愛しても届かない (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.23
  • (37)
  • (82)
  • (315)
  • (38)
  • (5)
本棚登録 : 1016
レビュー : 125
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087473797

作品紹介・あらすじ

「恋」という魔物にとりつかれた女は、ときに、自分自身でも思いがけないことをしてしまう。七々子の場合がそうだった。好きになった彼にはすでに恋人がいた。あきらめきることができない七々子のとった行動は、彼の恋人、美咲に近づき、友達になることだった。嘘をつき、おとしいれ、そうまでして手に入れた恋。一途に思う心には偽りはなかったはず、だけど…。女心の深淵をえぐる恋愛長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きになった人には彼女がいた。あきらめられない彼女は、彼の彼女と友達になって、陥れる…。女心の深淵をえぐる作品…恐ろしい。

  • あえて誰が悪いかをあげるなら主人公以外にありえないのですが、この時の主人公にはそれ以外の選択肢はなかったんだろうなあ。切ない。

  • 女の人って怖い~けど共感できちゃう所もあって結構スラスラ読めました。

    彼氏持ちの主人公が飲み会で彼女もちの男の人に一目ぼれして凄い時間をかけて略奪するみたいな話

    付き合うってなんなんだろうとか人を好きになるって幸せな感情と一緒にマイナスな感情も連れてくるんだなって思った。唯川恵さんの作品って女の人の本音みたいな部分をストレートに表現できてる所がやっぱり好きだなぁ。

  • 多分女子なら多少みんなわかるんじゃないだろうか。

    理屈よりも直感信じちゃうからやっかいだ。
    理屈なしで直感信じれちゃうからやっかいだ。


    これが20代前半でよかったねと思う。
    30手前じゃ痛いよ、と27の自分は思う。
    やってることあんまり変わらないくせに。

    大事にされないのは自分も大事にしてないから。誠実じゃないのは自分も誠実じゃないから。

  • 解説を 田中雅美 が書いている。
    「生活の場所で感じるさまざまなおもいをしっかり把握して,小説というかたちにしてくれる」

    たしかに、等身大という言葉が、唯川恵にはふさわしいかもしれない。

    「生きかたというものをあらためて考えさせてくれた小説である」

    場合によっては著者の分身が、場合によっては著者が選ばなかった道を進んだらどうなったかを。

    すざましいが、最後は届かなかった。
    途中で届いたならいいと思うか、
    届いたのにそこから離れるのが辛いと思うか、
    ひとそれぞれなのだろう。

  • 唯川恵の作品が好きだ。と、思っていたけれど、
    あれ、そうでもないかも、と思わされる一冊。
    ここ最近、彼女のいい作品に出合わないな。

    中途半端なおとことおんなの、生ぬるい恋愛ごっこ。

  • 唯川恵さんの作品の中で、これが一番好きです。

    初めて読んだ唯川恵さんの本がこの「愛しても届かない」
    これをきっかけに唯川さんの本にハマりました。

    主人公にはあまり共感できなくて、
    この人面白いことするなあと言う感じで読みました。

    彼女がいる男の人を好きになったら大変です。
    普通なら、彼女がいると分かった時点で身を引くものですがね。

    まあ男も男ですよね。はっきりしない。
    この主人公が惚れる男も嫌いです。山に酔ってるなこりゃ。

    一番正しいのは、最初から付き合ってた駿の彼女でしょう。
    彼女はただただ可哀相です。人をイラっとさせるところはありますけど。

    結局、人の男を奪ったものの幸せになれなかった主人公。
    哀れです。しかし自業自得です。

    人の幸せを奪っておいて、幸せになれるわけがない!!

  • 読み終わった率直な感想は、『女って怖いなぁー』。

    でも誰かを好きになってしまうときって、理屈じゃないんだなぁってことは何となく共感できる。

    「たとえ世の中の全てを敵にしても構わないと思った。」
    そんな風に夢中になれるほど誰かを好きになれることは、凄いことだと思う。


    だけどやっぱり、女は怖いなーwww

  • どんどん引き込まれる書き方だった。
    ちょうどこの年頃の時って、仕事で認められたいっていう気持ちと
    将来を考えて幸せな結婚をして幸せな家族を持ちたいっていう気持ちのなかでグラグラ揺れる気がする。私は、だけど30を過ぎたら自分のほしいものがハッキリとみえてきたのだけれど、それまでは自分もグラグラしていたことを思い出して苦しい気持ちになった。
    そしてそのときの恋人は生涯忘れられない人になるのがわかる気がした。

  • 女って怖いわね。。系
    女子大生が主人公。彼女がいる人を好きになったので
    その彼女と同じファミレスでバイトして友達のふりして
    嘘ついて別れさせー彼女の座におさまりー
    でも社会人になったら元カノがまた現れて結局復習されちゃう話。

    因果応報。

全125件中 1 - 10件を表示

愛しても届かない (集英社文庫)のその他の作品

唯川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

愛しても届かない (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする