エンジェル (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.18
  • (87)
  • (240)
  • (986)
  • (119)
  • (19)
本棚登録 : 2830
レビュー : 272
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087474763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんで自分を殺した女性のために純一は死後の命を捨てて彼女を助けたんだろうと思ったo
    胸がうちひしがれる思いでしたo
    純一には死の生をもっと生きていて欲しかったですo

  • 物語の主人公が、「自分が死んだ」ことを認識したところからストーリーは幕を開ける…。

    一体、何のために自分は殺されたのか?!
    自分の生前の記憶はどうなってしまったのだろうか。
    そして、事件の真相、真の犯人とは・・・?
    さまざまな謎に立ち向かって行きながら、あらゆるところで様々な人間のストーリーが巧妙に進展していきます。
    読み終えたときには、気付かずに泣けていましましたね。
    それほど、良い意味でショックを受けた深い、作品です。

    石田氏の物語は興味深いものが多いですが、これは其の中でも1〜2を競ってお勧めしたい1作品です。

  • 石田衣良のエンジェルを読みました。何者かに殺されてしまった主人公が、幽霊になった状態で自分がなぜ誰に殺されたのかを推理するというミステリでした。幽霊の能力や主人公の感じ方がさもありそうな描写になっていて違和感がありません。物語はよくできていましたが、結末はちょっと納得できませんでした。

  • スローグッドバイがよかったので探してきて読んだ。「池袋ウエストゲートパーク」の原作者だったのか。なるほど!というかんじ。文が計算されてるなぁというかんじ。芸術だな〜。引き込まれて一気に読破!

  • 物理的な力を発揮できないはずの霊が車にしがみつけるのは何故? 設定に無理がある。

  • 石田衣良っぽくない文章、でも構成も見事。終わり方にうなった。ナルホド!

  • 読書感想文のために読んだのですが、話の内容が深くてとても面白かったです。

  • [スローグッドバイ]を気に入ったので、物語のあらすじを読んで購入決定。
    久々にこんなに泣いた本に出逢ったなぁ。

    個人的には、主人公と弁護士さんのやりとりがすごく好き。初めて姿を見せた瞬間なんて、号泣。
    主人公が父親と絶縁しなければ、あるいはあの時戦っていたのなら、この結末にならなかったのかもしれないと思うと淋しい。
    誰もがほんの少しずつワガママを通しただけなのに、それがこんな結末しか産まなかったのかと思うと辛い。

  • 前半部分を読んでいて、今回はまぁ、三ツ星ぐらいかな、と思っていました。
    いやいや。後半を読んで。おみそれしやした、今回も五つ星付けさせていただきます。始から飛ばしすぎないところが、後半で熱くなる、純一の「死後」の世界を生き生きと物語っている。誰のためにも生きなかった生きていた時、誰かのために死んでいた時、その差が伝わってくる。
    ストーリーは勿論、石田さんの小説は、文章が意味の分からない洋楽みたいに心地いい。日々の鬱々としたやり場のない気持ちとかを消化させてくれる。時代の流れに乗ってるし、「エンジェル」にしても「うつくしいこども」にしても救いようのない話なのにただ暗いだけに終わらない。
    引き込まれずにはいられない石田ワールド。
    明日はIWGP「骨音」をひらこ。
    明日が楽しみでしょうがないよー。

  • 相変わらず優しい優しい物語。
    お金が絡んだり人物が一瞬誰かわからなくなったりしてしまいましたが、こんなに「愛する」ことに関して忠実に書く人はいないなと。
    かゆかったり、上っ面という感じがしない。
    全てわかっているのに誰も憎まない、そんな本です。
    読み終わった後は人当たりが良くなります。

  • 斬新というか、こういう展開の話って読んだことがなくて驚きというか衝撃だった(と思う)。
    幽霊ってこんなこと考えてんのかなぁ…なんてちょっと考えたりもしました。

  • 主人公が死んだ後の話だから、なんとなくつかめない。面白かったけど!!

  • 一歩間違えるとハリウッド映画のような、そんな設定の作品だけど、しっかり石田衣良。死後の記憶を失くした主人公が自分の死んだ原因を追い、それに伴い自分の人生の中「知らなくてよかったこと」に気付いていく。後半の疾走感は読んでいて気持ちがいいし、ラストは胸が痛くなるほど切ない。

  • SFとか非現実系はあまり好きじゃないんだけど、これは面白すぎる。石田衣良は好きなのでほとんど読んだけどその中ではダントツでこれが一番面白いと思う。

  • すっごい殺され方して幽霊になって、なくした記憶を辿りながら、大切な人を守る話。
    優しいですよ。とっても。

  • 死後の生。ちょっと切ない。でも、「生きる」だけがすべてじゃないのかもしれないと、少しだけ思った作品。

  • ―もう一度すべてを始めるために、純一は跳んだ。

  • 死後の世界を舞台にした非現実さが実はリアル。人間の全てを見せられた感じがする。

  • 石田さんって、文章うまいなぁ。

  • 主人公は、何者かに殺されてしまった投資会社社長の掛井純一。<BR>
    彼は、何故自分が殺されたのかを探るべく、死後の世界を「生き」はじめる。<BR><BR>
    死んだ後の生活が結構楽しそうで、これなら死ぬのも悪くないかなという感じ。いや、実際死ぬのは嫌ですけど。<BR>
    犯人が誰なのかの謎解きも、読み手をハラハラとさせてくれるんですが、ラストにかけてはもう切なくて切なくて。<BR>
    掛井の最後の決断には、ただ涙です。

  • 幽霊になるとか設定はフィクション過ぎるのに物語に現実感を帯びさせる文章。不思議な後味のお話でした。

  • スローグッドバイがよかったので
    探してきて読んだ。
    「池袋ウエストゲートパーク」の原作者だったのか。
    なるほど!というかんじ。
    文が計算されてるなぁというかんじ。
    芸術だな〜。
    引き込まれて一気に読破!

  • 初めて読んだ石田衣良作品。
    ドラマやマンガでありがちなシチュエーションにも思えるけど、リアルに描かれている気がします。
    読んでいて、どんどんストーリーに引き込まれてしまいました。

  • 生まれる前の描写。子宮の中?神聖に、幸せにばかり描かれがちな「出産」を、あんなふうに描けるのはこの人だけかもしれない。新鮮だったけど、全体的に苦しい気持ちにばかりなってしまった。

  • 僕は、石田さんが好きではないと思った。この作品で。「池袋ー」のほうがまだ良かった。なんだか主人公が石田さんな気がする。読んでるとね。良くも悪くも。

  • 自分の場合、購入本の選択は、作家名とタイトルだけの場合が多いのですが、本書もそうでした。<BR>
    まさか、エンジェルが幽霊をも意味していたとは。最初の50ページあたりまで、何がなんだかわけがわからなくて、これがあの石田衣良の小説か?!という印象でした。そこで、たまらず裏表紙のあらすじを読んで、ようやく納得。<BR>
    最後まで読むと、ああ、やっぱり石田小説。。。となっていました。<BR>2005/4/27

  • 幽霊の存在を美しくそして切なく描いた作品。裏切りや策略と言った人間の欲望を覗き見るようなスリル感を存分に描ききっている。

  • なんかフワフワした感じ。
    リアルにかけるけど文章は上手いです。

  • エンジェルという題名がこういう意味なのか、という点では興味深い内容でした。やっぱり石田氏はファンタジー系は、あまり得意ではないのかも?

  • 死後の世界、なんです。次々に空白の時間が解明されていく、悲しいお話でした。最後は感動的でした。

全272件中 211 - 240件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

エンジェル (集英社文庫)のその他の作品

エンジェル 単行本 エンジェル 石田衣良
エンジェル (集英社文庫) Kindle版 エンジェル (集英社文庫) 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする