終末のフール (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.61
  • (1508)
  • (3085)
  • (3305)
  • (623)
  • (122)
本棚登録 : 25502
レビュー : 2083
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464436

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここまで心を揺さぶられる小説を読んだのは久しぶりです。
    本当に心が洗われるというか、人生を前向きに考えられるようになる小説でした。

    この小説のあらすじですが、8年後に小惑星の衝突により世界が破滅するという発表があってから5年後、残り3年しかないという状況で、仙台にある『ヒルズタウン』とよばれる町で生活している人々の姿を描いた8篇の短編集です。
    8つの物語のなかでそれぞれの主人公達はそれぞれの想いを胸に日々を生きています。
    8つの物語、それぞれ心を打つものがあります。

    ここに描かれている人達は、命について「達観」しているというか、「悟りに至っている」という言葉が正しいのか分かりませんが、そういった境地にたどり着いている人が多いのは必然なのでしょう。
    なぜなら、この小説では直接的な描写はありませんが、ここに至る5年間の間に、暴動や大規模な騒乱、略奪、強盗に殺人、そして自殺といったあらゆる不幸な出来事がおき、世界の破滅を迎えるに至って、それに耐えられず精神に異常を来した人達やそれ巻き込まれた人など多くの人々が命を失っています。
    つまり、そういった異常な事態を生き残った人達がここに描かれている人達ですので、ある意味においては、もう既に選ばれた人々なのです。

    8つの物語のなかで、僕が一番刺さった物語は、4番目の物語『冬眠のガール』です。
    現在23歳の彼女は、4年前の19歳の時に突然両親を失います。殺されたのでもなく、事故や病気で失ったのでもなく、二人そろって自殺してしまったのです。一人娘である彼女を残して。彼女はそれ以来、3つの目標を立て、それを紙に書いて壁に張り、4年間何とか一人で、その目標を実現するために生き残ります。その3つの目標とは、
      〇『お父さんとお母さんを恨まない』
      〇『お父さんの本を全部読む』
      〇『死なない』
    読書家だった彼女の父は、自分の書斎に数千冊の本を所蔵しており、彼女はその本を4年間かけて全部読み切ります。この『冬眠のガール』は、彼女が最後の本を読み終わったところから始まります。
    2番目の目標を達成してしまった彼女は、新たな目標を探すために、多少の落ち着きを取り戻した町に繰り出します。そこで彼女は新しい目標を見つけます。その新しい目標とは・・・。

    彼女は、あくまでも素直で前向きです。そして3つの目標を忠実に守る。余命3年であるにもかかわらず新しい目標に向かって努力を惜しまない。そのひたむきな彼女の姿に心を打たれます。

    この小説がこれだけ感動を呼ぶのは、『死』を目の前にした人々の生活に真っ正面から取り組んでいるからでしょう。

    僕たちは、誰でも死にます。それはいつか分からない。誰もがもっと先のことだろうと何の根拠もなく思っています。
    『死』を意識しながら生きている人は少ないでしょう。しかし、そこに明確な『死』の期限が設定されれば、誰でもその圧倒的な威圧感の前で立ちすくみます。
    誰の前にも『死の壁』は立ちはだかっているはずなのに、それが透明で見えないからこそ、誰もが全力でそこに向かって走っていくことができるのです。
    でも、その壁に色がついてしまったら?
    あなたはそこに向かって全力で走って行くことができますか?

    この小説に描かれている人達は、全力とは言わないまでも、その『壁』に向かって確実に一歩一歩に前に向かって進んでいく人達です。
    そこには、諦めや達観や希望や絶望や、ありとあらゆる感情が渦巻いています。でも、そこにあるのは、決して『絶望』だけではないのです。
    「子供を産もうとする夫婦」「恋人を探そうとする若者」「誰よりも強くなろうとする少年」「最後の最後まで小惑星を観測しようとする天文学者」など、この小説に登場する彼らは、最後の最後まで諦めません。いや、生き残ろうとするのではなく、最後のその日までしっかりと生きようと心に決めているのです。

    この小説は、人生の素晴らしさ、ありがたさ、そして、この世界をいとおしく感じることをもう一度改めて思い起こさせてくれる、素晴らしい物語です。
    少年少女から老人まで、一人一人考えることは違うかもしれません。
    ただ、誰にとってもかけがえのない自分の一生を見つめ直すきっかけを与えてくれる本であることは間違いないと思います。

  • 世界の終わりを三年後に控えた仙台のニュータウンを舞台にした短篇集。
    世界の終わりにあがくのも人間、悟り、受け入れるのも人間なんだろうと思う。
    好きなのは「冬眠のガール」と「籠城のビール」一番好きなのは「太陽のシール」

  • 伊坂幸太郎が好きだ、と久しぶりに彼の小説を読んで思った。
    数多くの魅力的な登場人物が、それぞれのストーリーで同時並行に生きている。そしてそれが最後何気ない瞬間で絡み合う感動というのは、やはり伊坂幸太郎らしい演出だ。

    特に感動したのは「鋼鉄のウール」と「深海のポール」
    前者では家庭事情に苛まれる少年が、スポーツジムの選手に憧れ前に向き直るという、一種のスポ根のような話。
    後者では穏やかでありながらも、やはり粗暴な父に育てられた息子の漢らしさに痺れた。
    一章一章が短編であるにも関わらず、全員が主役となった映画を創り上げられそうな充足感は、舌を巻くしかない。

    隕石衝突、世界滅亡という重いテーマに服して、まるでバイオハザートような社会にも関わらず、「それでもなお生きる」ことに向き合う人間たちは、かっこ悪くも美しい。

    洒落た言葉遣いや表現、読後の爽快感。
    やはり、伊坂幸太郎。好きです。

  • 心地よい終末、穏やかな絶滅、緩やかな破滅、暖かい終焉、優しい破局。

    それがこの物語体験だった。

    解説でもキューブラー・ロスの「死の受容」の段階が記されていた通り、この作品は否認、怒り、取引、抑うつの段階を経て受容の段階にある人々が残りの日々を過ごす。

    一つ一つの物語に派手なところはなく、終始心地よく、穏やかで、緩やかで、暖かく、優しいエピソードに包まれている。

    それでも時折、あと3年程で間違いなくこの世界が終わり、自分たちの命も尽きる『最後の時』(p.369)が来るという決定済みの未来が覗いてくる。

    その時、主人公たちよりむしろ、読んでいるこちらが恐ろしい気分になり、次のページで「世界の終わりはとんでもない誤報でした」とか「最新の観測によれば世界は終わらない事が確認されました」的な発表がされないかと願う。

    その時、あぁ、主人公たちと違って物語を読んでいるこちらはまだ受容の段階に達していないんだ・・と洞察に至る。いや、愕然とする。

    死の受容は必ずしも一方通行に進む訳ではなく、時に前段階へ戻ることもある。

    この物語はディストピアものであり、終末ものではあるが、ゾンビも銃も出てこない。悲愴感もない。

    しかし恐ろしく、心地よい気持ちになる。



    その他
    『『東京物語』と『帝都物語』って一貫性があるのかないのか、』(p.348)

  • 小惑星が3年後に落ちるまで8人の主人公らが生と死の狭間で生きる意味を模索する話。世界観は世界の終わりが決まってからあちこちで暴動が起きた後の小康状態。世界が終わること以外は現実世界と変わらない。

    めちゃくちゃ面白かった。ありえない設定だけど普通の小説として読めて、死が迫っているから一段とセリフに重みを感じるし、登場人物のそれぞれが持つ現代特有の背景が死と絡まることでら、彼らが生きることとどのように向き合っているかが読み取れる。

    一番良かったのは、死に直面した時の人々の愚かさ。
    死が確定すると誰もが仕事や役割を放棄していて、まさに化けの皮が剥がれた状態になる。仕事の罪悪感や死への恐怖で辞める人がいる一方でいまだに店を開けてたり、使命感で仕事する人もいる。『もうルールに縛られる必要がない』と知った途端にありのままの姿を晒す。もし強い諦めを強要するような事態になっても普段と変わらない自分でありたいと思う。

  • 初めて読んだ、伊坂幸太郎の小説。
    一番好きな、伊坂幸太郎の小説。

    あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?(引用)

  • 3年後に小惑星が衝突して人類が全滅するという状況での様々な人間模様。当初のパニックはおさまり、世情は平穏に見える中でのそれぞれの心情や出来事が語られる。各物語に、他の物語の登場人物が絡んできたり様子が語られるのもおもしろい。
    引きこもって本を読んでいた子が、新たな目的を見つけにいろんな人をめぐる「冬眠のガール」、子供やおばあちゃんなどに関わり役割を演じていたのがという「演劇のオール」などがおもしろかった。
    最後の「深海のポール」で語られる「じたばたして、足掻いて、もがいて。生き残るのってそういうのだよ、きっとさ」というセリフが印象に残った。地球が破滅しなくても、生きるってそういうことで、この本のどの物語でも語られているように何かしらで人同士繋がっていくのだろう。

  • 再読。「太陽のシール」と「冬眠のガール」が好み。どちらも女性が魅力的だ。こういう設定を読むと、「自分ならどうするかな」と自然と考えてしまう。戦争という設定になるとどうしても政治的な思想とかになってしまうが、避けようのない予測された自然災害だと人間の本質がむき出しになる。しかも滅亡まで8年っていう年数の微妙さがまたすごい。8年もあれば人間はいかようにも変わりうる。最後まで働いている人は本当に本当に偉い。私は働きたくはないなあ・・・。

  • 年後に隕石が地球にぶつかって地球がなくなっちゃうよ、
    と発表されてから5年後のお話。
    この時間設定は、伊坂氏らしい設定だなぁと。

    さて、人はそんな宣告をされたら、パニックになるらしい。
    治安もなんも、あったもんじゃなくなるらしい。
    そして、あきらめたように終息するらしい。
    おそらく、私は、これになぞられて生きているような気がする。
    できれば、生きていたいと、現実世界では思うけれど、
    人は3年後に人類がいなくなる可能性が非常に高い、と知らされて
    それでも、力強く生きることってできるのだろうか。

    通常の世界での、人の終わりはさまざまな形で、
    継がれていくものがあったり
    或いは、世界は自分がいなくなっても、
    ほかの誰かが生きていて、続いていく。

    けれど、この小説の中では継がれていくものが、
    あるのかないのか定かではなく
    みんないなくなるかもしれないし、
    そうではないかもしれないなんて不確かな、
    そんな中で、生きて行くのは、きっと結構、しんどい。

    いろんな歪が人の中にできるだろうな、と思う。
    その日が来る前に死を選ぶ人は、まだ、世界が続いているうちに・・
    ということなのかもしれない。

    それでも、ぶれない苗場のような人もいるし、
    恋をしようという女子もいる。
    人は、ほんの小さな希望や光でも見つけ出して
    生きてみようと思えるのかもしれない。
    思えるのだと思いたいな。

    この、ヒルズタウン付近でおこっている、それぞれのエピソードが
    日本各地で、世界各地で形を変えておこっているのだと思えば
    ちょっと、前向きな終末が迎えられそうな気もする。
    或いはみんなの思いで「隕石はぶつからなくなる」とか・・・

    私の終末はいつやってくるのかはわからないけれど、
    誇れるものなど何もないけれど、私は最後まで生きたよ!と言いたい。
    言えるように生きたいと思う。

    短編の中では「演劇のオール」が伊坂氏らしくて好きだ。
    あと「太陽のシール」あと「冬眠のガール」
    あと「鋼鉄のウール」あと・・・・全部だな。

  • 一つのバックボーンに色んな人達の想いを絡めた作品。
    最後にどうすべてが繋がっていくか…
    地球の消滅にかけての色んな人の日常。でも、起きてることは非日常。

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

終末のフール (集英社文庫)のその他の作品

終末のフール 単行本 終末のフール 伊坂幸太郎
終末のフール (集英社文庫) Kindle版 終末のフール (集英社文庫) 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

ツイートする