機関車先生 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.50
  • (21)
  • (47)
  • (79)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 349
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475531

作品紹介・あらすじ

瀬戸内の小さな島の全校生徒わずか7人の小学校に、北海道から臨時の先生がやって来た。身体がおおきくて、やさしい目をした先生。でも、病気のせいで口がきけない…島の大人たちの心配をよそに子供たちは、空より広く海より深いこころに包まれて、本当に大切なものを学んでゆく。おおきな活字とふりがなで読みやすくした第7回柴田錬三郎賞受賞の名作。書き下ろし「葉名島へ」を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 瀬戸内海の離島に赴任してきた口のきけない先生の話。内容はまあ、よくあるタイプ。自分的には良くもなく悪くもなくというかんじだったかなあ。

  • 瀬戸内の小さな島、葉名島を舞台にした話。第七回柴田錬三郎賞受賞作品。
    全校生徒7人の小さな学校に臨時の先生としてやってきた吉岡誠吾と子供たち、島民との触れ合いを描いた小説。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    瀬戸内の小さな島の全校生徒わずか7人の小学校に、北海道から臨時の先生がやって来た。身体がおおきくて、やさしい目をした先生。でも、病気のせいで口がきけない…島の大人たちの心配をよそに子供たちは、空より広く海より深いこころに包まれて、本当に大切なものを学んでゆく。

    【キーワード】
    文庫・学校・小学生・青春

    +++1

  • 人は腕力や身体の強さだけじゃなく、心や忍耐の強さだと改めて思った。
    小学生や中学生には是非とも読んでほしい一冊

  • とても良い本だった。
    これもいわた書店選書の中の一冊だ。

    本当の強さ、分かっているようで、でも実際そのときの感情に流されて弱い自分がでてしまう。
    そういうことは実際誰でもよくあるのではないか。

    この小説の主人公の機関車先生は、本当の強さを貫いている人。
    子供たちもその先生の行動を見て強さを学んでいく。

    喧嘩が強いだけが強さじゃないと。

    途中泣けるような部分もあり、すごく良かった。

    島のあらゆる女たちが機関車先生に惚れてアプローチしていくが、機関車先生は恋愛にも流されない。
    いつでも子供たちを第一に考える姿勢が素敵だった。

    そして小学生生徒の一人の女の子が機関車先生に恋をするところがとても可愛い。
    子供特有のまったく湿っぽくない純粋な恋心が私は好きだ。

    みんなでお弁当を食べているときに島の女が「お弁当ですよ~♪」なんてアピールしながら先生にアプローチしているのを見て「なんであの人は先生の側から離れないんだろう。」と睨みつける小学生の恋心がまた可愛い。

    そしてこの女の子のお婆さんの言葉がどれも素敵だ。
    「恋をしてるんじゃな。」と図星なことを言い、女の子は「そんなんじゃない」と言っているやり取りも温かい気持ちになれた。

  • こんな先生いいな!会いたいな!
    全体的にゆるやかな雰囲気が流れています。心が温かくなる本。

  • 漢字嫌い、勉強嫌いの弟から読み切れなかったと譲り受けた一冊。(笑)
    島や山、海流などの名前がたくさん出て来ます。

    実際に知っている場所ならば描写まで想像できて、もっと入り込めたかなと思うと残念。地理はもちろん漢字嫌いの弟が読めない訳でした。(笑)

    物語はじんわり暖かくなる素敵なお話しでした。生徒みんなの気持ちにラストは思わず涙。

  • ときにはこういうベタなお話もいいですよね~~
    これといったドキドキ感はないんですが、心にしみるというか、ジーンと来ます。

    最後はこうなるんだろうなぁって先が読めちゃうんですけどそれでも十分楽しめました。


    解説によると続編もあるっぽい感じなんですが、1992年の作品で15年たった今出てないとなればやっぱりないのかなぁ。。。?!


    で、この作品は坂口憲二主演で映画化されたんですが、DVDを借りて見ました。
    ほぼ原作どおりの仕上がりで、ところどころの細かい部分が時間の設定上なのかカットされてたんですが、まあまあうまくできてたように思います。


    ただ気になったのは、原作では主人公の吉岡先生が口のきけない理由は病気と説明されてたんですけど、映画では剣道が原因になってました。
    その辺の理由が気になったんですけど、こうなる病気が存在しなかったんでしょうかね?


    それから原作では重要なポイントになってると思うんですが、ヨウが先生に抱く恋心。
    この辺の描写が甘かったですね。。。

    肝心の夢の部分が(眠ってみる夢です)セリフのみになってましたから。
    狸うんぬん・・のシーンもあるとよかったな。

  •  恐らく2度目の購入。よって読むのも2回目。
    ヨウ(洋子)ちゃん 可愛いな。

  • 2013.6.5読了.図書館
    瀬戸内海の島での魅力的な機関車先生の物語。心の中の山を打ち砕く!

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

伊集院静(いじゅういん しずか)
1950年山口県防府市生まれ。72年立教大学文学部卒業。81年短編小説『皐月』でデビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞、94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。作詞家として『ギンギラギンにさりげなく』『愚か者』『春の旅人』などを手がけている。エッセイも多く、『大人の流儀』シリーズはベストセラーとなっている。2017年日本経済新聞の連載『琥珀の夢』が刊行され、2018年10月5日、ドラマ化。2019年10月から日本経済新聞にて夏目漱石を主人公にした作品「ミチクサ先生」を連載開始。

機関車先生 (集英社文庫)のその他の作品

機関車先生 (文春文庫) 文庫 機関車先生 (文春文庫) 伊集院静
機関車先生 単行本 機関車先生 伊集院静

伊集院静の作品

機関車先生 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする