ネバーランド (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.65
  • (1006)
  • (1432)
  • (2244)
  • (187)
  • (31)
本棚登録 : 10586
レビュー : 1191
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少年が大人に向かって最後に吐くことばと、それに対しての仲間の解釈に感動した。登場人物頭いいんだなぁ笑
    すとんと納得できた。恩田陸さんのこの深みが好き。

  • なぜかわからないけれど、ときどき読み返したくなる。特に冬に読み返したくなる。
    男子寮の情景が浮かぶ。登場人物もすき。

  • ストーリーとしてはドロッとして暗いはずなのに爽やか。
    一人ひとりのキャラクターがたっていて良い。

  • 記録

  • クリスマスイブの「告白ゲーム」から始まった
    4人の抱えている悩みが少しずつ剥がされていく描写は、
    少し不気味で怖さを感じましたが、そこから少しずつ松籟館での生活が面白く、楽しくなってきて、作品の世界観にハマっていきました。
    特に光浩の壮絶な過去には、ページをめくるのが止まらなかったです。
    高校生なのに夜な夜なお酒を飲んで、酔っ払って、、という場面が何度もあって印象に残っていますが、その何気ない毎日が4人の絆を強くしていた感じがしました。

  • 生まれ変わったら偏差値高い寮制男子校に入ってみたい

  • 冬休みに男子校の寮で生活するそれぞれ悩み事抱えた4人組。初め不気味な感じで怖さを感じなから読んでいましたが、4人が悩みを話ながら打ち解けていくにつれほんわかした内容に…持つべきものは友って感じの読後感のいい作品でした。

  • 恩田さんは青春を描くのが上手いな…
    恩田さんの本を読んでいると中学生くらいに戻りたいなと思わされてしまいます

    本当に繊細な思春期を描くのが上手い…
    毎回青春時代にタイムスリップさせてもらってます_φ(・_・

    ★4.1 2019/5/20

  • 出てくる男の子たちはそれぞれ背負っているものがあるけど、普段は見せることなく何気なく生活してる。それが冬休み中の寮でどんどん剥がれていって…。
    と書くと嫌な雰囲気だけど、最後は清々しく読み終えられた。

    実際の高校生男子がこんな感じか分かんないけど、ここに出てくる男の子たちってみんな素直で綺麗だなぁ。

  • 高校の冬休み、寮に住む生徒たちはそれぞれ故郷に帰省していくなか3人の男子生徒はそれぞれの抱える理由で寮で冬休みを過ごすことに、そこにもう1人が加わり自らの秘密を告白するところから始まる1週間。
    ここに出てくるほどの秘密とはいかないまでも誰しも人には簡単に言えない色々なものを抱えながらこの微妙な年頃を過ごしていくのだと思う。
    4人それぞれの秘密の重さが相当なものなのに、ラストでみんなの未来が明るいであろうことを想像できる描かれ方は好き、そして1週間で変わったみんなの繋がりの強さもすごくよかった。

全1191件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ネバーランド (集英社文庫)のその他の作品

ネバーランド 単行本 ネバーランド 恩田陸

恩田陸の作品

ツイートする