小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所 (集英社文庫)

制作 : 秋本 治  日本推理作家協会 
  • 集英社
3.30
  • (9)
  • (50)
  • (77)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 449
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087466898

作品紹介・あらすじ

ご存知、国民的マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。縁あって日本推理作家協会とのコラボ企画が実現しました。ベストセラー作家たちによるトリビュート短編小説が誕生。我らが両さんと、あの『新宿鮫』の鮫島や『池袋ウエストゲートパーク』のマコトとの豪華共演も楽しめる。ギャグあり、人情あり、ハードボイルド風の展開ありの宝石箱のようなアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢のコラボと言ってよいのだけど…。多人数で両さんを描くとズレを感じてしまいますね。あと、中川より麗子の方が使いやすいのかしらん?

  • 鮫島と京極堂が出て来るだけで満足

  • 作家陣の顔ぶれで他作品とのコラボに終始するかと思いきや、オリジナルでこち亀らしさ満載の作品もあってニンマリ。「キング・タイガー」も「目指せ!乱歩賞」もこち亀すぎる。

  • マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が日本推理作家協会とコラボした短編集。
    書いているのは、東野圭吾、石田衣良、柴田よしきなどのそうそうたる面々。
    面白くないわけない!と読んでみました。

    愛されているなあ~両さん、というのが一番の感想。
    ストーリーの趣は違っても、どれもこれも両さん愛であふれています。

    普段小説なんて読まない、読むのはまんがだけという人も、この本ならきっと読めるんじゃないかな。

    私は中でもじんわりくる大沢在昌の作品がすきでした。
    あと、いかにもこち亀っぽいなと思った逢坂剛の作品と。

    図書館スタッフ(東生駒):ほっこり

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=1100384664

  • 文庫版を再読。「こち亀」を人気作家が書くとどうなるか?各作家のキャラクターが両津勘吉と絡ませるとどうなるのか?といった実験的な作品だったが想像以上の面白さだった。

  • 【2016年23冊目】
    本屋で見つけて衝動買いしました!
    何たる豪華な執筆陣…

    それぞれの話がちゃんと「こち亀」になってるところがすごい!これはこち亀の世界観をここまで根付かせた秋本先生がすごいのか、執筆してる作家の先生がすごいのか…両方か^ ^

    「こち亀」連載終了というタイミングでこんな本を見つけられてラッキーでした☆

  • 漫画の小説版。面白い。

  • おもしろい、みんなこち亀が好きで、自分らしくこの世界を表現してる。いままで読んだことがない作家さんの文章もあったけれど、これで、他の本も読んでみたいと思っちゃうから、うまい商売だね。いや、商売うんぬん関係なくおもしろい。東野圭吾さんはもともと好きだけど、逢坂剛さんや大沢在昌さん、今野敏さんのミステリー読んでみたいなぁ。そして、やっぱり両さんは楽しい。マンガも楽しむぞ!

  • 豪華!この豪華さこそこち亀ならではなんでしょうね。石田衣良に今野敏、東野圭吾に京極夏彦ですよ。大沢在昌も柴田よしきも逢坂剛も代表作見て笑ったもの。本当に豪華なこち亀アンソロジー。

    もちろん、狙いは京極夏彦ですけども。
    殆どの作家さんは、自作のキャラクターと絡めてこち亀を描いてるのですが、いやまさか南極さんにあの古本屋が出て来るなんてもう嬉しくて嬉しくて!

    塗仏以来、京極さんの本が読みたくて読みたくて禁断症状出てたので、ただただ嬉しかった!
    言いたいことは色々あるけれど、もう、ただただ嬉しかったの!!

    あー好きだーーーー。

    ちなみに京極夏彦さん以外の作品も、メタあり、人情ありハチャメチャ、ブラックユーモアありと、面白かったです。特に東野圭吾さんの作品のオチがなんとも良かったです。

    すごいなぁ、こち亀!

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大沢 在昌:1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『爆身』『漂砂の塔』『帰去来』など。

「2019年 『影絵の騎士』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所 (集英社文庫)のその他の作品

大沢在昌の作品

小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする