エンジェル (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.18
  • (87)
  • (240)
  • (986)
  • (119)
  • (19)
本棚登録 : 2830
レビュー : 272
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087474763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 死者(魂?)の視点から自分の死の原因を探っていくという展開はなかなか面白いのだが、肝心のミステリープロットにあっと言わせるところが無いのが残念。主人公の過去についてはフラッシュバックの部分で丁寧に描かれている割に他の登場人物の描写が浅い。そのためか、周辺人物の(主人公の死にまつわる重要な)行動の動機づけにあまり共感出来ず、感動するべきラストシーンで個人的には盛り上がれなかった。

  • 一気に最後まで読める作品です。
    投資会社の若きオーナーが殺され、幽霊となって真相を追究する作品ですが、どろどろとした感じはなく、ストーリー展開も速く、すんなり物語の中にはいっていけます。幽霊の描写、ストーリーは、映画「ゴースト」を思い出しますね。

  • ファンタジーですね。

  • 殺されてしまった主人公がその理由を探していく話。読みやすくて次の展開が気になる話。

  • 私が今まで読んだ石田衣良作品とはかなり違ったタイプだった。
    こういう作品を書くとは意外な感じ。もしくは、今まで持っていたイメージが間違っていたのかな。
    でも、数冊しか読んでないし、たまたま偏ったタイプしか読んでなかったんだなぁ。
    それに一人の作家が書くタイプを固定しちゃうのも失礼な話か。

    そういえば、姪が本を借りに着た時、乙一さんと石田衣良さんを選択していた。好きな作家だって。
    どうしてそういう組み合わせなんだろう?と思ったけど、もしかしたら姪は石田衣良さんのこの作品から読んでいたのかもしれない。それなら、なんだか納得できる。

    主人公は、自分が死んでいることに気付いた。
    目の前にある歯がぐちゃぐちゃになった自分の無残な死体は、何故埋められてるのだろう。何故自分は死んだのだろう。
    死ぬまでの2年間の記憶が欠落していて思い出せない。
    幽霊の主人公が自分の死の謎を追求する。

    私の石田衣良作品ランキングで1,2位をつけるくらい好きな作品。
    他の長編も読んでみたいな。

  • 幽霊になっても会いたい人がほしいと思った

  • 投資会社のオーナー純一は自分の死体が埋められていくのを幽霊となって眺めていた。
    何故自分は殺されたのだろうか、何もわからないままフラッシュバックのように今までの人生を駆け抜ける純一、しかし自分が殺される前2年間の記憶がすっぽりと抜け落ちていた。
    記憶にない2年間。調べるうちに純一は自分の会社が新作映画製作に巨額の投資をしていることを知る。これ怪しく思った純一は、わずかな手がかりから幽霊であることを頼りに真相に迫ろうとするが・・・

    出だしから幽霊となっている純一、主人公が幽霊という状態だが、荒唐無稽という感じはせずスムーズに入っていけた。
    幽霊である特権を活かして、純一が知りうる情報と読者のそれとが同期しており、真相へ至る理解度を主人公と共に深めていくことができるのは良い点だったと思う。

  • 石井さんらしいとても素敵な小説でした。個人的には、高梨さんが完全な悪、という訳ではなくてほっとしました。

  • この人のさらりとした、状況は目に浮かぶけれど生活感のない、生々しい熱情のない文体に、これほどマッチする小説があったとは、と言いたい。

    へたにドロドロしたものや青春ものを書いても、さらりと読み安すぎて残らない。
    そんな作者の立場と言うかスタンスそのものである「殺されたぼく」が主人公の小説。

    「何故ぼくは死んだのか?」
    死んでからの生とでも言うべき生活を、主人公が送る。
    その描写がとてもさわやかで色鮮やかである。そのイメージが死んでいるがゆえに制約もなく自由で楽しい。

    あたり前のことをうまく説明する作家だけど、そのあたりの制約を外した描写も面白いと思った。

  • ゴーストのようなファンタジー系かと思って読んだら、意外にミステリー色が強かった印象です

全272件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

エンジェル (集英社文庫)のその他の作品

エンジェル 単行本 エンジェル 石田衣良
エンジェル (集英社文庫) Kindle版 エンジェル (集英社文庫) 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする