白昼堂々 (凜一シリーズ) (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.61
  • (202)
  • (173)
  • (478)
  • (30)
  • (3)
本棚登録 : 1680
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087473827

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蔵書。凛一に会いたくなって、久しぶりの再読。透明感があって儚くて、とても綺麗。

  • 正午くんとのやりとりで、彼が緊張しているのがわかって、いじわるで長引かせる凛一くん好きです。
    氷川くん、省子さんに千尋さん第一印象苦手な人だったけど、みんな好きになってしまった不思議。

  • シリーズ物だから絶対時間かかる、と思ってなかなか手を出せなかったのですが、なぜか最近よく耳にするので試しに読んでみました。
    意外と時間もかからず、さくさくと読めました。
    ストーリー的には・・・うーん、悪くは無いんですが・・・
    またこういう系統かあ、とはおもってもみたり。
    でも、長野さんの文章は、すごく独特で綺麗な感じがして好きです。
    それぞれのキャラクターがしっかりとしている点が魅力的でした。
    特に千尋さんが好きです・・・
    この人の作品に出てくる人はいつも魅力的だと思います。現実離れしちゃったような人もいますが。

  • 読んだことあると思ったんだけど後半の記憶がなくてもしかして初見なのかなとか思ってたら読みおわってた。
    例のごとく男同士のあれこれなわけだけど下品にならずに色気とか繊細さとかあっていいなー。
    正午がかわいかったのでシリーズ探そうかな。
    終盤の省子さんがすごくよかった……。

  • 私的好みでいうと凛一のキャラはあまり好きではありませんが、氷川と省子との一風変わった三角関係は面白かったです。
    登場人物のほとんどがゲイというのが、安っぽいBL小説風で少し残念。

  • 最初の部分は上海少年に入ってたもの。
    最初そのままかと思ったけど、加筆修正。

    BL

  • 先輩や当時尊敬していた人々に長野まゆみファンが多かったので読んでみたのですが、私にはあまりピンと来ず。その後ちょっとした悪戯心で祖母に手渡したところ、私よりよほど祖母のほうが気に入った様子。女性的な感性が読むのには必要なようです。

  • 装画、イラスト共に著者が描いてる。とても上手。

  • 「凛一シリーズ」第1巻


    中等部へ進級した主人公の原岡凛一は、自分を従姉と間違えてキスした上級生の氷川享介に一目惚れをしてしまう。しかし、氷川はノーマルであり、凛一は自分の気持ちを抑制して付き合うことを覚悟する。

    舞台は1976年の東京。初冬からに翌年の晩秋にかけて、2人の関係が深まっていく様子が描かれる。凛一本人にも決して上手くいくとは思っていなかった関係だったが、叔父の千尋や従弟の正午の登場により、恋の行方は思わぬ方向へ向かって行く……



    自分の感情を押さえ込み、状況や心境を冷静に捉えることが出来る凛一は人前では滅多に涙を見せない。非常に堅固な性格の持ち主だが、身体は脆弱であり、体調を崩して倒れると数日後に病室で目覚めるということもしばしば起こる。
    そんな彼の兄のような存在である千尋は、度々凛一の前に現れては意地悪をするが、氷川との関係を良好に進められるよう後押しをしたりと、良い仲介者でもある。

    氷川に気付かれないようにこそこそと話し合っている凛一と千尋のやり取りからは、好意や信頼関係も伺えてとてもすきです。凛一の考えていることは何でもお見通し。と言った雰囲気も格好良い。

  • 2016.6.22 読了

全179件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野まゆみ(ながの・まゆみ)
東京都生まれ。一九八八年『少年アリス』で文藝賞を受賞しデビュー。二〇一五年『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞。

「2019年 『掌篇歳時記 秋冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
長野 まゆみ
三浦しをん
あさの あつこ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

白昼堂々 (凜一シリーズ) (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×