    犯罪というストーリーの構成もさることながら、視覚や触覚、嗅覚にも訴えかける著者の筆力も特筆すべき点です。
    あの江戸川乱歩をして、「谷崎氏が探偵小説家にならなくて良かった」と言わしめた質の高さは、誰もが納得することでしょう。

  • 谷崎潤一郎の作品はほとんど初めてだったが予想以上に良かった。個人的には柳湯が不気味で好きだった。解説にもあるように乱歩が大きく影響を受けたのがわかる。

  • ぬらぬら(笑)
    この小説集とてもすきです。
    潤一郎氏の新たな魅力を発見。

  • 犯罪小説だけどトリックより性的趣向の倒錯の描写が面白い。
    全体的にホモくさくてよかった

  • 表紙の絵に惹かれて購入

    どれも聞いたこともない作品だったが
    粒ぞろいで大変に楽しめた

    ねとねとじめじめしたいいタニジュン

  • 表紙が好きで久々に谷崎の本を買いました。語り手が信頼できなかったりどんでん返されたりしておもしろかった!「途上」のひやひやわくわくするやりとりも好きだし、なんといっても「白昼鬼語」は、はらはらする展開で一気に読みました。
    残忍でありながらラスト、纓子がかわいらしい少女みたいに描写されてたのが印象的でした。あんなことした人なのにかわいく思える……
    それにしても大変な男の親友をしているなこの人。

  • 谷崎潤一郎が江戸川乱歩、夢野久作に影響を与えたときき読んだ。犯罪小説集とあるが、あんまり血みどろ的な犯罪はテーマになっていなく、白昼鬼語はどっちかというと少し喜劇的な印象を受けた。気に行った話は途上と白昼鬼語。途上は理詰めで推理し、犯人を追い詰めていくところで、江戸川乱歩んの心理試験を思い出した。というか乱歩が影響を受けたのかなと思った。
    白昼鬼語のラストまでの探偵チックな感じと耽美の組み合わせは最高だった。

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷崎潤一郎犯罪小説集 (集英社文庫)のその他の作品

谷崎潤一郎の作品

ツイートする