ハニー ビター ハニー (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.47
  • (120)
  • (223)
  • (269)
  • (79)
  • (24)
本棚登録 : 2260
レビュー : 296
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087464900

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビターの部分が多い気がしました。どの物語も最後どうなるの?という気になる終わりかたばかりでした。登場してくる男性にもっとしっかりして‼と思わずにはいられなかったです。

  • 表紙がすごく可愛いから読んでみた本。元々は短歌を書いてた方が出した短編集なのね。納得納得。すごく言葉選びがお上手だし、出てくるモノも特徴的で、印象に残るものだね。しかし私の読み方がダメだったー!合間にものすごく甘々なラブコメの漫画を読んでしまったから、ほろ苦いこのお話たちに入り込めなかった(ー ー;)次回はもっと大人に気分のときに読んでみよう。

  • 「せつない」の詰まった短編集。

    表紙がすごくいいなあ、ほんとにこんな感じ。
    綺麗に着飾って、髪を巻いて、おしゃれなお菓子を男に食べさせられるのだ。
    女として生まれたことへの何とも言えない悲しみとプライドと美しさがある。


    いまどきの女のにおいがしてライトな感触であるにもかかわらず、苦い。
    題名に添うなら、最初は甘くて、だんだん苦いなあと思うようになっても結局甘さを探して甘いふりをしてしまう、というか。どんなにビターがあっても恋愛をハニーと定義してしまう不思議、というか。
    そういう、恋愛の普段あまり描かれない・けど確実にあるもやもやを題材にしている。

    各短編にスイーツが登場するんだけど、その"女子"感はなんだかむず痒いし例えとして陳腐。
    でもそのスイーツがその話に登場することにはきちんと必然性がある。ちゃんとしている。

    私はもっと文学!って感じのほうが好きなのではまらなかったけど、特定のターゲットに対してはかなり美しく的が絞れてるし、この軽い感触も実はすごく現実に似ていて、リアルなんだと思う。
    現実は軽い。
    そんでもって、恋って変だなあ、困るなあ、と思う。

  • 装丁に惹かれて。

  • これの前に読んだ本が、内容的に重量過多だったので、軽めでさっくり読める本として選択。予想通りに良い息抜きになった。嫌みなく読めるし情景やら心情なんかもイメージしやすい。ひょっとしたら、直球ど真ん中の人もいるかもしれないなあ。「甘く響く」と「ねじれの位置」が良かった。

  • 少しほろ苦い部分もあって共感できる内容

  • 完全に表紙買いではあったけど、良かった。昔流行った携帯小説感覚で読めた。

    恋愛の甘苦さをテーマにした短編集で、どれも甘苦いのは確かなんだけど、ほとんどの話が苦い要素=男の浮気になっている気がした。別れや失恋、カップルの試練って浮気以外にももっと色んな要素があると思うけどなぁ……何なら女だって浮気する人は浮気するし。

    個人的に「ねじれの位置」が一番好き。個人的にこの話を最後に持ってきて欲しかったなぁと思ったくらい。ねじれの位置って確かに絶対交わることないし、おんなじ人間なんていないから分かり合えるのは簡単にはいかないなっていうことが感じられて良かった。

  • そんなバカな話があるか!
    親友の彼氏と付き合うなんて、そんな裏切りが許されるわけがない。「好きになってしまったのだから仕方がない」なんて、「殺したくなったのだから殺しても仕方ない」みたい。「彼女がいてもいいから付き合って」ってこっちはよくないよ!どんだけ自己中だよ!自分が一番かわいいからって、自分をかわいそがってるだけじゃないか。
    などなど、三角関係の短編集。
    短篇過ぎて「こっからだろ!」っていうのも何個かあった。
    表紙がかわいくて、しかもポストカードつきという特典につられて低下で買ってしまったが、それがなければ多少の後悔があっただろう。

  • 2017.5.15読了 52冊目

  • 恋愛の気持ちが動いていく部分を切り取った短編集。味のしなくなったガムや羊羮、タルトにアイスクリームと食べ物とその時の感情がキレイに結び付いた表現。作品に出てくる男いい人ばかりではないけど離れられないんだろうな。

著者プロフィール

1983年、旭川市生まれ。2001年、歌集『ハッピーアイスクリーム』で、高校生の時にデビュー。現在、小説・短歌・漫画原作ほか、幅広い分野で活躍。著書に『ハニー ビター ハニー』『あかねさす』など。

「2019年 『ラジオラジオラジオ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハニー ビター ハニー (集英社文庫)のその他の作品

加藤千恵の作品

ツイートする