水銀灯が消えるまで (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.38
  • (8)
  • (21)
  • (40)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 261
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087465396

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夜の遊園地。遠くに光る観覧車。ひとり佇む少女の髪にはメリーゴーランドのユニコーンと白い花が挿されていて。
    酒井駒子さんのこの表紙、本当に素敵。

    寂れた遊園地「コキリコ・ピクニックランド」を舞台にした、不思議でどこかひやりとするお話。
    勤め先の金を持ち逃げし、遊園地の物置に住みついた女性。
    蝶を愛するおじさんに惹かれてしまう女性。
    愛人に会社をクビにされた美人受付嬢。
    記憶喪失で行き倒れていた正体不明の女性。
    心霊スポットの取材に訪れた女性。
    指の綺麗な長崎君の既成事実。

    遊園地は本来楽しい場所で思い出にも深く影響するけど、だからこそ寂れたり廃園になると足を踏み入れるのが怖い場所になります。あぁエキスポ、奈良ドリームランド・・・。ひらパー頑張れ。

    観覧車って外から見ている分には動きもゆっくりで怖くない気がするけど、あれ結構怖いんだよね。揺れるし高いし降りられない。
    昔、男の子と二人で乗ったら相手がにじり寄ってきて、逃げて、にじり寄ってきて、逃げて・・・(しかも急に立ち上がると揺れる!)
    という経験を踏まえ、何とも思わない異性と乗ってはいけないことを学んだのでありました。

  • 何かしらの事情を抱えた人が寂れた遊園地「コキリコ・ピクニックランド」へやってくる短編集。「長崎くんの指」を改題。

    不思議で少し物悲しい雰囲気の話だった。酒井駒子さんの装丁も雰囲気に合っていて良い。

  • 透明感がある。
    しんみり。

  • 【本の内容】
    郊外のさびれた遊園地「コキリコ・ピクニックランド」には、なぜかわけありの人々が集まってくる。

    勤め先の金を持ち逃げし、遊園地の物置に住みついた女性銀行員。

    愛人に会社をクビにされた美人の受付嬢。

    記憶喪失で行き倒れていた正体不明の女性…。

    さまよう彼らに、居場所は見つかるのか?

    ユーモラスでどこかせつない、気鋭の歌人のデビュー小説集。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    職場の金を盗んで逃げた銀行員の女が、出会った男の指に惚れる、そんな話が著者の手にかかると惚けた哀しみを醸し出す。

    山奥の遊園地で息を引き取った老職員を透明な観覧車に乗せて労をねぎらう「アマレット」、大切な物事を忘れてしまう「長崎くんの今」など、コミカルなのに知らずに胸をつかまれている。

    『長崎くんの指』を改題。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 夕暮れのひなたの国 の物語?

  • 帯タイトルは、

    「恋しくて、なつかしい、あの場所。

     さびれた遊園地で交錯する、
     奇妙でいとしい人間模様。」


    物置に住む女、
    40すぎの無職の女、
    年をとったマリアさん、
    道端に倒れた女、
    洞窟に住む男、
    指のきれいな立ったまま眠る男。

    コキリコ・ピクニックランドという時代に取り残された
    遊園地に集まる人々。

    どこか不思議で怖くて、支離滅裂な展開ばかり。

    だけど、「アマレット」は好き。
    観覧車がすごくいい。

    遊園地ってホント特別な空間。

  • 歌人・東直子さんの初小説集。じわーっとしてる。だいぶ前に一度読んで、その時はあんまり好きじゃないなあと思って、でもなんか忘れられなかったので買って再読したら、やっぱり大好きとは言えないんだけど、じわーっとくせになる。

  • 何とも掴み所の無い小説だ。つまらないということではない。物語の着地点というか、ゴールがハッキリしないというか、これは僕自身の感想なのだけれど、後味が無いという感じだろうか。こんな読後感は初めてかもしれない。
    解説を東さんとも交流がある穂村弘さんという方が書いているのだが、初めて東さんに会ったときの印象は ぽやーんとしたひと だったらしい。まさに、これだと思った。この小説から受けたのは、この ぽやーんとした がいちばん合っているように思う。

  • 自由はときどき残酷だ。

  • 穂村弘氏絶賛の東直子氏の作品。
    個人的な感想になってしまいますが、女性というものがますますわからなく、怖くなった。

著者プロフィール

1963年、広島生まれ。歌人、小説家。絵本や童話、イラストレーションも手がける。歌壇、角川短歌賞選考委員。東京新聞歌壇選者。「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、『いとも森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』、エッセイ集に『短歌の不思議』、穂村弘との共著『回転ドアは、順番に』『しびれる短歌』がある。

「2019年 『春原さんのリコーダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東直子の作品

ツイートする