おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)

著者 : 村山由佳
制作 : 志田 正重 
  • 集英社 (2002年11月20日発売)
3.48
  • (201)
  • (270)
  • (797)
  • (36)
  • (6)
  • 本棚登録 :2713
  • レビュー :154
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475081

おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終わった
    村山由佳好きの友達が持っていたので借りて読んだシリーズ。

  • 読みやすい。人から勧めてもらったシリーズ。

  • 話の途中で出てくる洋楽ナンバーがすごくオシャレだ。
    2017年の今となっては、流行りの文体とは言えない表現だが、それが逆にタイムスリップしたみたいでおもしろい。

  • はじめ、ベタベタな少女漫画風だったけど、1-4ともなると大人の恋愛になってきましたかね。
    この二人の今後をもっとみていきたいという思いが強くなる第4巻でございました。

  • 良かったー!表情がわかるかのような文、簡潔でもどかしさの醍醐味を味わえた!
    わかる、わかる!ショーリの気持ちわかる自分。
    飽きがない

  • 福岡編と高校文化祭・スキー編。両編では雰囲気はガラッと違うが、それを生むのは嫉妬。醜くもある一方、明日に向かって前進するエネルギーともなる。今回は飼い馴らせない嫉妬の感情が二人、特にショーリを覆い尽くす。嫉妬すること、それを見られること、特に恋する人に見られることの恥辱に苛まれるところは痛々しくて見ていられなかった。

  • 2016.8.26読了。

  • 2012.9.24

  • 勝利の親父が再婚、しかも相手ら身ごもってて18歳近くも年下の弟ができる!?
    というところから第四弾が始まる。
    途中の、フレーズが心に残ったというか自分も頑張ろうと思った。

    **************
    なぜなら人は自分よりすべての点で劣る者に恋をし続けることはできないからだ。
    「私、ショーリがいないと何も出来ないような人間にはなりたくないの。もちろんショーリにも私を守る事しか頭にないような人になって欲しくないの。2人のうちどちらか片方でも、自分ひとりで立っていられないような人間だったらそんなの恋愛じゃないでしょ?弱い人が気持ちいいからって麻薬に頼るのと同じでただの甘えになっちゃうでしょ?成長するどころかどんどんダメになっていっちゃうでしょ?」

  • 「彼女の目を自分のほうに向かせておきたければ、僕はそれに値するだけのものをどんどん身につけていかなければならない・・・なぜなら、人は自分よりすべての点で劣る者に恋をし続けることはできないから」
    その通りだと思う。

全154件中 1 - 10件を表示

おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)のその他の作品

村山由佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
石田 衣良
宮部 みゆき
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする