ネバーランド (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.65
  • (1001)
  • (1428)
  • (2239)
  • (186)
  • (31)
本棚登録 : 10480
レビュー : 1185
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 四人の男子高校生が長期休暇を宿舎で過ごし、少しずつそれぞれの闇が明かされていく話。
    なんというか、みんな考えが大人っぽすぎてリアリティは感じにくかったです。作者の理想の男子学生像を詰め込んだような…。ちょっとだけミステリー要素もありますが、そこも種明かしが拍子抜けでした。設定と雰囲気を楽しむ作品です。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。

    【キーワード】
    文庫・青春・男子校・冬


    ++++1

  •  読書スピードを上げて、今日中に読み終わりたいという思いで読み進めました。
     冬休み、帰省せずに残る男子校の寮に住む4人の学生。(性格には1人は寮生じゃないですが。)
     どんな話?どんな事件が起きる?殺人?と色々な思いを巡らせながら読みました。
     結論から言うと、事件は起きませんでした。でも、ドロドロとしておりました。爽やかなな少年達のお話ではあるのですが、ドロっとしていまいた。
     そして少年達は毎日お酒を飲んでいるけど、そんなに飲んだら次の日辛いでしょうに・・・とどうでもいい心配をしてしまいました。
     恩田さんの作品を読むのは2作目になります。独特な、なんだか透明な雰囲気がある文章を書かれるんだなと思いました。
     語り手の美国くん、まともな普通の少年。彼がなにかキーマンとなるのかなと思っていたら、別のところでドロっとしていました。
     少し急いで読みすぎたので、次からもっと大事に読んでいきたいと思いました。

  • 面白くて端正なんだけど、どこまでも「女が想像する少年たち」という虚像の匂いが抜けないなあ。

  • さらっと読めてすき。
    恩田陸はミステリーあまりすきじゃなかったけど、
    夜のピクニック とこれは高校生の何気ない日常とかそのときよりもあとから見るとキラキラした思い出、みたいなところがすんなり表現されていてすき。

  • 非日常的な日常

  • 青春という単語がとても似合うお話でした
    たのしかった。

  • 冬休み中居残りを決めた男子寮の4人が過ごした7日間を描く青春グラフィティ。あらすじに惹かれナツイチの一冊でもあったことから購入。
    読後感は割と良かった。少年たちがどんな大人に成長するか楽しみだ。何十年後かに再会したら、あの時ああだったなあって当時に戻ったような雰囲気で語り合う4人が自然と浮かんできた。
    高校生の時読めばもっといろいろと感じ取れたのかな。

  • 2017/8/17

  • 高校生の冬休みという限られ時間の、寮という閉じられた空間での出来事。普段は大勢の生徒がいるので個々の付き合いが薄まっているのに、4人だけで過ごす時間は普段のバランスを崩すが、人には言えない悩みを告白することを通じて、より関係を深めていく。
    全体的には温かい雰囲気で話は進むが、寮生活を通じて傷つけあうこともあるのに、その傷を翌日にはなかったかのように振る舞う姿はクール過ぎて違和感がある。寮生活や高校時代の友人関係の良さはうらやましいくらい伝わってくる。

全1185件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ネバーランド (集英社文庫)のその他の作品

ネバーランド 単行本 ネバーランド 恩田陸

恩田陸の作品

ツイートする