恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)

  • 集英社
3.35
  • (37)
  • (128)
  • (164)
  • (47)
  • (10)
本棚登録 : 1411
レビュー : 146
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087465655

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋愛小説短編集。相変わらず石田さんの文章は柔らかくて好き。でも他の作家さんは何か違ったなぁ

  • 森絵都の『本物の恋』が素敵。最終的に、女は女を、男は男を見てたというところも含めて素晴らしい。微妙な空気感がなんとも好みの作品。
    その他はあまり、印象に残らないというか何処かで聞いたことあるような話が多かった。

  • まぁまぁな内容。
    可もなく不可もなく。

  • なんとなく最近20歳にふさわしくなくときめきが足りないような気がした(!)ので恋愛小説をば,と思い,カバーにも惹かれて読んでみました。

    本音を言わせてもらえば,読んだあと「あー…恋したいなあ」とはなりませんでした。
    なんだか,ふわふわした印象なんだよなあ…私がすきな恋愛小説はもっと切なさとか愛が感じられるかんじのなのかも。

    恋したいとは思わなかったものの,いいな,と思ったものをあげるとすれば,島本理生の「初恋」かな。
    5作品のなかで,いちばん恋を表してるような気がするのは,私だけかな?
    森絵都の「本物の恋」は,最後の展開に笑わせていただきました。

    全体的にさらっと読めるけど,あたまのなかもさらっと通り過ぎていくような印象。

  • 短編になりますが、恋も完璧にいかない所が良いかもしれません。最後には良いものが待っていると思う。

  • アンソロジー。

  • 「本当の恋」が話では好き。オチはすぐわかったけど彼が大泣きして別れて、再会した時には幸せそうにしているってゆうのが良かったなぁ。
    「初恋」はちょっと切ないなぁ。先輩が不良に描かれているけど、葵と接している姿は純粋な少年に思えてよけいに切なかった。「卒業旅行」のヒラタさんと「Flying Guts」の『彼』がステキな人だと思った。

  • なんだか物足りなかった。
    胸きゅんが。

  • 石田衣良、角田光代、嶽本野ばら、島本理生、森 絵都の5人の作家から成る短編恋愛小説。5人の作風を比べて読めるのが面白い。個人的には島本理生の初恋がもっともお涙頂戴でよかった。

  • 本野ばらさんのが一番健全な気がした。

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
東野 圭吾
石田 衣良
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする