エンジェル (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.18
  • (86)
  • (240)
  • (985)
  • (119)
  • (19)
本棚登録 : 2826
レビュー : 272
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087474763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幽霊になったら仕事もせずに好きなところに好きなだけ居て好きな事ばかりやれるのは良いなぁと思った。



    主人公の純一は謎の男二人組に自分の死体が埋められているのを見ていた!
    という事で主人公は幽霊という設定!因みに純一には死ぬ前の2年間の記憶が無い。

    自分が何故死んでしまったのか?この謎を解くために幽霊は幽霊なりの能力を使って真相を探っていく。

    有名映画監督の作る映画と無名の美人女優、ゲームへの投資と主人公の過去などが複雑に話に絡み合う。

  • 幽霊になってしまった男の話。
    幽霊の先輩に、いろいろ教えてもらう。

    他の幽霊も、けっこういますよ的なお話があったかと思うのですが、あんまり幽霊は出て来ませんでした。
    これは、主人公が積極的に、幽霊とはかかわらなかったというだけのことかも。

    幽霊なのに記憶喪失という設定が効いています。

    なんか、悪役もみんな、それなりに魅力的ですよねぇ。主人公自体も、彼女を守りたいと思ってはいるけど、それほど悪役に憎しみを持っていたり、復讐をしたいと思っているわけではない。それよりは、淡々と真実を知りたいというのがあります。

    その淡々としたところ、でも、不思議な泥臭さはあって、石田 衣良の書く物語は、なんか人が生きているなぁという感じがします。

    ラストのどんでん返しも、でも、聞いたらものすごくなっとくした。
    それでも、それでも、その中に「本当のこと」も、「優しさ」もあるのだなぁと。
    それでも、「大事」なのだなぁと。
    そして、それは彼の初体験での出来事へのメッセージでもある。

    良い話です。

  • 死後の世界
    彼女を守るための死者としての戦い

  • エンジェルファンドの投資家である純一が事件に巻き込まれて殺され、本当のエンジェルとして恋人とその生まれてくる自分の子を守るお話。
    死後の世界からの復讐の話ではあるが、あまり恨みがましくなく、淡々と死後の世界を愉しむ純一。純粋なキャラクターだった。こんな死後の世界があるなら、楽しいなと思ってしまう。

  • 推理小説というカテゴリーで良いのか?まあ、小説をあえてカテゴリー分けする必要も無いのだが・・・
    読み始めてしばらくは、何を言っているのかわからず、夢の中の話かとおもいきや、途中から現実世界とシンクロし始め、話に引き込まれる。
    ただ、最後まで読む前に、なんとなく、先の筋書きが読めてしまったのが残念。

  • 切ないね

  • エンジェルはなぜ殺されたのか?
    少しずつ謎が明らかになっていく痛快な一作。

  • 石田衣良読みたくてとりあえず手に取った娼年に続く2冊目の本。
    これが初めてのミステリー的な本かも。
    なんか難しくって、読むのめっちゃ時間かかった気がする。
    とりあえず死んでから事件の真相追ってくっていうのが面白いって
    当時は思ったけど、でもいろんな本読んでくうちに気付いたけど、
    死んでから事件解決するのってミステリーではよくあるパターンなの?
    しかしあの妊娠してたのはちょっと泣きそうだった。なんか光ったみたいなやつ。

  • 作者には珍しいファンタジーもの。
    こういうのもアリかも。意外とおもしろかった!

  • 切ないけど、けっこう好きだよ。

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

エンジェル (集英社文庫)のその他の作品

エンジェル 単行本 エンジェル 石田衣良
エンジェル (集英社文庫) Kindle版 エンジェル (集英社文庫) 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする