R.P.G. (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.21
  • (230)
  • (677)
  • (2347)
  • (297)
  • (49)
本棚登録 : 7859
レビュー : 713
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087473490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スピンオフだったせいだろうけど、これ単品では読んでいて非常に気が散ります

  • ひと幕の舞台劇を見ているかのような作りと感じました
    ストーリーや今回の主要人物がテンプレ的で、ちょっと残念
    それで過去作のを登場させているのかなと

  • ◆思いっきりネタバレがありますので未読の方はご注意ください


    なんだかきちっとくみ上げられた積み木みたいなのだが、その設定が災いしてか、登場人物がいまひとつ活き活きと動いていないように感じる。「R.P.G.」というタイトルも、みんながそれぞれ役割を演じているということだろうか、随所に演技に関連する描写が出てくる。一美が怪しいというのはもちろん途中でわかってしまったし。まあ、事情聴取に呼ばれていた「家族」というのがすべて警官の演技だったというのはけっこう「やられた」というかんじだったが、「お母さん」を演じていた女性へのメールが実はA子宛のものだった! というところはその重要性がピンとこなくて「?」だった。たしかに今の家族が抱える問題をはらんでいるのかもしれないがそのあたりもいまひとつピンと来るほどでもない。『模倣犯』ではあれほど家族の心情がくっきりと描かれていたのに。まあ、文庫書下ろしということでページ数の制限などもあったのだろうが。

  • ネットの世界 嘘と真実 現実社会で得られないものがネットの世界で得られるとしたらそれも然り。

  • 「火車」以来、久々に読んだ宮部みゆきさんの作品。
    友人からの勧められて購入、読了。

    うーん、正直まあまあだったかな…
    ミステリー作品として、このくらいの驚き具合の作品はもう読み飽きたかなぁという感じ。

    「RPG」という名前も含めた、どんでん返しのプロットだけでは良作とも思えず…
    かと言って、ネット上での仮装家族という設定、人間模様だけでは面白いとも思えず…
    どっちも中途半端な作品だったかなぁという感じ。
    おそらく、作者としては前者をメインにした作品だとは思うのだけれど。

    2001年の作品としてはそこそこ新しかったのかな?
    ある程度小説を読み慣れた人には、少し物足りなさが残ると思う。

    <印象に残った言葉>
    ・ちか子は心のなかで呼びかけた。集中治療室に横たわる中本の様子は、どうしても想像ができなかったから、捜査本部の呼び出され、初めて中本に会って、彼の説を聞かされたときのことを思い出し、そのときの顔を思い浮かべた。お見事でした。(P231)

    ・彼らは本物じゃないよ。あれもお芝居だ。(P285 武上)

    <内容(「Amazon」より)>
    住宅地で起きた殺人事件。殺された男性はインターネットの掲示板上で「疑似家族」を作っていた。殺人に関わりが? 虚実が交錯し、見えてきたものは…文庫書下ろしミステリー!

  • ネットに癒やしを求める事は、悪い事では無いと思うけど、自分の家族と向き合わない父親はどうかと…。何か後味が悪い作品でした。自分が感情移入出来る登場人物が居なかったからかな。

  • 手放し本。

  • 普通のミステリーの様に誰が犯人なんだろうっていうわくわく感は薄かったかな。淡々とページをめくりあー、この人が犯人かなーった途中で気づく感じ。犯行の動機もあまり共感できなかった。まあ、私だったら正直怒らないかなって。一番感情移入したのは所田春恵さんかな。

  •  ネット上で疑似家族の中で「お父さん」を演じていた48歳の所田良介が殺された。というところから始まる、舞台劇のようなミステリー。
     友人から勧められて読んだが、警察署の中でほとんどやり取りして、色んな刑事が出てくるが、どれがどれなのかよく分からず、さらに、事件自体も思ったよりも地味でよく分からず、さらになかなか展開せず退屈だった。最後にどんでん返しが用意されているが、どんでんという程、興奮するようなストーリーではそもそもないので、種明かしをされても、ふーんという感じで終わってしまう。こういう地味なのはおれは苦手だ。(13/11/03)

  • レベル7みたいな感じで
    最後のどんでん返しが面白い。

    人に思いいれはできなかったー。
    不倫男、それを許す妻。
    不倫男に群がる女たち。。。

    でも石津ちかこさんの言葉遣いが勉強になった。敬意を言葉で表すのってだいじ。

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

宮部みゆきの作品

ツイートする