終末のフール (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.61
  • (1503)
  • (3080)
  • (3295)
  • (620)
  • (121)
本棚登録 : 25340
レビュー : 2069
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464436

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Today is the first day of the rest of your life.
    今日という日は残された日々の最初の一日。

    そんなCharles Dederichの言葉で始まる、小惑星衝突により8年後に地球が滅亡するとされてから、5年が経過した後の小康状態にある「ヒルズタウン」の住民たちを描いた物語。

    まず、無茶ではあるけれど、その設定が凄いなと思う。
    地球滅亡を知った騒動や動乱でも無く、滅亡の瞬間の切羽詰まった状況でも無く、その中間にスポットライトを当てるとは。
    それぞれの短編は特別大きな事件がある訳では無いけれど、3年後に迫った死を意識しながら過ごす日常は、独特の空気感や特別なメッセージを感じた。

    「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」
    「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

    自分のできることを、精一杯やるしかない。
    みっともなくてもいいから頑張ろう。

    太陽のシール、鋼鉄のウール、深海のポールが好き。

  • Today is the first day of the rest of your life.
    今日という日は残された日々の最初の一日

    この言葉が、どのお話にも
    生きていると思いました。

    個人的には、隕石が衝突するその時まで
    天体観測をしようと幸せに生きている男性がお気に入りです。

  • 内容は8つの短編集から成る話ですが、それぞれの短編のタイトルが全て本のタイトルのような「○○の○ール」となっていて、全て仙台の「ヒルズタウン」という団地を舞台に、8つの話が繋がりがある内容です。
    物語のコンセプトは8年後に地球に小惑星が衝突し、地球が滅亡するということが発表された5年後、つまり後、3年で地球が滅亡するという話です。
    そういう、まさに終末の状況におかれた時に見せる、いろいろな人間模様が非常に面白かったのと、生と死が隣り合わせた緊迫した状況の中で、生というものに向き合うドラマが良かったです。
    「死にもの狂いで生きるのは人間に与えられた権利ではなく義務だ!」という言葉であったり、「とにかく生きろ!」であったり、余命3年という状況を巧みに使った生に対するメッセージ性も伝わってきました。
    それにしても伊坂作品らしく、それぞれの話に、それまでに登場した人物を隠し味的に登場させて、話を引き立てているのは、さすがですね!

  • 8年後に小惑星がぶつかり、地球は終末を迎える。。。

    そう予告され、自暴自棄になった人々でパニック状態になってしまった世界中。。。

    残り3年になった時、治安は元通りではないが、少しずつ落ち着きが戻ってきた。

    仙台市のあるマンションとその周辺の地区での8つの物語。

    家族の繋がり、復讐すること、許すこと、命を産むかと悩む事、それぞれの死と生をじっくり考えさせられました。。。


    少しずつ重なりあっている人々の温かさで、3年後の衝突も穏やかに迎えられるような気がしました。。。
    きっと、生きる事の意味と幸せの形を見つける事が出来た人たちだから。


    あなたなら、さぁ、どうしますか?

  • 小惑星の衝突まで、あと5年。5年後に地球が滅亡する。

     設定は、近未来SFっぽいですが中身は、“いかにも”伊坂さんらしい物語。仙台市にある「ヒルズタウン」に住む人たちの、終末までを“いかに生きるか?”を描いています。

     地球滅亡までのカウントダウンなのですが、登場する人たちは、その終末に向けて普通に平和に生きている。

     ハリウッド映画的には、絵にならない、あり得ない物語も、伊坂さんならアリ。滅亡に向かっているのに、何だか暖かい物語です。

  • 伊坂ワールド的「暴力」が登場するが、今度の主役級暴力には「悪意」がない。そのせいか、部分的にかなりあっけらかんと明るい。たとえば「恋人ってどうすればできるんですかね」と悩む乙女は「分かんないところは飛ばせ」とアドバイスをうけそうになったりする。もちろん暴力の蔓延する社会だけに「この五年間どうやって生きていたんですか?」と問われても「必死だよ。必死。必死で生きていたんだよ」 と応えるしか無い。しかしその「必死」さが、ほのぼのと読者を楽しませてくれるのだ。

  • 隕石衝突による地球滅亡まで、あと3年。死を目前にした人々が、それでも必死に生きる物語。

    隕石で地球が滅亡するなんて、相変わらずぶっ飛んだ設定だなぁと笑ってしまいました。けど現実離れし過ぎてなくて、とても良かったです。現実と重なっていて、どこかズレているのが面白いと伊坂さんがおっしゃってたみたいですが、まさにそんな感じのお話です。

    初めはパニックが起き、その後一時的な平穏が訪れ、死を受け入れようとする。それが何ともリアルと言うか、こんなことがもし起きたら、本当にそうなりそうだなと思いながら読んでました。実際、病気の方とかはそういう過程を辿るみたいですし。

    人が死んだりする話は、重苦しくて悲しくてあまり好きじゃないんですが、伊坂さんが書くとそれがない。かと言って軽すぎることもないし、しっかりとテーマが伝わるところが、この人の良さだなと改めて思いました。

  • 全ての登場人物がお行儀の良い。
    達観、諦観としいてどの章のキャラクターも同じ。
    平坦な感じを受けた。
    全ての女性キャラが聡明で可愛らしい。

    「籠城のビール」でとられる脱出方法は同じ作者の違う作品でも見られたがお気に入りなのか。

    もっと殺伐とした物語が読みたかった。



    読後のカール。

  • 生きていたら、いつかは死んでしまう。そんな当たり前のことを考えさせてくれる。今の自分の生き方はどうかな?と考えてしまった。絶望的な
    状態を描いているのに、なぜか温かい気持ちになることができた。

  • 重たい!
    週刊誌の寸評で気になってやっと読んでみた。

    小惑星が8年後に地球に衝突し、この世の終わりがやってくると発表があって5年後の物語。

    仙台にある「ヒルズタウン」というマンションに住む人々が主役。

    大混乱をお越し、暴動が起こったり、世の中を悲観して自殺を図ったり。
    そんな事がひと段落つき、なぜか世の中にひと時の平和が訪れる。そんな時期のお話。

    それでも生きながらえている人たちが更に、子供との和解や妊娠、復讐などの事情を抱えて乗り越えていく。
    そして生きていこうとする。

    自分の人生の持ち時間が突然宣言させた時に自分はどう生きていくのだろうかと思わず考えさせられ、そして恐ろしくなった。

全2069件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

終末のフール (集英社文庫)のその他の作品

終末のフール 単行本 終末のフール 伊坂幸太郎
終末のフール (集英社文庫) Kindle版 終末のフール (集英社文庫) 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

ツイートする