弁護側の証人 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.38
  • (122)
  • (290)
  • (344)
  • (117)
  • (35)
本棚登録 : 2623
感想 : 376
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464290

作品紹介・あらすじ

ヌードダンサーのミミイ・ローイこと漣子は八島財閥の御曹司・杉彦と恋に落ち、玉の輿に乗った。しかし幸福な新婚生活は長くは続かなかった。義父である当主・龍之助が何者かに殺害されたのだ。真犯人は誰なのか?弁護側が召喚した証人をめぐって、生死を賭けた法廷での闘いが始まる。「弁護側の証人」とは果たして何者なのか?日本ミステリー史に燦然と輝く、伝説の名作がいま甦る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 見事に著者の思惑に引っかかりました。
    騙されたのに悔しさが全くない。
    むしろ、こんなすごいものが昭和30年代に書かれていたとは!という驚きの方が勝りました。

    私たちは書かれたものから、背景を読み取り理解していくと思うんですね。その時に自らの経験、情報を基に推測しながら読み解いていくと思うのです。
    この本はまさにそれを利用したトリックとも言えるのではないでしょうか。
    読者に与える情報を著者が上手くコントロールして、読者が見える景色をごまかします。
    そのテクニックがとにかくすごい。
    正解はAなのにBと思わせ、ストーリーが進むとCなのではないか?とまで思わせ混乱させる。
    単純な事件なのに、よくこんなにも遠回りさせるよなぁ。
    何もかもしてやられた感があるのです。

    ラスト、途中まで推測していた自分の推理がガラガラと音を立てて崩れていきます。(この絶望たるや……)
    が、崩壊と同時に素早く新たな推測を組み立てている自分がいました。

    ”とくに、この事件のような、一見単純と見える性質のやつは、見る者にしばしば大きな誤謬を植えつけるものでしてな”(抜粋)

    まさにその通り。事件自体はホントに単純なのです。
    語り方一つでこんなにも見え方が違ってくるとは!
    読者の視点の置き方がポイントになってきます。(それがラストまで分からないからすごいのです、このミステリは)

    ここまで素晴らしいと、騙されたほうも悔しさとか怒りとか全く出てこない!笑
    むしろ芸術性の高さに痺れます。

    こちらの書籍は一度絶版になったミステリとのことです。復刻するだけの価値は十分にある!
    巡りあえてよかった。
    稀書復刻とはこの本のことですね。

  • 東野圭吾や伊坂幸太郎そして、湊かなえがいない時代に本作が出版されている事が凄いと思う。

    ヌードダンサーのミミイ・ローイは八島財閥の杉彦と運命的な出会いを果たし恋に落ちる。

    22歳のミミイ・ローイは前職から杉彦達の家族から受け入れられない中、健気に若夫人をこなそうとする・・・

    そんな中、矢島財閥の当主の八島龍之助が何者かに殺される?


    犯人が死刑判決を受けたところから物語は始まる・・・




    何故この題名と思う人は是非お読みください!
    昭和の時代のミステリーとしては価値がある!
    尊属殺人という言葉が懐かしい!
    道尾秀介さんの解説も良です!

  • 「王様のブランチ」で新川帆立さんが紹介していて、ミステリー作家がおすすめするミステリーってどんな?という興味で読みましたが...
    読み終わった瞬間「もう一回読もう」と思うくらい見事にハメられました。
    一気に読める長さだし、私のようにあまりミステリーを読まない人にも楽しめる小説だとおもいました。

  • 「東西ミステリーベスト100(1986年版)」の日本篇において、第40位に選ばれていた作品。
    同書による本作品の〔うんちく〕を抜粋すると、
    昭和三十三年、映画「情婦」を観た二十四歳の著者は憤慨した。「なんて低俗な題だろう!」と。原作はクリスティーの「検察側の証人」。しかし配給会社は「この題では犯人が割れてしまう」と考えて「情婦」と名づけたという。「よし、私はこの題でも犯人の割れないミステリーを書いてみせる」と決心して、「弁護側の証人」が生まれた。
    とあり、そのことも念頭に置いて読み進めました。
    その結果、「検察側の証人」とは異なるトリック(登場人物が仕掛けたわけではない)に見事騙され、第40位に選ばれたのも当然だなと感心しました。
    また、「この題でも犯人の割れないミステリーを書く」という決心を、高いレベルで達成した小泉喜美子さんに敬意を表したいと思います。
    不慮の事故により、51歳という若さで鬼籍に入られたのが残念でなりません。

  • 道尾秀介さんの解説にプラス★です。
    怪しいと決めつけて読み始めたから、その分辛い評価になってしまいました。
    何も予備知識無く読んでみたかったですが、帯が無かったら手に取らなかったのも事実。
    最近、こっち系が多かったので、別ジャンルを読んでリセットしなければね。

  • ストリップダンサー、ミミイ・ローイこと漣子は、八島財閥の御曹司・杉彦と結婚し、玉の輿に乗った。

    杉彦の親、姉からは認められる結婚ではなく…

    杉彦の父・龍之助が何者かに殺害され、漣子が容疑者として、逮捕され、一審では死刑に…

    真犯人は⁇

    一審で死刑にも⁇ だが…
    捜査があまりにも杜撰で…
    これなら冤罪事件が多くて当たり前かと。
    ちゃんと裏付けとる捜査をしていれば、すぐに解決してる事件だったのに…

    弁護側の証人が、…だとは。
    よく証言台に立てたと。上層部からの圧力はかからなかったのだろうか…今なら無理だろう。
    よく立ったと思う、自らの将来を捨ててまで…
    人ひとりの生命がかかっていたわけだが…
    弁護士・清家と証人・緒方との間にどんなやり取りがあったのか⁇
    緒方の心境の動きを見たかった。

    結局、龍之助は漣子を認めていたなんて。
    やるせない…
    杉彦がもっと龍之助とちゃんと話をしていれば…
    何も問題はなかったのに。
    杉彦がもっと大人だったら…

    もっと計画的な殺人なのかと思ったが…

    入手困難になった、という帯に惹かれたが…
    現代に読むには、単純すぎて。

  • 小泉喜美子さんは、生きていれば
    2月に90歳になるミステリー作家。
    この小説は29歳のときに出版されたデビュー作。

    小泉さんご本人は51歳のときに
    酔って酒場の階段から足を踏み外して転落し、
    脳挫傷を負って意識が戻らぬまま
    外傷性硬膜下血腫で他界しました。
    私も断酒していなければ、そうなるかも…。

    そしてこの小説を読んでいると、
    小泉さんのお酒好きさが伝わってきます。

    もし彼女がお酒飲まないでご存命だったら。

    アラ90にして、
    60年前の作品を
    「王様のブランチ」で
    新川帆立さんに紹介され、
    すごい話題になってるって
    知ることができたのに。

    ところで私個人はこの本の5分の4あたりまで
    すっっかり騙されました。

    思い込み。
    気を付けないとね。

  • 犯人探しというより、どの目線、どの状況、どの時間軸などの謎解き、小説ならではと言っていい推理ものではないかと思います。
    まず犯人は誰なのかが不明(疑ってしまう)に思え、最初から読者を迷路に誘い、そこここに仕掛けがある感じでした。
    推理小説好きとしては面白かったです。
    一読の価値ありかな。

  • 伝説の名作と聞いて買った一冊。

    死刑判決から無罪を勝ち取る話だった。

    自分が生まれるまだずっと前に書かれた話と知ってびっくりした。

    なんかここで漢字を使えばいいのにと思った所がたくさんあって、ちょっと読みづらかった。

    読んでる途中でどちらが捕まった人と混乱した。

    昔の小説でも充分に今でも楽しめる小説でした。

  • 気持ちいいくらいに、どんでん返しされちゃいました。

    結局はキツネとタヌキの騙し合い?なのかもしれないけど、思い起こせば、ちらりちらりと伏線がはられていたのだなぁと。
    そもそも「弁護側の証人」という作品名で視線をそらされていた。

    はじめて読んだ小泉喜美子さんだけど、ほんと面白かった。他の作品も読んでみよう。

全376件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934 - 1985。推理作家、翻訳家。1963年に『弁護側の証人』でデビュー後、多くの作品や翻訳を手がけたほか、ミステリーに関するエッセイなども。歌舞伎好きとしても知られ、論考を残している。

「2023年 『不思議の国の猫たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小泉喜美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
宮部みゆき
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×