エンジェル (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.18
  • (87)
  • (240)
  • (986)
  • (119)
  • (19)
本棚登録 : 2834
レビュー : 272
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087474763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何者かに殺され、魂だけがこの世に漂う主人公。
    産まれてからの自分自身がフラッシュバックされるが、何故自分が殺されたのか肝心のところが思い出せない。
    魂となった自分が霊としての能力を身につけながら真相を探し出す。
    前半は、霊として夜の闇を移動していく主人公が言葉を伝えたり、自分を映像化したり、能力を磨いたり、ワクワクする展開で面白かった。
    でも、後半は殺しに関わった人達も主人公も、やること考える事、結末も雑すぎて残念ー!!

  • 死んだ後に幽霊となって甦った純一。生まれた時から青年期までの過去に立ち会う幽霊となった自分。死んだ今となってわかることもたくさんある。しかし、死ぬ前の2年間の記憶が全く無い。どうして殺されたのか?誰に殺されたのか?ミステリー仕立てで興味深く読んでいける。プロローグとエピローグがうまいなあと思った。

  • うーん、あまり響かず。

  • 幽霊となって自分が殺された原因を知る。
    ありがちではある設定。

    後で違うとは知るが、殺した犯人を知っているのに
    怒らないのがすっきりしないな。

    弁護士、父親との関係が後半はのめりこめないまま、
    真相を語る人の話しが長い。

  • サスペンス(?)

    投資会社の若きオーナー純一は何者かに殺され幽霊となって蘇った。死の直前の二年間の記憶を失っていた彼は真相を探るため、ある新作映画への不可解な金の流れを追い始める。
    映画界の巨匠と敏腕プロデューサー、彼らを操る謎の男たち。そして一目で魅せられた女優との意外な過去。
    複雑に交錯する線が一本につながった時、あまりにも悲しい真実が彼を待ち受けていたー
    (裏書より)

    久しぶりの石田衣良作品。
    文章は綺麗で好きな作家さんですが、今回作は微妙。ゴーストってのがちょっと…

  • この人の女性観がいまいち好きになれないんだよねー。
    バブルのかほりがなつかしい。

    記憶喪失の幽霊っていうのがちょっと面白かった。
    あとはまあ、ゴーストだ。

  • う~ん。
    面白くなかったの一言。
    残念です。

  • 内容は悪くないけど、なぜかすっきりしない。
    どの人物にも(主人公にさえ)良くも悪くも、感情移入できない。

  • もしかして、昔読んだことあるかも…
    この人の本は、少年を描いたもののほうが好きだな。

  • 殺されて幽霊となった男が、失った2年の記憶をたどっていく物語。

    幽霊という設定にうまくなじめなかった・・・
    でも石田衣良さんの作品は、文章がすき。
    最後はちょっとせつない。

  • アイデア的には自分の好みの感じでしたが、文体が自分には読みにくく、最後に明かされた真実も予想通りで消化不良な感じでした。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    投資会社のオーナー掛井純一は、何者かに殺され、幽霊となって甦った。死の直前の二年分の記憶を失っていた彼は、真相を探るため、ある新作映画への不可解な金の流れを追いはじめる。映画界の巨匠と敏腕プロデューサー、彼らを裏で操る謎の男たち。そして、一目で魅せられた女優との意外な過去。複雑に交錯する線が一本につながった時、死者の「生」を賭けた、究極の選択が待っていた―。

  • うーん、好みの話なんだが、文体の修飾がくどくってナルシスチックで苦手かも。話自体はまあまあ面白いんだけど。

  • 読みやすい。面白いが、のこらない。

  • 同作者の別作品で ラストの盛り上がり部分で肩透かしくらってた事があり、
    期待はしてませんでした。
    シンプルすぎるありふれたタイトルにも 正直もっとひねれないのか?と
    あまり進まない気持ちで読み出しました。
    おもいろい!・・・と言うよりは 読みやすかった本。
    死後の世界ってことでワンパターンな展開・二番煎じで面白み新鮮さにかけてる

    2年間の記憶がなくなっていた理由には少ししんみり。
    心に残る言葉は捜せなかったのですが
    移動時間や頭使わず読める本をお探しの方はどうぞ。
    これっぽっちも おしゃぶり咥えたチビ閻魔に霊界探偵頼まれたり
    暗黒武術会に匹敵するようなバトルはありませn

  • 2008/9
    いろいろなわけありの登場人物が絡み合うあるひとつの過去。主人公が幽霊となって、この糸をたどっていく、ミステリーとも言える小説。

  • ん〜・・・テーマは好きなんだけどなぁ。主人公のこれまでの人生をフラッシュバックさせてからの展開とか、ニクい構成もいいんだけど、なんというか「作られた」感が強い。人智や人為を超えて登場人物や物語自体が活きて駆け出すような瞬間をもっと感じたかった。個人的感想、主人公いい奴すぎ・・・人間臭い体温を感じないのは霊だからってだけじゃない、たぶん。語り口は湿度があって好き、とくに夜の情景描写。

  • 初めて石田さん作品を読んだ。さらーっと読めてしまうのがちょっと不満。
    最後の結末がちょっとつらしな、、実際幽霊で返ってこれたらいいなぁっと思った。

    次は池袋を読みたいところ・・

  • 主人公が既に死んでいるという内容は面白いのですが・・・石田衣良の小説の中では、あまり印象に残らなかった作品です。

  • 殺された男が幽霊になって真相を探る話。死者が主人公の話って、どうも私にはダメみたいで、はまれなかったです。

  • もう少し死者の特技を出して欲しかった。まぁこれでしばらくは石田衣良の作品は読まなくなるだろうケド、今後ともこの人には期待したい。

  • 途中まではおもしろかったけど、途中からは・・・心霊現象とか卑怯だ!と思わせない筆力が必要だ。

  • 幽霊になって自分の死体が埋められる場面を見た男。
    死の直前の二年分の記憶を失っていた男は,事件の真相を探る。
    謎は深くなく,ラストの展開まで読めてしまう。
    しかし,テーマと読後感は良かった。主人公の優しさ。
    誰にでも優しいと時に人を傷つけてしまうこともあるが,
    それでも優しさは大切にしていきたいと思う。

  • 読みやすい。けれど、随分ご都合主義だし、なんかダレてる。

  • 主人公が幽霊って言う設定自体が結構がっかりでした。あと映画が絡んでくると何となくわかりづらい。

  • 石田衣良の作品??
    って聞きたくなるほど、
    面白くなかった。

  • 物理的な力を発揮できないはずの霊が車にしがみつけるのは何故? 設定に無理がある。

  • 生まれる前の描写。子宮の中?神聖に、幸せにばかり描かれがちな「出産」を、あんなふうに描けるのはこの人だけかもしれない。新鮮だったけど、全体的に苦しい気持ちにばかりなってしまった。

  • エンジェルという題名がこういう意味なのか、という点では興味深い内容でした。やっぱり石田氏はファンタジー系は、あまり得意ではないのかも?

  • 読んでいる途中で、もういいかなー…という気分になり、邪道ながら結末を読んでしまったので読了していません。私はどうやら、石田作品は若者を書いているほうが好みらしい。

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

エンジェル (集英社文庫)のその他の作品

エンジェル 単行本 エンジェル 石田衣良
エンジェル (集英社文庫) Kindle版 エンジェル (集英社文庫) 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする