ハニー ビター ハニー (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.47
  • (120)
  • (223)
  • (269)
  • (79)
  • (24)
本棚登録 : 2259
レビュー : 296
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464900

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 加藤千恵さんを知るきっかけになった、大好きで大切な一冊です。
    高校時代からもう何度か読み返しているのですが、ひさしぶりに手に取ると忘れていた部分がちらほら。
    「甘く響く」と「ねじれの位置」は今読んでもやっぱり胸がきゅううんとなります。
    そうそう、恋をするってこういうことだと転げまわりたくなるような甘さ。
    けれどそれとは対照的に、タイトル通りビターなほろ苦い恋模様もいくつも収録されています。
    さらっと読めて、ずっと心に余韻を残す素晴らしい短編集です。

    どうして加藤千恵さんの書く小説が好きなんだろうと思ったとき、解説の島本理生さんの例えがぴったりでした。万華鏡。
    見逃していた、矛盾していた感情をさまざまな角度から映し出してくれるんです。
    自分では思ってもみなかったことが、加藤千恵さんの文章でものすごくしっくりはまるんです。
    道端に咲いている野花にはっと気がつくような感覚で。
    これからも幾度も読み返すと思う。そしてそのたびに、きらきらとした何かに目を瞠るのかもしれない。

  • 同棲解消のお話がたくさんあって、切ない。

  • はじめて読んだ時、何が良いのか分からなかった。
    はっきりしない、もやもやする、救われない。そんな恋を抱えた登場人物が、それでいいんだーって何故か納得する、みたいな話がいっぱい。
    全然すっきりしないし、不完全燃焼。イラっとする。
    帯に書いてあった「泣きつかれると元気になる」の意味も分からない。どこで泣くの?と。

    ただ、短編で一編一編がさらっとしてるので、煙草のお供にもう一度読み直すことがあった。

    ちょうどそのときは、とても久しぶりに、恋をしていた。そんなときだったからか。何故かうまくいかない、でもどうしようもない…という切ない想いに共感し、興味深く読めてしまった。病んでたなぁ。

    なにが響くかは、その時その時のこちらのコンディションが大きく影響するのだと思い知らされた一冊。

  • 表紙が可愛い
    内容も可愛すぎてなんだかついていけない

  • 作者さんのラジオをたまに拝聴してるので、読んでみました。淡々としてるけど印象深い。あとがきを読むと短歌の方も気になります。

  • 実家のバスタイム用に。

    読みやすい恋愛短編集で気軽に楽しめた。
    そんななかにもどきっとする心理描写があったりして。
    人を好きになる気持ちに正解も不正解もなくって、どうしよーもなくなるときもあって、それは幸せなことでもあるのかもしれない。

  • 『甘く響く』が好きです。いじり合いみたいな会話がおもしろい。羨ましいです(笑)

  • The恋愛小説!

    あとがきに島本理生がちょっと書いてたけど、
    出てくる男がみんななんかダメなんだよ・・・
    それでも好きになってしまう何かを持っているのもわかるけど

    どれも結末までははっきり書かれてなくて
    後はご想像にお任せします、なのね

  • 甘いものがひとつひとつモチーフになっている恋愛短編集。弱くて憎めない男たちと葛藤する主人公たち。言葉の選び方が秀逸です。おすすめは「友だちの彼」「ねじれの位置」。

  • 「甘く響く」が好きで不覚にも泣いてしまった。経験したことのある、些細な感情ばかりをこんなにうまく表現しているのは、すごいと思った。文章が寄り添ってくれる感じ。

全296件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1983年、旭川市生まれ。2001年、歌集『ハッピーアイスクリーム』で、高校生の時にデビュー。現在、小説・短歌・漫画原作ほか、幅広い分野で活躍。著書に『ハニー ビター ハニー』『あかねさす』など。

「2019年 『ラジオラジオラジオ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハニー ビター ハニー (集英社文庫)のその他の作品

加藤千恵の作品

ツイートする