おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)

著者 :
制作 : 志田 正重 
  • 集英社
3.45
  • (222)
  • (338)
  • (944)
  • (57)
  • (10)
本棚登録 : 3305
レビュー : 225
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087472028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浪人時代に友人に勧められた本。
    まぁ、若い人はこう言うのが好きなのねって感じ。
    個人的にお勧めする本ではない。

    尚、きっと面白くなるだろうと一通り読んでみたけれど、最終巻まで読んでも個人的にはアウトでした。

  • 一応続きを買ってみたものの、評価は変わらず。
    シリーズはまだ続いているが、さすがにこれ以上読む気は起きなかった。

  • 途中放棄します。
    マネージャーとの誤解は解けて、仲直りしたところで「おいしいコーヒーの入れ方」は終わりにする。

    この流れでダラダラ巻数だけを重ねるのか…。
    と思ったら読む気が失せた。

    たぶん続きを読むことはないだろう。

  • こういうシンプルなタイトルは好きなんだけどな。息抜きにちょうどいい一冊。

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)のその他の作品

村山由佳の作品

ツイートする