夏と花火と私の死体 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.58
  • (1619)
  • (2098)
  • (4200)
  • (338)
  • (73)
本棚登録 : 16221
レビュー : 2062
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087471984

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 乙一さんのデビュー作。
    これはかなりやるせない気持ちになった。死体の視点から物語が語られるのは面白いが、他の登場人物(弥生、健、緑)が救いようがない酷さ。子供のくせに!早く見つけて!と思いながら読み進めたのに、結局その想いは届かず。(当たり前か…(^_^;))
    読後の気分の悪さが半端じゃない。

  • 量が少なく1日で読了。
    内容はまぁまぁ。あっと驚くような展開ではなかった。
    ちょっと期待はずれ。

  • これがデビュー作かぁ...。そもそも最初の小学生の対応があり得ない。何も反応することなく、妹の不始末をあっさりと受け入れ、淡々と行動...できる訳ないのに...。緑さんの最後の行動にぞわっとしたが、うん、これはないな...。

  • はじめて読んだのは
    中学生くらいかな

    ラストにぞっとする

  • ブックオフで100円購入。
    石垣に登ろうとどーしたこーしたの部分はすっ飛ばした。なくてもいいあそこは。
    一冊丸々の物語かと思ったら二編収録されててびっくりした。
    緑ちゃんが彼らの犯行を知っていたというところから面白くなってきたぞとワクワクしたのに。
    どんでん返しでもなんでもない。

    「夏と-」の次に収録されていた「優子」の方が面白かった。
    愛する妻を亡くした悲しさのあまり、人形を妻だと思い込んで話をしている政義を救おうと清音は人形を焼くが、人形だというのが清音の妄想というあたりがなかなか。清音の狂気も垣間見える。

    書評は十二国記の小野不由美さん。「夏と-」の書評をしてらして、書評だからあたりまえだけどべた褒めで、それはないよ不由美さんって感じだった。「他の人もこう言ってた」なんてさ。これを書いたのが16歳の高校生だったからって、「16歳の割には」っていう前提があっての評価じゃいけないと思うのだ。

  • 語りがしたいとなった私視点なため、そこに叙述トリックでもあるのかと楽しみに読んでいたが、特に何もなかった。

    綺麗な従姉妹のお姉さんもサイコパスで、見つかってしまったと思ったら死体の処理を助けてくれた。

  • 主人公である兄妹の秘密に誰かが近づく度、ギリギリのところで回避されるといったパターンが多すぎてチープ。そのギリギリのシーンも著者が意図しているほどの臨場感が出ていなくて残念。
    最後も『どうして彼女が?』の疑問が残るだけで腑に落ちない。説明不足と布石のあからさま具合がマイナスポイントでした。
    同じ本に収録されている『優子』の方が短編と割り切れる分、面白さがあった。

  • 死体からの視線での話、というのは少し面白かったが、ミステリーとしてみるとそこまで面白くはない。
    あとがきで絶賛されているのでミステリー作家の方たちとは少し感覚が違うのかなとも思った。

  • 乙一デビュー作、最後に短編、十代だから褒められただけでどうでもいいわ

  • 緊張感がある場面が多い、というか多すぎたかな。見つかりそう!でも見つからない!という同じ展開が多くて 結局大丈夫なんでしょ、と思いながら読んでしまった。
    妹の不安感や緊張感が伝わったきて読みながらドキドキ。けど兄と妹には共感もしないし応援もする気になれず。どうせなら最後兄と妹も五月と一緒に遊んでて欲しかったなぁ。
    オチを序盤で察してしまったため、正直結末は大した驚きがなかった。とはいえこれを16歳で書くなんてすごい。
    ……………
    優子
    面白かった。最初優子は人形なんじゃないか、政義がおかしい!と思わせておいて、結末はベラドンナを食べて正常な判断ができなくなった清音が人間である優子を人形だと思い込んで焼いてしまった。おかしいのは清音だったのか!

    いや、でも、もしかしたら …優子はやっぱり人形だったのでは?
    半年前までメイドしていた静枝が二人目の妻の優子を知らないのは変だし、肺結核だと医者にも全く見せないの?
    政義も清音も実は二人ともせん妄状態なのでは?
    認識の仕方は一様ではなく、人形を人形と認識することもあれば、生物を人形と認識する(清音からみた優子・猫)、人形を生物と認識する(政義からみた優子、清音からみた父)、いろんな認識の仕方があるようだ。
    そう考えながら、最後の精神科医とのやりとりを読み返すと、医師は政義の妄想に合わせて会話を進めている…ような気がする。

著者プロフィール

乙一(おついち)
1978年福岡県生まれ。山白朝子(やましろ あさこ)、中田永一(なかた えいいち)の別名義で執筆する小説や、安達寛高(あだち ひろたか)という本名名義で脚本を記すこともある。
1996年に『夏と花火と私の死体』で、第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞してデビュー。
2003年『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞受賞。2012年、『くちびるに歌を』(中田永一名義)で第61回小学館児童出版文化賞。
代表作として、映画化もされた本屋大賞ノミネート作『くちびるに歌を』のほか、『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない CALLING YOU』『失はれる物語』などがある。作品の多くが漫画化、映画化された。

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)のその他の作品

乙一の作品

ツイートする