桜さがし (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.48
  • (24)
  • (45)
  • (96)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 387
感想 : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475548

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょっと青いものって、うわぁとなるけれど、
    もう少し歳をとったら暖かい目で見られるのかな。
    京都と、一人ひとり踏ん張って生きている様子が良かった。

  • 24歳になって再会した中学の同級生(男2女2)と新聞部の顧問(今は作家)を主人公に、彼らの周りで起こる事件を解き明かす連作短編。個々の事件の謎解きが短編の中で完結しつつ、中学以来の恋愛感情など、彼ら同士の人間関係が連作の中でゆっくりと進行していく。短編としては推理小説、1冊の本としては恋愛小説といった体裁が面白い。それ程深い内容ではないが、良く考えられた構成と爽やかな読後感が好感が持てる。

  • 連続短編小説。京都を舞台にミステリーに巻き込まれながら、それぞれの関係性も進行して見応えあり。

  • 2015.5.1
    まさに、「10代の恋が終わる」
    学生と違う姿になって、恋に落ちる彼らが魅力的で好きだ。
    前に進んでいけば、自らやるべき事、出会うべく人に出会うのだろう。

  • ものすごく読みやすかったです。
    4人の男女とその元教師の話で
    青春を感じさせる、思い出させる感じでした。
    学校を卒業してからも続く教師との交流はすごくいいですね。
    先生もまだまだ成長していく教え子の姿とか見れて嬉しいでしょうね。
    そのわりに子供の部分とか見えて!
    うーん。
    この5人は物語の最後にそれぞれの区切りと旅立ちと言えることが起きますがこれが自立なのですかね。
    京都いいですね!京都行きたくなります!!

  • おまえの人生は誰人も決められはせんで。
    何を言われても、決めるのはおまえや。あとになってだれそれのせいでこんなになった、ってぼやくのは筋が違う。お前が決めたんや、最後はな。それを忘れたら、あかん。

  • 京都を舞台に中学時代からの10年来の仲間である男女4人と恩師との交流。
    恋愛を中心に人生を見つめ直していく連作短編集。
    毎回事件にも遭遇するがミステリとはほど遠い。
    京都の神社仏閣など風物が描かれてて行きたくなるが、物語は退屈だった。

  • 京都で育った主人公たちが、色んな人と関わりながら、それぞれ成長していく話。
    京都の魅力がたくさん描かれています。
    京都で生まれ育ったのに、知らないこともたくさんあって、反省。この本を片手に地元を散策したくなりました。

    • 136116さん
      人との絆が感じられて、
      最初から最後まで
      温かな気持ちで読めました。
      人との絆が感じられて、
      最初から最後まで
      温かな気持ちで読めました。
      2012/01/24
  • 連作集。

  • 短編を読み進めるうちに、主人公達の人柄が好きになっていきました。
    京都の名所やかわいいお守りの話も出てきて、京都を歩いてみたくなりました。

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1959年東京都生まれ。青山学院大学卒。1995年『RIKO――女神の永遠』で第15回横溝正史賞を受賞しデビュー。本格ミステリー、サスペンス、伝奇小説、ファンタジーなど多彩な作風と旺盛な執筆力には定評がある。2013年『激流』(徳間文庫)がベストセラーとなり、NHK「ドラマ10」にてドラマ化された。近年は時代小説も手がける。

「2020年 『求愛 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田よしきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柴田 よしき
柴田 よしき
有効な右矢印 無効な右矢印

桜さがし (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×