船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.51
  • (12)
  • (31)
  • (32)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 310
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464412

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初めての作家さんはいい!描く世界が新鮮。

    物語の中の物語、その中にキタ・モリオが小説家として出てくるなんて思わなかったなぁ。きっとお茶目な人なんだろう。

    どくとるマンボウ航海記の方も読みたい

    2021.2.20

  • 現実逃避がしたくなるのは、大人も同じ。
    突拍子もないことが起こる物語は、大人が読んでも子どもに負けないくらいわくわくする。
    大海原での貴重な体験は、タローにとって、机の上での勉強よりずっと大事なことだった。
    童心に返って、大らかな気持ちで読み終えることができた。

  • ●「元気が出る本」に「1票」!

    こどもの頃、北朴夫の本の中で最初に読んだのがこの小説です。だいぶ前に読んだので、内容はあまり覚えていないのですが、読後楽しかったことを覚えています。(2020年8月/ ぽぽさん)

  • 本を読むことが面白くなってきたローティーンに、作者が 「この仕掛けがわかるかな?」とけしかけるようなお話。 

  • 1990年 読了

  • どういう結末になるんだろう?と思ってワクワクしながら読み進めていたのですが…あれっ??っとなりました。
    でも登場人物のキャラはそれぞれ愛すべきものがあります。私のイメージはひょっこりひょうたん島。

    北杜夫さんは斎藤茂吉さんの息子だということにびっくりしました。

  • 題名からして、小さい子が読む冒険のお話?っという感じで、
    あまり期待していなかったのですが集英社の冊子で勧めていたので
    読んでみました。
    でも読み進めると、物語に引き込まれてとてもおもしろい!
    大人が読んでも漫画感覚で楽しめる♪

  • とある少年が本の世界に入ってしまう冒険ファンタジー。

    設定はありがちだけど、たぶん作者と思われるキタ・モリオ氏を追いかけたり、海を冒険したりワクワクした。

    読んでいて懐かしい感じがした。
    小学生の教科書にでも載っていそうな、そんな感じ。
    ところどころ教訓っぽいところがあるから、なおさら教科書に載っていそう。というか載ってるのかな?
    テンポがよく、久しぶりに幼少時代の感覚で読めて楽しかった。

    ワクワクしてきたところで、ええっ終わっちゃったの?続きは…?ってなってしまった。残念。

  • くぷくぷはどうなるの。

  • よくわからなかった(´・_・`)

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1927年東京都生まれ。54年、『幽霊』を自費出版。60年、『どくとるマンボウ航海記』が大ベストセラーとなりシリーズ化し、作家に転身。同年、『夜と霧の隅で』で芥川賞、64年、『楡家の人びと』で毎日出版文化賞を受賞。著書に『さびしい王様』『輝ける碧き空の下で』などがある。

「2018年 『どくとるマンボウ航海記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北杜夫の作品

船乗りクプクプの冒険 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×