• Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編工場と同じ、小説すばるに載った短編アンソロジー。
    それぞれ味がある。

  • どれもやっぱり面白い、けど全体的に切ない。

    猫舐祭、苦労記のような奇想天外な妄想ファンタジー系から、
    いるか療法
    さよならキリハラさん
    といった自身を振り返れるような癒し系のお話し、
    回想列車、盛夏の毒
    男女の恋の美しさ、
    嫉妬憎しみからの復讐、
    特別料理、青の使者
    怒涛のオチ付きのお話。

    そんな中で38階黄泉の国が印象的だった。逆に終わりが以外だったというか。

    現世で結ばれなかった二人の魂が、死後思い出のホテルに閉じこめられる。望んでいたはずの二人だけの永遠の世界。しかしいざ過ごすとすれ違いや嫌悪感によって、一緒に過ごすことが徐々に苦痛にかわる。恋愛特有の美化フィルターは会えないときほど効力を発揮し、向き合うときには落胆を生む。
    永遠に結ばれる美しい設定の中でのリアルな男女の姿が面白い。

  • いまいち。何編か、どうしても読めない、読もうと思えない、のがあって全体的に印象も薄いです。短編工場の方がお薦めしたい。

  • 入院中
    読む本無くなったので、仕方無く手に取る
    とにかくほぼくだらない
    これで「短編復活」ってどういうこと?逆におとしめてるよ

    赤川次郎〜星2
    浅田次郎〜星2
    綾辻行人〜読む気しない
    伊集院静〜読む気しない
    北方謙三〜星2
    椎名誠〜読む気しない
    篠田節子〜星2
    志水辰夫〜星3
    清水義範〜星4〜清水さんはやっぱり面白い
    高橋克彦〜星3〜終わり方いいの?理解出来ない
    坂東眞砂子〜星3
    東野圭吾〜星2〜全部読めない
    宮部みゆき〜星2〜何なの?
    群ようこ〜星3
    山本文緒〜星3
    唯川恵〜星3

  • 鞄にいつも入ってます。
    短編なのですぐ読めてよし。
    どれを読んでもいい話

  • 選出作品が悪いんじゃないの?
    読めたのは1,2品で、残りはつまんね。

    作家のせいつーよりは、選んだ編集者がダメダメ。

  • 著名な作家さんによる渾身の短編アンソロジー。

     「回想電車(赤川次郎)」はファンタジックなお伽話。「角筈にて(浅田次郎)」も同じ味だ。しかし、「特別料理(綾辻行人)」はラスト一行の怖さがハンパじゃないホラーだ。次の「蛍ぶくろ(伊集院静)」はダラダラ感が先行してパス。

     気を取り直して「岩(北方謙三)」。ハードボイルドタッチの作品だが、テーマが見えず面白くない。SFタッチの「猫舐祭(椎名誠)」はユニークな作品。きれいな「38階の黄泉の国(篠田節子)」については非現実感満載だけど、これまたテーマが見えない。

     逆に現実感たっぷりの「プレーオフ(志水辰夫)」はハッピーエンドが爽やかないい物語。苦手な漢字率が高い「苦労判官大変記(清水義範)」は義経弁慶パロディ。ひねりなく単純。

     漢字率が高めで苦手な「梅試合(高橋克彦)」はほぼパス。ハッピーエンドの「盛夏の毒(坂東真砂子)」はまぁまぁ良い感じ。

     おもしろかったのは「超たぬき理論(東野圭吾)」。サッパリのオチだが、途中までの乗りが良いのだろう。

     既読の「さよなら、キリハラさん(宮部みゆき)」は味ある作品だ。でも宮部作品にしては、少しばかりうすっぺらい。人物が平面に感じるな。

     そさて、普通の日常「キャンパスの掟(群ようこ)」は、展開も流れもふつうのお話だ。テーマが見えない。次も意味不明の「いるか療法(山本文緒)」。最後のホラーはラストに驚愕の「青の使者(唯川恵)」。

     まぁまぁ良い感じのアンソロジーかな。

  • いろいろな作家の小説が読めるので、満足です。

  • なんとなく暗めしっとり(じっとり)の話が多かった気がする。最後の短編もじっとりめだから、読み終わった瞬間も『あーおもしろかった』とはならない。好みの問題だから一概には言えないけど、最後は爽やかな気分で終わる話を持ってきてほしかった…

    ちなみに気に入ったのを挙げると、
    苦労判官大変記と、さよなら、キリハラさん
    かな。
    じっとり系があまり得意ではない私にとってはこのくらいがちょうどいい(*^^*)

  • 私がアンソロジーを読む理由は、知らない作家の作品が一度にたくさん読めるということだ。その意味で、全16人の作家の中で、8人も未読なのはとても期待させられた。

    小説すばる掲載作品から選ばれた作品群は、どれもこれもバラエティに富んでいて飽きさせない。
    文学性の高い作品を抑えていて、決してエンタメ色が強いというわけではないという印象のある小説すばる。
    しかし、どれもなかなか読み応えがあり、さすが一流作家の作品群だ。
    なかでも篠田節子の「38階の黄泉の国」、これがツボだった。
    病に倒れ死にゆく人妻が記憶の中での、青春時代の恋人との逢瀬。たった一人愛した男との決して開けない夜を描く一編だ。ある種のダークファンタジーが官能的に描かれる。そこにオチはなく、不思議な余韻を楽しんだ。

    各社ともこの種のアンソロジーには力を入れているようなので、これからも楽しみだ。

全86件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

赤川次郎の作品

ツイートする