• Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「特別料理」綾辻行人に出会えました。
    それだけで満足。
    あと、良かったのは「梅試合」高橋克彦
    「苦労判官大変記」清水義範

    鉄板の作家はイマイチでなじみの浅い作家に作品が
    気に入ってしまう。短編集はいいですな。

  • 「猫舐祭」と「特別料理」がおもしろかった 
    他はたまにイマイチなのが混じってたり、、

  • ひと昔前の短編を集めた短編集。印象に残ったのは、主人公が死んでしまうが読後感に何か温かいものが残った赤川次郎氏の「回想電車」、ノスタルジックな気分になった浅田次郎氏の「角筈にて」、この人らしい皮肉のきいた文章の清水義範氏の「苦労判官大変記」、結末が良かった清水辰夫氏の「プレーオフ」。綾辻行人氏の短編は結末はブラックなものだが文章に出てくるものがグロくて読んでいて不快になった。唯川恵氏の短編も結末はブラックなもの。全体的にあまり気分の盛り上がる短編は少なかったように思う。感想はこんなところです。

  • 人気作家の短編を集めた本。お得な気分になれます。印象に残ったのは、やはり普段から、よく読んでる作家さんの短編でした。でも、最近は読まなくなったけど、赤川さんの「回想電車」は好み。自分が関わった懐かしい人と電車の中で次々と再会する不思議で温かい余韻がある話だけど、ラストの現実とのギャップが哀しい。淺田さんの「角筈にて」もホロリとする良い話。登場人物みんな善良。捨てられても父親を探す主人公にジーンとしました。

  • 読み終わって第一声がしんどかった・・・・ だった。
    内容を全く見ずに、よりすぐりの秀作16編、精選、人気作家って文句で買ってみたけれど。
    全然読み進められない。
    なんでこんなに偏った選び方をしたんだろう…
    性格上途中で終わりにしてしまうことができず、かなりの時間が必要だった。
    不快なものがほとんどだったけれど、それでも不快な中にも素晴らしいなと思える作品はほんの少しあったので、おまけで星1つ
    しばらくは集英社の本は買いたくないと思った。

  • たかだか十数年前の本なのに古臭くて死にそうだった。連載当初に読めば楽しく読めていたはずなのに、時代の変化というものは恐ろしい。
    【追記】十数年前は発行日で、連載はもっと前で30年近く経ったものもあるとのこと。古臭いわけだな。

  • 20150501.

  • 読み始め…11.7.16
    読み終わり…11.8.14

    月刊小説誌「小説すばる」の過去に掲載された短編小説から選りすぐった秀作集ということだったので真夏の酷暑の凌ぎに気楽気軽に楽しめそうと思って選んだ本でした。

    すでに読んだことのある作家さん。大好きな作家さん。初めての作家さん...。とってもとっても期待がありました。

    だけど、、なんだかどれもピンときませんでした。ごめんなさい~。

  • (^.^)

  • 作家陣の豪華さに惹かれて手に取った一冊。

    難しかったり、後味悪かったり、いろいろありますが、
    この中の作家のどの作品を読んでみようか、楽しみが広がりました。
    時代小説が好きなので、おすすめは、清水義範『苦労判官大変記』、他のパロディも見たい。
    高橋克彦『梅試合』は、仕掛けがおもしろかった。

全86件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

赤川次郎の作品

ツイートする