恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)

  • 集英社
3.35
  • (37)
  • (128)
  • (164)
  • (47)
  • (10)
本棚登録 : 1411
レビュー : 146
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087465655

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとなく最近20歳にふさわしくなくときめきが足りないような気がした(!)ので恋愛小説をば,と思い,カバーにも惹かれて読んでみました。

    本音を言わせてもらえば,読んだあと「あー…恋したいなあ」とはなりませんでした。
    なんだか,ふわふわした印象なんだよなあ…私がすきな恋愛小説はもっと切なさとか愛が感じられるかんじのなのかも。

    恋したいとは思わなかったものの,いいな,と思ったものをあげるとすれば,島本理生の「初恋」かな。
    5作品のなかで,いちばん恋を表してるような気がするのは,私だけかな?
    森絵都の「本物の恋」は,最後の展開に笑わせていただきました。

    全体的にさらっと読めるけど,あたまのなかもさらっと通り過ぎていくような印象。

  • 石田衣良のと島本理生のが切なくて、きゅぅっとした。
    島本理生って名前知ってたけど、小説読むのは初めてかも。今度この人の本読んでみよう。

    こういう出会いを求めて、最近アンソロジーにはまっている。

  • ドラゴン&フラワーのもんじゃの描写がほんとに美味しそうだった。
    かっこよくって要領いい男はもんじゃも上手く作れてしまうんだな!
    石田衣良の文は読みやすい。
    あと嶽本野ばらのガッツ石松は面白かった。

  • 10代の女の子が読みそうな小説だなぁと思ったら、non・noに連載されてたみたいですね。若いっていいですね。素晴らしいですね。恋って乱暴ですね。でも止められないですよね。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    素敵な出会いがない、好きな人はいるのにもう一歩が踏み出せない――そんなあなたに人気作家5人が贈る、抱きしめたくなるほどいとおしいラブストーリー。
    大学で知り合った危険な匂いのする先輩、旅先の孤独感から連れ出してくれた男性、オフィスで一目惚れした眼鏡の似合う彼…女の子の心の鍵を開けてくれる男性との出会いが詰まってます。
    読むだけで恋したくなる、とびきりのアンソロジー。

    【キーワード】
    文庫・アンソロジー・恋愛・短編集


    2++2+1+1

  • 読後、恋したいとかならないな。。

    現実感が足りないのかな。

  • 恋愛をテーマにした短編集。
    恋愛モードが高まってきます(*^_^*)
    片思いでも両想いでもドキドキ感はやっぱりいいですねー(^^♪

  • 短編になりますが、恋も完璧にいかない所が良いかもしれません。最後には良いものが待っていると思う。

  • 短編を読みたくて買った。クリスマスにぴったりと帯には書いてあるけどなあ…と思ってしまったな。

  • この名前だけしか知らない方達を少〜しずつ少〜しずつかじる感じがオムニバスのいいところですね。最近、新しいカバーが売られていて、もう一冊買いそうになりました…

全146件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
石田 衣良
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする