封神演義 (集英社文庫)

制作 : 八木原 一恵 
  • 集英社 (1999年3月発売)
3.56
  • (6)
  • (5)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (670ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087470246

作品紹介・あらすじ

時代は三千年前、殷の紂王に女狐が化けた絶世の美女がとりつく。女色に溺れた紂王は政治をかえりみず、忠臣を次々殺し乱世になる。一方、殷が滅び周が建つという天命を全うさせようと、天上界から仙人や道士が地上に降りてくる。ついに殷の勢力と周の勢力が拮抗し、大戦が始まる。周の旗頭は太公望(姜子牙)。中国伝奇ロマンの傑作巨編。

封神演義 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容は濃く細かく。一冊完結と手頃ながら満足できます。

  • 最初に読んだ封神演技がこの本で本当によかった。
    簡潔な文章で、びっくりするような展開でもないのにすごく楽しくて、古典てだから今まで残ってるのか!と思った。

  • 中国の古典なのだが、全一冊としたためか拙速な感じが否めない。機会があったら完全版(あるのか?)を読んでみたい。

  • 抄訳なのでやや筋が違いますが、まあまあおもしろい。

  • 抄訳版です。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする