恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)

  • 集英社
3.35
  • (37)
  • (128)
  • (164)
  • (47)
  • (10)
本棚登録 : 1411
レビュー : 146
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087465655

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。図書館で読んで好きすぎて中古で購入したんだけど、読み返すと好きだった作品が変わったことに気がついた。

    5人の作家さんみんな甲乙つけがたく、「あぁ~この先読みたい!!」って思わせることはさすがだなぁ…と。

    好きな作品は変化したけど、やっぱり、一番度肝を抜かれたのは森絵都さんかな(´w`*)

    ほんわかとして息抜きになってちょうど良かった。恋愛モノって読んでいるだけでハラハラ、ドキドキするから好き♪

  • 結構すきです。大学1年のときとかに読んだら、物足りないかもしれないけど、今24歳になって、こーゆー恋愛したいなあ、と素直に思えた。
    ガッツ石松の件とかほんとよかった。イマドキじゃない必死な恋がしたくなります。

  • 恋がしたくなる。
    誰かに好きと伝えたくなる。

    頭で考えるのではなく、身体が自然と落ちてしまうのが恋なのだと、そう思わせてくれる一冊。

  • 石田衣良「ドラゴン&フラワー」
    駄目男に惹かれる気持ちはわからなくないけど、BBA目線だと「待って、考え直して」と思わなくもなかったw

    島本理生「初恋」
    こんな去り方(死)をしたら、きっと主人公の心に一生残ってしまうだろうなと思った。

    森絵都「本物の恋」
    最終的に大好きな展開に収束(BL)。

  • 恋愛小説のアンソロジーである。
    一つ一つの話が短いので、さらさらと読み終えてしまった。
    その中では「flyingguts」がお気に入りである。
    「flyingguts」では、ガッツ石松の件が面白かった。恋愛で前に進まない、主人公を押してくれるシノハラさんという存在がいいなあと感じた。
    主人公も、前向きになって、気になる男性にガッツ石松絡みのメールをし、「アシスタントの佐々木美絵」と返信があったのが面白かった。
    その恋の展開が気になるところである。
    実際、作中のような恋をしてみたいというのが多くあった。叶わなくても、昔に戻れたらしてみようかなという希望を持たせてくれる作品だという印象が残った。

  • とある5人の女の子の恋のおはなし。
    『恋』っていろんなかたちがあるんだな。
    5人の作家さんが紡ぎだした5つの恋は、どれも切なくてあたたかくて、恋することって大事なんだなって思いました。

    『ドラゴン&フラワー』石田衣良
    『卒業旅行』角田光代
    『Flying Guts』獄本野ばら
    『初恋』島本理生
    『本物の恋』森絵都

    全部好きなんだけど、後半3作がお気に入り。
    『Flying Guts』は主人公の弱気な性格がすごく自分と一緒な気がしたのに、最後のメールは盛大に笑わせてもらった!
    『初恋』は島本さんらしいというか、胸がぎゅうってなる気持ち。
    『本物の恋』はすごく切ないのだけど、まさに本物の恋というか、素敵な恋を目撃させてもらった気分です^^
    わー恋っていいな!
    2010年09月12日

  • 恋のお話アンソロジー 全部素敵やったけど 特に島本理生と森絵都がめちゃくちゃよかった

  • 島本さんのがスゲーいい!
    先輩すきだわー(*´∇`*)

  • 島本理生さんの作品が好きでした。

    さらっと読める系。

  • どれも外れなく、どの著者もそれぞれの良さが出ているなあという作品。予想通り、雑誌掲載の短編集だった模様。
    掲載されている著者各々の作品を、ほぼ読んだ事があるけれど、やはりものによってこれは好きじゃないかもなぁという作品もある。この短編集は、そういう極端な感じがあまりなく、万人向けな感じだなぁと。これをきっかけに、新しく好きな著者が増えるかも?という趣旨なのかな。

  • 「好き」をテーマにしたアンソロジー。つかの間の想いにきらめく時を描く。

  • わりと軽めの恋愛アンソロジーなので読みやすい
    角田光代の卒業旅行の話。知らない世界に出ていくのって怖いよね。背中を押してくれる誰かが必要な主人公の気持ちがすごく分かる。
    森絵都のどんでん返しに、やられたぁ。

  • とりたててどきどきキュンキュンすることもなく読了。ただ短編ばかりだしいろんな作家の作品が読めたので楽しかった。

  • 素敵な出会いがない、好きな人はいるのにもう一歩が踏み出せない―そんなあなたに人気作家5人が贈る、抱きしめたくなるほどいとおしいラブストーリー。
    大学で知り合った危険な匂いのする先輩、旅先の孤独感から連れ出してくれた男性、オフィスで一目惚れした眼鏡の似合う彼…女の子の心の鍵を開けてくれる男性との出会いが詰まってます。
    読むだけで恋したくなる、とびきりのアンソロジー。

  • 短編ながらどれも面白かった。
    嶽本野ばらは文体が私には合わないと思った。
    石田衣良、角田光代、森絵都が好き。

  • 石田衣良『ドラゴン&フラワー』サークルの先輩と同期に言い寄られるモテ期
    角田光代『卒業旅行』行動力のない自分だけおいてけぼりを感じる苦い卒業旅行で出逢うバックパッカー
    嶽本野ばら『Flying Guts』ついてない地味女子が勇気をだして気になる他部署の男性とお近づきになるはなし。
    島本理生『初恋』百年覚えてるような声と腹の傷を持つ先輩。高校時代に交わした短い恋のはなし。悲しいけど嫌いじゃない。
    森絵都『本物の恋』一人歩く祭りの隅っこで同じ夫婦を睨んだふたり。失恋に泣く見知らぬ彼を見て、これほど烈しく誰かを愛してみたいと泣いた少女の気持ちを知ってると思った。

  • 恋のトビラを読みました。

    若い女性向けと思われる、恋の始まりをテーマにしたオムニバス短編集でした。
    甘酸っぱい恋の始まりが描かれていて楽しく読みました。

    森絵都の「本物の恋」は最後にどんでん返しがあって、もう一度読み直してしまいました。
    やはり森絵都はあなどれない。

  • 感想書いていったほうがいいな、と思ったので書いてみる。
    作家さんが今の私にぴったり!と思って購入。
    1日の電車の行き帰りでサクッと読めていい感じ!でも内容はあんまり覚えてない……(だめ)
    卒業旅行の話と、最後の話が唯一印象に残ってる。
    海外で一人で行動するのは私には無理だなと思いつつも、この主人公がいずれ一人旅にいそしむ様子が目に浮かんでくるようで心がぽかぽかした
    旅はいいなぁ

  • タイトルが恥ずかしいね。
    短編で薄いからすぐに読み終わる。
    最後オチつきだが、苦笑い。
    そろそろネタ切れ。

  • 森さん素晴らしすぎて……。

全146件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
石田 衣良
石田 衣良
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする