• Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475173

作品紹介・あらすじ

創刊15周年をむかえる「小説すばる」に掲載された短編小説群から、よりすぐりの秀作16編を集英社文庫編集部が精選!短編の冬、といわれて久しい時代にあえて世に問う、究極のアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編アンソロジーは、読みやすいし飽きがこなくて面白いんだなって気づきました。
    知らない作家さんを知るきっかけにもなるし、知っている作家さんの思わぬ面の発見もあります。食わず嫌いが治るきっかけになります。
    とはいえ、全てが好みに合うアンソロジーって滅多にないでしょうね。でもそれがアンソロジーの醍醐味と言えるかもしれません。だって、うわぁこのお話ダメだぁと思ったものが、意外と心に残ったりするもの。それが、アンソロジーを編んだ集英社編集部さんの思うつぼにはまってしまったことになるのでしょう。してやったりってね。
    面白かった『苦労半官大変記』清水義範
    うわぁ、ダメ……『特別料理』綾辻行人
    勢いに押された『超たぬき理論』東野圭吾
    安定感バツグン『回想電車』赤川次郎
           『角筈にて』浅田次郎
       『さよなら、キリハラさん』宮部みゆき
    他にも、もやもや感やすっきり感、ゾクゾク感に哀切感……いろいろ詰まってました。

  • 表記されている作家さんの名前を見て、
    (おーっ、なんて豪華な!)と、感激しつつ、購入。(ブクオフにて)

    考えてみれば、
    超がつくほどの人気作家の作品は、
    逆に手にとる機会が少ない。少ない…と言うか、無かった。(私の場合)

    赤川次郎さんも
    浅田次郎さんも
    伊集院静さんも
    北方謙三さんも
    宮部みゆきさんも

    そのお名前と、良く知られた作品のタイトルを知っているだけで、
    もはや読み終えた気になっていた様だ。

    こうして改めて
    読みやすい短編にて、その作品に触れていると、
    好きとか好きじゃないな、とか感じるよりも先に
    これまで吹かれた事の無かった、新しい『作風』がとにかく新鮮で楽しかった。

    >『小説すばる』に掲載された短編小説群からよりすぐりの秀作を精選…
    しただけの事はあって、ハズレ無しの一冊。

  • 短編工場に続いて友達から借りた本。短編工場と比較して作家の平均年齢は高い。したがって、知っている作家も多かった。

    清水義範のパロディは昔から好きだったが、収録されていた「苦労判官大変記」もおもしろかった。赤川次郎のミステリーはあまり好きではないが、「回想電車」は面白かった。あとは、浅田次郎の「角筈にて」北方謙三の「岩」坂東真砂子の「盛夏の毒」唯川恵の「青の使者」が心に残ったかな。

    あと、東野圭吾の「超たぬき理論」は無理やりの理論がおかしかった。

  • 読み応えのない作品ばかり集めて本を出されても困る。「特別料理」は何となく予想してたものの最後が気持ち悪くて引くし、「盛夏の毒」は慎司が最低すぎて腹が立った。貴子が気の毒すぎる。東野さんのは、最後のオチを際立たせるためなんだろうけど、一平のたぬき理論がぶっ飛びすぎていて付いていけなかった。「猫舐祭」は話自体よく分からなかった。以上、集英社文庫編集の短編は2度と読まないです。唯一、「苦労判官大変記」は面白かった。

  • お手に取ってもらえればわかると思いますが、実に豪華で贅沢なアンソロジーです。読後感がスッキリするものもあれば、背筋が凍るようなラスト、モヤモヤが残るようなもの…、この振り幅もアンソロジーならではの醍醐味ではないでしょうか。
    先のレビュー・感想にも多く挙げられていますが、お気に入りの収録作品は赤川次郎さんの『回想電車』、清水義範さんの『苦労判官大変記』です。

  • 作家陣に惹かれて購入。
    『回想電車』を読み、これは良い本に出合った、という印象を持った。しかし途中途中でどうにも生理的に受け付けられない内容の話もあり、読了した今は「素晴らしい!」と一言では言い難い感想を抱いている。
    そういった意味ではありきたりなアンソロジーになっていないと思うし、賛否両論分かれる可能性が高い=話題性を呼びやすい作品の選出がされていると思う。また他のレビューでも言われているようにこれだけの作家陣が名を連ねているので、読んでいそうで読んでいなかった作家の作品に触れる良いキッカケにもなると思う。この本は”唯一無二のアンソロジー”と言っても良いのかもしれない。
    私もこの本を通して初めて触れた作家もいたが、そこで文体や雰囲気がとても好みな作家だと知ることができたものもあった。
    「この作家が好きだから買ってみた、ついでに他の作家も読んでみよう。」という軽い気持ちで読み進めると場合によっては後悔することになると思うのだが、新しい作家や読んだことのない小説のジャンルを開拓したいと思う人には良い一冊になるのではないだろうか。

  • 短編集ってあんま読んだことなかったけど面白いのばっかだった。読んだことない人とか読めてよかったー。ていうかかなり読み応えある。

  • いろんな作家の作品が入ってる短編集って初めて読んだ。
    自分の好きなカラーってあるんだなって再認識。やっぱり普段読んでる作家の話が読みやすいし、好き。
    東野圭吾の「超たぬき理論」、屁理屈なんだかこじつけなんだか、リズムが良くて面白かった。

  • 人気作家たちの短編集。細切れ時間に読むのにおすすめです。

  • もっと読んでみたいと思う作家を発見した。

  • 小説すばる1988年春季号〜1997年5月号に掲載された16の短編を集英社文庫編集部が厳選して、2002年11月集英社文庫から刊行。バライティ豊かで、多彩だが、バライティあり過ぎで、同シリーズの「短編工場」ほどのお得感はなかった。

  • 短編なのでちょっとした合間に読むには良かったけど、内容は当たり外れがありました。完全に好みの話です。個人的には、浅田次郎さんの角筈にて、志水辰夫さんのプレーオフ、清水義範さんの苦労判官大変記、山本文緒のいるか療法あたりがほんわかして面白かったです。
    特に苦労判官大変記は弁慶が実は義経で、美男の義経は実は偽物だったというifストーリーで面白かったです!

  • 読みやすいものもあれば、んっ〜っていうのも‥^^;
    「プレーオフ」が面白かった♪

  • まったく趣の違う短編だけど、これはアタリハズレが少ない読みごたえのあるアンソロジーだった。まずは短編からか。

  • 気味の悪い話や暗い話が多くて、読み進めるのがしんどかった。
    私の好みではなくて、とても後味の悪い一冊でした。

  • 17.09.24
    短編のアンソロジーは普段読まない作家も読めてやっぱり楽しい。
    苦労判官大変記、梅試合、青の使者がお気に入り。東野圭吾と宮部みゆきのもおもしろいなあと思った。あんまり頭に入らなかったものもある。
    それも醍醐味かな、と思う。

  • それぞれの作品の印象
    回想電車 
    短いのに後からぞーっとして余韻を残す。

    角筈 
    父との切ない思い出

    特別料理 
    おぞましく気持ち悪くて読んでいて不快なので早読み

    蛍ぶくろ 
    アンニュイでレトロ感のある甘くも波乱の女の一生が
    この短い中に詰まっていて独特の世界観 これが読むのをドキドキとします。
    一途な女の心がよく現れている。
    ひるまない女性の強さがカッコ良かったです。

    岩 
    ハードボイルド余韻に浸れます。

    猫舐祭 
    ミステリーとファンタジー?ちょっと不気味な雰囲気

    38階の真実の国 
    逃げ場の無い最悪な場所
    人の人生がこんな風に一つ一つリストをチェックして潰していくようなもの
    この言葉に共感してしまいました。
    ハラハラドキドキと緊迫感があって迷走。

    プレーオフ
    自分の人生に煮詰まった男性が、本当の大事な事が見つかり、
    それが大どんでん返しのようで面白かったです。

    苦労判官大変記 
    義経の一生が現代風で斬新なアイデアでユニークな結末でした。

    梅試合 
    あまり意味が分からなかったです。

    真夏の毒
    思いもよらない結末で妻を毒から救ったのか、
    それとも嫉妬からなのかそれがミステリー。
    超たぬき理論 たぬきから転じてUFOになる理論が面白いです。
    この先の理論も知りたいところでした。
    ラストのオチに吃驚です。

    さよなら、キリハラさん 
    お祖母さんが家族の中で一人ぼっちになってしまったことを
    家族のみんなに知らせたかったのかなと思い少し切ない思いがしました。
    生活の音をこんなに沢山文字にするとこんな雑踏の中で暮らしているのかと痛感。

    キャンパスの掟 
    学生時代にはよくある光景で、持ちつ持たれずの関係かなと思ったりもしました。

    いるか療法・・・<突発難聴> 
    自分も同じような経験をしている所があるので
    かなり共感できるところがありました。
    徐々に心を開いて未来に向かっている所に励まされました。

    青の使者 
    こんなに短いストーリーの中に鯉の煌びやかさと優雅さとは裏腹に
    二回に渡り怖さがあり余韻を引きます。女性のしたたかさも怖いです。


    今年の短編集三部作を読んで面白かったのでこの本を手に取りました。
    今回は復活というテーマとはあまり関係ないようなものから
    ジャンルも様々でホラー、ミステリー、
    爆笑小説まであって楽しめました。

    良かった作品は「角筈」、「蛍ぶくろ」、
    「超たぬき理論」、「さよなら、キリハラさん」、「いるか療法」。

    生理的に受け付けない作品が何作がありましたが、
    「特別料理」はあまりにも気持ち悪すぎるので
    読む時には覚悟をして下さい。食事中はやめて下さい。

    一つ一つの作品にけっこう作家さんの色が出ているような感じがして、
    どれも濃厚な作品でした。
    短編小説は読んだことのない作家さんを発掘できるところが良いです。
    また短編集が出たら読もうかと思います。

  • 短編って、限られたボリュームの中でインパクトを与えるためか、どうしても少しグロくなるんですね。

    自分の嗜好によって、ニヤリとできる作品とスパイスがキツすぎる作品がある。

    そんな体験込みで、楽しめました。

  • 何度読み返しても楽しめる。

  • 文芸誌「すばる」掲載短編のアンソロジー。同じ趣向の「短編工場」と迷ったけれど、こちらのほうが長女好みの作家が多そうな気がしてとりあえず一冊。清水義範の作品がなつかしい。「偽史日本伝」もう一度読みたくなった。

全86件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

赤川 次郎(あかがわ じろう)
1948年、福岡県生まれ。76年『幽霊列車』でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。以後続々とベストセラーを刊行。
代表作「三毛猫ホームズ」シリーズ、「天使と悪魔」シリーズ、「鼠」シリーズ、『ふたり』『怪談人恋坂』『幽霊の径』『記念写真』他、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞受賞、16年、『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。
執筆作は500作を超え、累計発行部数は3億を突破。メディア化された作品も数え切れない。

赤川次郎の作品

短編復活 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする