今ここにいるぼくらは (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.36
  • (3)
  • (13)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 146
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464351

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説すばる2004年4,6,8,10,12月号,2005年2,4月号掲載の7話を2005年7月に刊行。2009年5月文庫化。引越してきた博士(ひろし)の小学生時代を親、兄弟、子供達、大人達との関係とともに、いじめや将来の夢、恋、死などの日常の出来事が興味深く語られます。いずれも、叙情豊かで、心に残ります。

  • ま、たまにはこういう本も読みたくなるわけで。

    自分が小学生の頃とは別の、こんな時代もあったのだなぁ、と、しみじみ。

    こういうこと、したかったな…

  • どっか既視感がある。昭和40~50年代のこどもの原風景だろうか。
    小さな冒険・体験を繰り返し大きくなっていく少年の姿が、うちの子にかさなります

    2011/12/31

  • 川端さんの本、今週二冊目。子供の成長関連で、すがすがしい。
    転校などにより、自分の居場所がわからなくなってしまった少年の成長をテンポよい、タッチで。かなり後半のセイジさんからの言葉、「自由になることだ。自分の頭で考え、信じる通りに行動することだ。そうすれば、きみがいる場所が、そのままきみの居場所になるのだよ。」を受けて、最後のほうで以下の記述となったのがほっとした。
    「充分だと思った。目頭が熱くなるぐらい、これでいいのだと思った。」中略「そして、ぼくはここにいるのだ、と思った。」
    すがすがしい。
    また、川端さんの本読もう。

  • 「ここは自分の居る場所じゃない」子どもの頃、確かにそんな違和感をもって日々過ごした気がする。自分も転校生だったから、主人公の気持ちもちょっとわかる。日常の中の小さな冒険が詰まってる小学校時代の物語、さわやかで良かった。

  •  昭和ノスタルジーという言葉があります。昭和と言っても60年以上ありますが、この十年ぐらいは昭和30~40年代頃を懐かしむ傾向を指す場合が多いようです。
     作者の川端裕人氏は昭和39年生まれ、本書の舞台である昭和40年代後半は、主人公博士と同じ小学生でした。
     その本書の特徴の一つは、連作短篇であるのに、時系列に沿って作品が並んでいないことです。第一話が小学一年生の夏で最も早く、第七話が小学校卒業で最も遅いと、最初と最後は時間と配列が合っているのですが、第二話から第六話は、五年生の秋→四年生の夏→六年生の夏、三年生の春→六年生の秋と並んでいます。池上冬樹氏は解説で、「博士が経験する事実を直接的に伝えたかったのだろう」とも、「自分の居場所探しというテーマ」のために、「まさに初めて立ち会ったかのように」「不安と充実感を思い出し、無垢なまま味わ」せることに主眼をおいたから、とも述べています。
     確かに、精緻な塑像を思わせるようなやや硬質感のある筆致で描き出される博士の想い出は、強く読者の中に、共振を引き起こさせるものがあります。それは、小学校三年生で関西から関東へ引っ越した博士と、兵庫県生まれの千葉県育ちである川端氏の境遇を考えても、恐らく作者の想いが大きく投影されているからです。
     というのも、第七話で博士が三年生の時は1973年と明らかなのですが、第一話の中で、小学一年生の博士が、ガキ大将を心の中で「ムルチ」と呼んでいる理由が、ウルトラマンの「怪獣使いと少年」(『帰ってきたウルトラマン』第33話)に登場した、巨大魚怪獣ムルチを念力で封じ込めていた老人(宇宙調査員メイツ星人が変身した姿。金山と名乗っている)にギョロリとした目が似ているから、と説明されるのです。博士は老人が少年を守ろうとして警官に射殺されるシーンが衝撃的で、見終わった後も口が利けなかった、とも書かれています。
     ところで、「怪獣使いと少年」は1971年11月19日放送です。博士が一年生の夏にはまだ放送されていません。やや回りくどく一見脱線とも取れる記述は、明らかに1972年の夏休み当時二年生であった川端氏自身の想いです。
     歴史小説ではないのですから、こんな些細な間違いは、本書の価値にとってはほとんど影響がありません。むしろ「怪獣使いと少年」の衝撃の強さをこそ物語っていると考えるべきでしょう。
     実際、名脚本家・上原正三の手になる「怪獣使いと少年」は、差別と人間の残虐性を扱った、シリーズきっての名作として知られ、後年「ウルトラマンメビウス」(2006-2007年)において続編「怪獣使いの遺産」(第32話)も作られたほどです。しかも脚本は、川端氏と同じく関西生まれ関東育ちで同年代の、昭和30~40年代を舞台としたノスタルジーホラーを多く手がけている作家・朱川湊人氏でした。
     「怪獣使いと少年」は当時の子供たちにとって共通の衝撃、ある種の原体験となったのでしょう。

  • 川端裕人も最近よく読んでいる作家です。
    いろんなジャンルの作品書いておりますが、やはりこの人は子供を主役にした作品が一番しっくりくるような気がします。

    この作品は小学生の成長を描いた作品です。
    主人公は同じ子供で、小学生のある時点の話を描いた短編が7本入っております。
    それぞれ心が温められるような話で、読後感もいいかんじです。
    すっきり爽やか、ではないのですが…。

    小林さんと山田さんが良かったですな。。。

    『川の名前』もよかったですが、こちらも安心して読めました。

  • 最近思い話ばかり読んでたので

    読みやすそうな小説を読んでみました

    読みやすかったし

    楽しかったし

    なんだか、ほんわかして

    一気に読めました。

    起伏は無いけど

    楽しい話が7本

    おもしろかったすよ

    【居場所】

    ってのがテーマなんだけど

    16歳の教科書2

    で出てきた

    【自分の居場所は探すものじゃなくて与えることによって自然と生まれるのだ】

    みたいなことば

    この言葉好きですよ

    ほんとその通りだと思います。

    この本の主人公も

    自然と人に与える立場になっていて

    人に与え続けることによって

    意識はしていないだろうけど

    自然と自分にとって居心地のいい場所を作りだしたんじゃないかな。

    僕も

    無理することなく

    頑張りすぎることなく

    人に与えること

    人に与えることって人間にとって

    当たり前の行為なんだよね

    それを受け取る側が

    やって 当たり前って思うか

    やってくれて ありがとうって思うかで

    変わってくると思う。

    僕が今いる場所は

    やってくれて ありがとうの場所だから

    良い場所だね

    ぼくも

    やってくれて ありがとうの気持ちを

    常に持ち続けて

    そして、

    人に与え続けていきたいなって

    この本を読んで

    この本を読んでじゃないな

    なんか

    最近思いました。

  • 大学図書館Jun2010

  • いわゆる爽やかな読後感というのでしょうか、あの頃確かにそんなだったよな、と誰もが追憶に耽るようなストーリーかもしれません。ただ、あたしの場合、小学生時代はあまりにも暗く、いやな想い出ばかりなので、小説とはいえ、こんな素敵な想い出を持っている主人公が羨ましいです。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

川端 裕人(かわばた ひろと)
1964年、兵庫県明石市生まれの小説家、ノンフィクション作家。東京大学教養学部卒業後日本テレビに入社し、記者として科学技術庁、気象庁を担当。
1995年『クジラを捕って、考えた』を執筆し、ノンフィクション作家としてデビュー。1997年日本テレビを退社後、1998年『夏のロケット』で第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞し、小説家デビュー。
その後も小説とノンフィクション二つのジャンルで活躍を続け、2000年『動物園にできること』で第31回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2004年『せちやん 星を聴く人』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2018年『我々はなぜ我々だけなのか』で科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞をそれぞれ受賞した。

川端裕人の作品

今ここにいるぼくらは (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする