宵山万華鏡 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.70
  • (316)
  • (556)
  • (556)
  • (95)
  • (9)
本棚登録 : 5628
レビュー : 534
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087468458

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 祇園祭宵山に起こる不思議な短篇集。

    どの章を読んでいても、はっきりとしない、妖しい感じで終わるのは森見ワールドだな〜

    森見さんの書く京都は妖しさいっぱい。これがいいんだよね。
    ドタバタ劇があるわけじゃない。
    伏線が解決するわけでもない。
    四畳半とはまた違った京都。

    あとがきで森見さんが、宵山には何回も行くが山鉾巡行には行ったことがない、このまま一生行くことがないと思うと何だか宵山の夜だけを延々と繰り返してるようだ、ってある。
    自分も同じようなもの。
    きっとこれからも宵山には行くことがあるだろうけど、山鉾巡行には行かない気がする。

    宵山のあの奇妙さというか、浮かれ具合というか、妖しさは一度行くとクセになる。
    来年も宵山に行こう。

    今度は違った感じで楽しめるかもしれない。

  • 京都、宵山の祭を舞台に繰り広げられる6つのお話。
    「金魚」「劇場」を除き(笑)不思議で神秘的な雰囲気にいっきに惹き込まれた。ちょっとファンタジーなところは『ペンギンハイウェイ』に通じるものがあった。
    金魚はお祭りの屋台の定番であることからも、日本人に馴染みのあるもの。だからこそそこから一般的にかわいく、夏の風物詩となっている金魚をときにグロテスクに、芸術的に、宵山様として祀り上げるまで妄想を繰り広げた乙川(もとい森見登美彦)にまたもや感心してしまった。

  • kamosigiさんより。

    「夜は短し~」がどうしても読み進められなくて挫折したので、
    果たして読了できるか心配だったが、宵山姉妹から始まるこの物語の
    雰囲気が、なんとも言えずノスタルジックで、かつファンタジーで、
    ゆっくり楽しめた作品。

    残念ながら祇園祭はまだ見たことがなく、時期も時期だけに一度見てみたいと思いつつ、その人手の多さも想像に難くないので、やはり現実的にそれはやめておくことにするが、見たことがない私にも、その祭りの雰囲気や色、それらが物語を通して伝わってくるよう。

  • 描写が薄気味悪く、綺麗でした。
    話の流れは、淡々としていてそこまで好みではなかったです。
    宵山劇場と宵山万華鏡が読みやすかったです。

  • 京都、宵山の幻想。

    森見登美彦の連作短編集。ドタバタとしたところと俯瞰したところが程よく混ざっていて、入り込みやすかった。

  • これぞ、森見ワールド。
    しばらく森見作品はおなかいっぱいになっていましたが、
    この一冊で、完全に引き戻されました。
    やっぱり面白い。

    この方の描く京都は
    きらきらしていて、ちょっと不思議で、とぼけてて…
    いつまでも続く夏休みって言葉がぴったりだと思います。

    人と人とが繋がって、
    しゅるしゅると解けて明らかになっていく真実は
    さすが。見ものです。

  • 久しぶりの森見さん作品。

    相変わらずの京都話で、宵山を軸に色んな視点から作られた短編集。

    初めは怪しく、中間は楽しく、
    最後にまた怪しくしめる。
    不可思議な話なのかな、と思っていると、なんだカラクリか…と油断した所に、あれ?ホントに不思議な事が起きてる?とひっくり返されて色んな感情を引っ張り出された。

    作中の男性は森見さんの描くキャラらしさが詰まっていて、すぐに森見ワールドに染まってしまった!

    最後に使われていた「なるほど」を「なーる」と言うくだりが好きで、実際に使いたくなるw

  • 森見登美彦の宵山万華鏡を読みました。
    幻想的な美しいイメージと猥雑な諧謔が同居する、森見登美彦らしい短編集でした。

    宵山祭りの楽しさと、非日常の怖さが描かれています。

    どの短編にも、赤い浴衣を着て宵山の人混みの中を泳いでいく、金魚の群れを連想させる少女たちが登場します。
    そのイメージがこの短編集の主題になっていました。

  • 京都を舞台にした、絵が目に浮かぶような綺麗なファンタジー。

    不思議でちょっと懐かしくて、人情味があって、とても幻想的。

  • 『「この鼻孔から溢れがちの絢爛たるイメージをどうしてくれるの!憤懣やるかたないのよ!私、脳味噌がもうぱんぱんよ!」「内圧で脳味噌を吹っ飛ばしてやる。亡き者にしてやる」「亡き者にされてたまるか!」』
    四畳半の世界ときつねのはなしの世界が隣り合わせ。古道具屋の使いとして現れる謎の男が、ほぼ同じ時系列であんなことしてるとかギャップがすごい。宵山様こわい

全534件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ とみひこ)
1979年奈良県生まれの作家で、京都を舞台にした作品が多い。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。2018年11月に『熱帯』を刊行し、第160回直木賞、2019年本屋大賞にノミネートし、第六回高校生直木賞受賞。

宵山万華鏡 (集英社文庫)のその他の作品

宵山万華鏡 (集英社文庫) Kindle版 宵山万華鏡 (集英社文庫) 森見登美彦
宵山万華鏡 単行本 宵山万華鏡 森見登美彦

森見登美彦の作品

ツイートする