追想五断章 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.70
  • (176)
  • (499)
  • (397)
  • (57)
  • (3)
本棚登録 : 3312
レビュー : 351
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087468182

作品紹介・あらすじ

5つのリドルストーリーに秘められた物語
古書店アルバイトの芳光は、依頼を受け5つのリドルストーリーを探し始める。実はその著者は生前「アントワープの銃声」事件の被疑者だったことが明らかになり……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 米澤穂信というミステリ作家は本当に面白いことを考える人だなぁ、と思う。そして果敢にチャレンジし、きちんと形に出来るすごい人だとも思う。

    伯父の古本屋に居候する青年、菅生芳光(すごうよしみつ)のもとに、死んだ父親が書いた五篇の小説を探してほしいとの依頼が舞い込む。存在するかもわからない小説の行方を調査するうちに...

    リドルストーリーとは『結末をあえて書かず読者に委ねるかたちで謎を提示する物語』という解釈で良いのだろうか。
    物語の中で探す目的となる小説の五篇全てが、その『リドルストーリー』となっているが、その『小説内小説』の出来がすばらしく、一つの読み物として楽しめる。また、結末のない物語という趣向が『追想五断章』という小説自体の仕掛けにもつながっていて、謎が解明されていく後半は唸らされた。

    ミステリの仕掛けの糸と物語の糸が有機的に絡み合い、また解きほぐされていく様はいつもながらに見事。
    全編を通しての胸の中を風が吹き抜けるような寂しさ、哀しさ、苦さは好みの分かれるところだろうが、僕は好きだ。

  • なんだろう?今思い返せば、「特にここが!」ってポイントは全くないのに、読んでる時はすげー怖かった。
    幽霊も殺人鬼も出てこないのに、真実を知るのって怖いのね。
    あれか。暗闇を懐中電灯一つで進んでいく感じか。先に何が潜んでるかわからない恐怖。

    そもそも話が全体的に暗い。というか、薄暗い。
    登場人物も口数が少ない上に何か影を抱えてるし、舞台は薄暗い古書店だし、話の本筋以外も全部どんより暗い。
    プラス、5つの短編を探し解読するに連れて、どんどん真相の、しかも良くないニュースのほうが集まってくる。

    リドル・ストーリーの最後の一行を入れ替えると、話の意味が変わってくるというオチは容易に予想ができるけど、まさか今まで以上に暗い結末に持っていくとは、予想の上を行かれた感じ。
    これ、米澤穂信の作風を知らない人が読んだら、さぞやがっかりする内容だと思う。救いがなさすぎて。

    と、否定的な感想を書いたけど、自分は好きでした。ホラー好きだし。
    「こんな恐怖もあったんだ!」という感動がありました。

  • 面白かった。
    あんまり期待せずに読んだのだけど、期待以上に面白かった。

    主人公は経済的な事情で大学を休学し、
    古書店を経営する叔父のところに居候しており、
    古書店を訪れた女性に依頼され、小説5篇を探していく
    というストーリー。

    殺人事件の容疑者が残した小説を探していく過程が
    うまくて引き込まれてしまう。

    人が次々と殺されていくミステリーのような
    切迫感・緊迫感が望めないはずの、
    小説5篇を探していくというだけのストーリーで
    ここまで読者を物語に引きずりこませるのはすごい。

    5篇の作中作も秀逸で、不思議な味わいがある。

    時代設定はバブル崩壊後の90年代初頭。
    日本が失われた10年という暗い時代に突入していく雰囲気と
    大学生でもない身分不定の居候アルバイトという
    何者でもない主人公の暗さが全編通して感じられる。

    「アントワープの銃声」という殺人事件も、
    海外で行われた妻殺しの疑惑ということで
    三浦和義の「ロス疑惑」を彷彿とさせるもので、
    暗い雰囲気が読後も心に残る作品だった。

  • 伯父が営む菅生書店に身を寄せる菅生芳光は、北里可南子という客から依頼を受け、父親の遺した五本の短編小説を探すことになる。
    五本の短編には共通点がある。それらはどれも、結末を読者に委ねるリドルストーリーであるということ。そして芳光は、それとは別の共通点と、作者北里参吾に関係する過去の事件を知ることになる。

    リドルストーリーにはやはり結末がないほうがいい(というか、結末を読んだらしっくりしてしまうような話は良質のリドルストーリーではない気がする)。
    伯父さんが本当はどう感じているのかや芳光がこのあとどういう人生を歩むのか、結局それもうまく見えてこない終わり方が、さりげなく気が利いている。すきです。

  • 面白かった!リドル・ストーリーと真実を繋ぐからくりが解けるにつれ、興奮で鼓動が早くなっていった。途中から、もしかしたらと思っていた事が当たっていて「やっぱり!」と思う感動と、まさかの種明かし。つまり、結論は予想できるものであっても、それに至る仮定が自分には思いもつかない流れで…。
    米澤作品はそういう面白さがあり、自分の波長に合っていて好きです。

    • kwosaさん
      おっしゃる通りですね。
      結果だけでなくプロセスは大切ですよね。
      米澤作品は仕掛けの面白さと物語の面白さを兼ね備えた希有な存在で、僕も大好きで...
      おっしゃる通りですね。
      結果だけでなくプロセスは大切ですよね。
      米澤作品は仕掛けの面白さと物語の面白さを兼ね備えた希有な存在で、僕も大好きです。
      花丸ありがとうございます。
      2012/05/26
  • あらすじすら知らずに買ってしまったけれども面白かった。本編も作中作も好き。全体がなんだか物悲しいのも好き。

  • あまりに無駄がなく完璧。

    作中の短編ですら引き込まれるし、それが後半になると、唐突に姿を一変させる。

    ここまで凝ったことが人間に可能なのか、と感嘆してしまう。

    読んで損はない本。

  • 本書に登場する五つのリドル・ストーリー。

    本来は読者に結末が委ねられる物語に,
    たった一行の隠された真実が込められていた。

    古書店に居候している休学中の大学生・芳光は,ある女性から依頼を受けた。

    死んだ父の書いた小説を探してほしい――。

    手元にあるのは五つ存在するという物語のたった一行の結末のみ。
    わずかな手掛かりをもとに,芳光は調査を開始する。

    徐々に明らかになる父親の過去とベルギーで起こった事件「アントワープの銃声」。

    これらが一つの物語として姿を現したとき,
    彼女の父親が守ろうとしたものが見えてくる。

    「すべてはあの雪の中に眠っていて, 真実は永遠に凍りついている」

    謎が解かれ,凍りついた真実が溶け出したとしても,
    そこに温かさが残るとは限らない。

  • 5編の物語を理解しようとすると、難しいのだけど、そこに隠されたものがあるという事に3編目くらいで気付いたが、回答になっているという事までは、気付けなかった。すごいなぁ

  • 結末がわからない五つの短編小説を集めると、その作者が起こした事件の真相がわかるという、小説内小説の形式を取った作品。
    このように書くと難しい作品と思われるが、文章の読みやすさもあってとっつきにくくはない。
    ただ、主人公の家族模様とアルバイトの女性はなんのために出てきているのか不明。

全351件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

追想五断章 (集英社文庫)のその他の作品

追想五断章 単行本 追想五断章 米澤穂信
追想五断章 (集英社文庫) Kindle版 追想五断章 (集英社文庫) 米澤穂信

米澤穂信の作品

追想五断章 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする