エンジェル (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.18
  • (86)
  • (240)
  • (985)
  • (119)
  • (19)
本棚登録 : 2826
レビュー : 272
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087474763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 設定も面白いし、展開も読ませるけど、ラストかわいそうすぎる。
    主人公の元恋人まで悪者にしなくても・・・ていうか最後の最後で彼女を浅はかな女として最後に下げなくてもいいんじゃないかと思ってしまう。
    つきおとすだけつきおとしといて最後も微妙なストーリー。

  • 石田さん

    自分はあまり入り込めなかった本

    けど発想はやばいとおもいます

    最初がちょっと
    現場を想像しにくくて
    途中から
    やっとついて行ける感じだったはず

    石田さん

    好きです

  • 投資会社のオーナー・掛井純一はある日、何者かによって殺されてしまう。しかし、彼は幽霊となって蘇ったのだった。彼は、自分の死の真相を知るために、ある新作映画への不可解な金の流れを追い始めるという話です。
    読みやすかったです。

  • 死んだ男が、死後、魂の存在となって生や死について思う話。
    主人公は殺され、魂となった後は過去2年分の記憶を失っている。
    その2年の空白について調べだす。

    ついつい推理モノのつもりで読んでしまうと、そこまでややこしく作って
    くれてはいない。主人公の思ったことや彼のとった行動、コミュニケーション、
    そういうところを読むのがいいのだと思う。
    結末に意外性はほぼない。
    それでもそれなりに面白く読めたかな。

  • 【あらすじ】
    投資会社のオーナー掛井純一は、何者かに殺され、幽霊となって甦った。死の直前の二年分の記憶を失っていた彼は、真相を探るため、ある新作映画への不可解な金の流れを追いはじめる。映画界の巨匠と敏腕プロデューサー、彼らを裏で操る謎の男たち。そして、一目で魅せられた女優との意外な過去。複雑に交錯する線が一本につながった時、死者の「生」を賭けた、究極の選択が待っていた―。

    【感想】

  • おもしろかったんだけど、ちょっとスッキリしない。

  • 同作者の別作品で ラストの盛り上がり部分で肩透かしくらってた事があり、
    期待はしてませんでした。
    シンプルすぎるありふれたタイトルにも 正直もっとひねれないのか?と
    あまり進まない気持ちで読み出しました。
    おもいろい!・・・と言うよりは 読みやすかった本。
    死後の世界ってことでワンパターンな展開・二番煎じで面白み新鮮さにかけてる

    2年間の記憶がなくなっていた理由には少ししんみり。
    心に残る言葉は捜せなかったのですが
    移動時間や頭使わず読める本をお探しの方はどうぞ。
    これっぽっちも おしゃぶり咥えたチビ閻魔に霊界探偵頼まれたり
    暗黒武術会に匹敵するようなバトルはありませn

  • 幽霊の回想から、
    幽霊の復讐と、
    幽霊の真相探し、
    幽霊の終わり方。

    死んでやっと目標を見つけた?
    死ぬってどういうことなんだろう。

    悲しいミステリだけど、
    充実した最後の時間を過ごせたことは幸せなのかな。

  • 殺された主人公が、幽霊になって、自分の死の真相を探るお話。

    石田衣良さんの本は初めてでしたが、文章のテンポが良く読みやすかったです。さわやかな文章って感じかな。
    最近、自分の予想を気持ちよく外してくる小説ばっかり読んでたので、ストーリー的に驚きは少なかったです。
    正直、読了直後はピンと来なかった。

    ただ、思い返してみるとこの本の読みどころはそこじゃないよね。
    心を開かず一人で生きると決めたのに愛した男、子の為、兄弟の為に色々なものを犠牲にした男達。
    キャラの人情味とストーリーが、やるせないけど、この世界もそんなに悪いもんじゃないと思わせてくれます。

  • 石田衣良作品の中で一番好き
    石田さんの文章は
    自分と相性が悪いんだけど
    この作品だけは一気に読めたし楽しめた

全272件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

エンジェル (集英社文庫)のその他の作品

エンジェル 単行本 エンジェル 石田衣良
エンジェル (集英社文庫) Kindle版 エンジェル (集英社文庫) 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする