ネバーランド (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.65
  • (1001)
  • (1428)
  • (2239)
  • (186)
  • (31)
本棚登録 : 10478
レビュー : 1185
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087475777

作品紹介・あらすじ

舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を抱えた4人の少年が居残りを決めた。ひとけのない古い寮で、4人だけの自由で孤独な休暇がはじまる。そしてイブの晩の「告白」ゲームをきっかけに起きる事件。日を追うごとに深まる「謎」。やがて、それぞれが隠していた「秘密」が明らかになってゆく。驚きと感動に満ちた7日間を描く青春グラフィティ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校生の時に読んでいたらまた違った感想だったんだろうなと思います。大人になってから読んだからこそ感じるほろ苦さやノスタルジーなんだろうな…と…。自分の寮生活時代に思いを馳せました。この作品ほど綺麗ではなかったけれど、やっぱり楽しかったなあと…
    4人の少年のなんとも言えないバランスが素敵です。冬にまた読み返したい…

  • 好き!彼らのやり取りをずっと読んでいたかった。
    一人ずつ順番にスポットライトがあたる小説がわりと好きなので、この小説は良かったです。
    ところで恩田陸さんて小説で学生にお酒飲ませるのが好きなのかな…?笑

  • 恥ずかしながら初恩田陸作品読了
    映画スタンドバイミーを思い出しました。

  • 男子高校生の寮生活ってこんななんだろうな。
    人はそれぞれに悩みを抱えている。その上での人間関係作りって簡単なようで難しい。

  • 年末休みの寮の居残り組による七日間。抱えているものを打ち明けあい、支えあい、深めあう。
    顔がよくて誠実で品がいいこたちだから読める内容。
    学生の頃にも読んでいたかった。寮生活憧れる。

    C0193

  • 初めてこの作品を読んだとき彼らと同じ高校生で、ドラマも見てたし、寮生活っていいなぁと憧れてました。
    四人が揃いも揃ってトラウマを抱えていて、それがわりにえげつない。これぞ青春!という感じはしないですが、大人にはない子供独特の不安定さを描ききっていて、どんなに大人びた言動をしようが彼らは高校生なんだなぁと思わされました。まさにネバーランドですね。
    現代の高校生はコミュニケーションツールが多様だけど、作品中の時代の中ではスマホはおろかケータイやパソコンも出てこない。全て直の会話によってコミュニケーションがとられていて、それぞれの目の届かないところで、言い方は悪いけど“抜け駆け”されることはほとんどない。みんな平等にお友達。それが閉鎖的な空間で行われる告白ゲームに静かな凄みを感じさせます。恩田作品にはかかせない、まるで百物語でもしているかのような雰囲気でした。美国がわりとしょっちゅう怯えてますが、気持ちは分からなくもない。
    あと、なんとなくこの4人は高校を出たらバラバラになって何年も会わなくなって、それでも同窓会とかで顔を合わせたら月日の流れなんてまるでなかったかのように高校時代に戻れるんじゃないかなと思いました。やっぱり読み終わると、寮生活っていいなと思います。

  • これも世界にはまって一気によめたー
    学生間がすごい
    みんなが抱えてるものがどろどろしてる~。。
    でもきれいな空気だったり、必ず朝がきたりきれいな情景もつたわってくる。

    ドロドロ~っとした日のあとも、いいことがあった日のあとも
    必ず朝はくるんだなって感じる。

    秘密は、誰にも話したくないから、話すと傷つくから秘密。
    人の秘密はほりさげないようにしたい
    人にはいろんな背景がある。言葉や表情や表面だけのもので判断しない

    統の自分のことを理解しているのが頭よかった。
    職人だけが偉いわけじゃなく、憶えの早い人だけがえらいんじゃない。
    自分の得意分野をしり、進路を決められる人がかしこい

  • 全国有数の進学校に通う4人の少年たちの物語です。舞台は、「松籟館」という古い寮。親元離れて寮生活を送る彼らは、敢えて冬休みに実家に帰らず寮に残ることを選択しました。

    彼らは、寮に4人しかいないという非日常生活の中で、それぞれの秘密を話し共有し、自らを考えて、各人が成長していく様を描いています。

    この小説では、高校生の何をしでかすかわからない、不気味さがよく描かれています。そんな先の読めない展開が読者を物語に引き込んでいきます。


    また、我々は経験を通して人格形成は行われていきます。彼らも同様に、彼らの秘密の経験が、彼らを影のある大人っぽい性格に作り上げていることがわかってきます。

    読者である私自身、彼らと秘密を共有したような錯覚を感じて、4人に引き込まれいきました。自分の高校生時代を思い出さずにはいられない素敵な物語でした。

    心の洗われる小説です。

    是非、読んで見てください


  • 1枚ずつ積み重ねて、積み重ねて、
    突風で吹き飛んで。
    また積み重ねて、かたまって。

    この4人の
    ひとつずつ考えて、絞り出して、正面に立つ姿が
    まぶしくて、ぎゅっとなります。

  • 何度目か分からない再読。単純にキャラと構成がいいから面白い。初期の作者さんだからこそ書けた青春話、という感じで良かった。いつもの「盛り上げるだけ盛り上げてラストで変なところに着地する」癖もなくて、こぢんまりとでもしっかりとまとまっていると思った。

  • 4人の高校生の友情が深まっていくことを、爽やかに描いている作品。年末の4人だけの寮生活で、密度の濃い時間が流れていく。
    SNSなどにより、友人関係が希薄化している現代だが、胸襟を開いて、自分のことを告白し、対話していくことで、友情が深まることを実感できる。
    4人とも告白の内容が衝撃的すぎるのと、個性豊かな4人が良いバランスで物語が進んでいくので、どんどん読み進めてしまう。
    寮生活の中で、起こる謎は意外とあっけない感じだったが、爽やかな感じでこの作品とは合っているのかなと思った

    • chie0305さん
      katsuyaさん、ありがとうございます。
      お言葉に甘えて。
      ソフトウェアエンジニアになるには、何学部の何学科だと近いのでしょうか。
      ...
      katsuyaさん、ありがとうございます。
      お言葉に甘えて。
      ソフトウェアエンジニアになるには、何学部の何学科だと近いのでしょうか。
      どこの大学だと就職に強いとかありますか?
      自宅が横浜なので、できれば自宅通学でと考えています。毎回、模試の度に適当に書いていて…、もしそこが目標になったら、頑張るような気がします。
      いつかお暇なときに教えて下さい。地方出身で(大阪です)理系の人がうちにはいないので…。全然本とは関係のない話になってしまいました(汗)すみません。
      2017/10/30
    • katsuya729さん
      chieさん

      返信おそくなりました。。
      子供が風邪をひき、僕も体調が悪くなり。。。
      今は、だいぶ良くなりました♪

      さて、コメ...
      chieさん

      返信おそくなりました。。
      子供が風邪をひき、僕も体調が悪くなり。。。
      今は、だいぶ良くなりました♪

      さて、コメントの返信させていただきます。

      ソフトウェアエンジニアといっても、幅が広いんです。
      僕のような、組み込みエンジニアと言われる、家電とかロボットを作るのか、
      Webシステム(ブクログのようなシステム)を作るのか、
      スマホのアプリを作るのか。。
      どのあたりに興味を持っているかを突き詰めて考えると良いと思います。

      大学よりも、研究内容や雰囲気が大事だと思います。やっぱり大学でやっていたことと、仕事が近いと採用する側も働くイメージがしやすく、内定率はあがると思います。
      それに、働き始めてから思っていたのと違った、、というのは避けられますので。

      横浜だと、横浜国立大学あたりでしょうか。
      東工大だと素晴らしいですが。。
      (偏差値基準ですが、研究室もみてくださいね)

      ちなみに、「パブー」っていうサイトは、ブクログと連携しているみたいで、メッセージのやりとりができるみたいですね
      2017/11/05
    • chie0305さん
      katsuyaさん、お返事ありがとうございます。お体、お大事になさって下さいね。高校では早くもインフルエンザが出てます。(休むと授業ついてい...
      katsuyaさん、お返事ありがとうございます。お体、お大事になさって下さいね。高校では早くもインフルエンザが出てます。(休むと授業ついていけないので来てるそうです)現役のエンジニアの方にアドバイスして頂けるなんて、なんて有難い事でしょう。今日、夕方から塾で面談なんです。
      先生は偏差値の事しか言わないと思うので。
      そうそう、本の話。最近続けて読んだ本が面白く無くはないけれど、どっと疲労感の残るもので、(ピエールルメートルの本です)何だか気分を引きずってました。
      元気がでるような本を、探して来ます。
      では!
      2017/11/05
  • 4人それぞれが抱える心の傷や闇は深く重いものだけど、それに対して本はどんどん読み進めることができ、読了後も爽やかな余韻があった。

    それはやはりこの本に、一般的に理想とされるような爽やかな青春を生きる学生が描かれているからだと思う。
    そうはいっても、普段の自分(キャラ)を役割を意識して演じ人間関係の均衡を保とうとしたり、
    些細なことから人間関係が歪んだかと思えば元に戻ったり、
    その頃の人間関係や心理描写はリアル。
    読んでいてとても夢中になった。

  • 恩田陸はネバーランドと夜のピクニックしか読んだことないですがこの高校生独特の雰囲気が伝わる文章、ほんと最高。垢抜けすぎてないというか、キラキラしすぎてない感じ。でもそういうキラキラしすぎてない高校生の日常が大人になると輝いて見える感じ。
    光浩が「冬の味がする」って言ったシーンが好きです。分かる!ってなって(笑)カセットテープのウォークマンが出てきたのも懐かしくなって良かった。
    平日の1日で読めたので人にも気軽に勧められそうです。

  • 伝統ある男子校の寮に冬休みの間残ることになった三人の男子生徒と、彼らの同級生の男子、合せて4人。
    「告白」ゲームをきっかけとして、4人のひみつが暴かれていく。

    恩田さんは「トーマの心臓」を目指してこの話を書いたそうです。あらすじを見た限りではダークなイメージかなと思ったんだけど予想外に爽やかで、恩田さんが書くとこうなるのか…と思った。
    男子高校生って一人で私服で建っていると本当に大人と見分けがつかないんだけど、交じると少年になる。4人がかかわることで、大人でもない子供でもない、微妙なバランスを醸し出せるような気がします。
    4人の中で一番大きな…というか、重い秘密を抱えていたのは、継母に強姦されていた光浩かなと。誰か一人派このレベルだろうなと思って読んでましたが。
    大人になりきれてないから、親の庇護が必要だから、どこにも逃げられなくて苦しい感じがこの年代につきものなんだけど、まさにそれがよく描かれてるなと思いました。

  • 胸にほろ苦く突き刺さる青春。ネバーランドっていうタイトルが読後にすとんと落ち着く。

  • ああ…青春っていいな、って思える作品。その時だったからこそありえた友情みたいな、一瞬のキラメキのような、青春ってそうゆうものだな…と。

  • 「青春」という言葉が苦手な私だが、「ああこれがそれなんだな」と思える作品でした。それぞれが持つ影(暗い)の部分、あるいは朗らかなシーンなど、色彩豊かな恩田先生の筆は読んでいて飽きません。また、他の小説家さんには見られない独特の筆具合が感じられ、テンポ良く読めた気がします。
    私も進路が少し違ったら、強く共感していたかも知れません。私の「青春」は、私の「ネバーランド」は、どこにあるのだろう?と思う作品でした。

  • 4人の男子高校生とトラウマの話。

    恩田さんの小説は個人と向き合うという描写が素晴らしい。
    主人公が走ることについて語る場面では、夜のピクニックを読んだときに感じた、そうそうこれ‼︎という感覚を思い出した。

    解説でも語られているが、物語における空気感のドライさが魅力を引き出している。

  • 冬休みの学生寮に残った高校生四人組のおはなし。各々がする告白の内容は物凄く重いのに、描かれる四人の冬休み数日間の暮らしぶりが、関係性が、さわやかで、すがすがしくて、うらやましくなる。高校生っていいなぁ、男子っていいなぁ、男子校っていいなぁ、年の瀬っていいなぁ、儚いなぁ。

  • 男子校の寮である松籟館で冬休みを過ごす4人の高校生。
    ゲームで負けた者が「告白」という名の秘密を語るという罰ゲームを行う事で物語は進展を見せる。

    俺はこの「告白」を非常にリアルな事柄に感じた。
    誰しもが抱えている秘密にしたい事を告白する事で、彼らが背負っているモノに触れる事が出来る。

    しかし陰鬱感は無く、事の軽重はあるものの誰しもが抱く事なのだと思う。
    暖かく、そして何処かノスタルジーを感じる事が出来る素晴らしい作品だ。

  • 青春小説。松籟館という学生寮のみで展開される、悩みや秘密を抱えた四人の男子高校生の物語。高校時代を思い出しながら読んでいました。
    実際の男子高校生はもっと幼稚でキタナイものだったりしますが、あくまで小説なので。

    四人それぞれが壮絶な過去や悩みを持っているものの、生々しくなりすぎることなく寧ろ綺麗に表現されていた気がします。読んでて苦になることはありませんでした。小説だからこそ為せる技かと。
    読むのが止まらなくなる物語でした。

    続編があったら読みたいです。
    そして光浩気の毒。

  • 登場人物が少年達だからこそできる物語
    未完成の分子のぶつかり合いって感じ
    少年の胸に秘められた熱いものが伝わってくる
    というか作者と言ったほうがいいのかも
    それぞれの葛藤が描かれてて、時に険悪になるけど馬鹿騒ぎして元通り
    少女4人だったらこんなにドライにはなりえない
    恩田作品は理想の学生像を提供してくれるから好き

  • おもしろかった。
    イブに寮に残った男子高校生4人が「告白」ごっこをするのだけれどこれが結構ヘビー。さらにそれを端とする女性恐怖というか嫌悪。なのに清々しく読めるのは恩田陸だからであろう。

  • 必然の一気読み。面白かった。気持ちいい。
    高校生の彼らが見る景色、朝の明るさ、夜の暗さまで鮮明に思い浮かぶ。
    ミステリアスでいて爽やかな四人の距離感がなんともこそばゆい。

  • 2008年2月に購入以来、2008年度10人貸出、2009年度3人貸出、2011年度1人貸出、2012年度、今年ですが2人貸出と、本校図書室としては長期間貸出されています。これからも生徒に読んでもらいたい本です。

    恩田陸さんの「ネバーランド」
    伝統ある男子校の寮が舞台になっています。冬休みを迎え多くの生徒が帰省していく中、事情を抱えた4人の生徒が居残りを決めました。人気のない古い寮で4人だけの休暇。
    ただの仲良し4人組でなく、高校生なのに皆それぞれ過去を持っている。
    それぞれの隠された過去が暴かれながら(?)物語が進んでいきます。
    とても面白いです。
    男子生徒、女子生徒共にお薦め。

    分類 913/オ

  • 伝統ある男子校の寮「松らい館」。冬休み、それぞれの事情を抱え寮に居残った4人がおりなす忘れられない鮮やかな7日間。ネバーランドでの出来事。


    寮で暮らす今が人生の中において、偽りの自由・一瞬の自由であることを理解しながら、もその自由が今を生きている彼らのすべてなのだ……そう思うと4人の少年のなんと愛おしいことか!!

    巻末にある吉田さんの解説を読みながら、すべての内容に同意すべく顎を上下する私が居ました。
    「ネバーランド」という題名の意味、恩田陸作品に漂うノスタルジー、統という存在、そして物語が進むにつれてかたく結ばれてゆく少年達の絆。
    これだから恩田作品はやめられません。

    また必ず読み返す時が来る、そう確信した作品でした。

  • 冬休みの間過ごした男子校の寮。
    その中で自分を相手を深く知り、自然と見つめ直し、終わった時には何か少し自分が変わった感じ。
    きっかけはたいしたことではなかったけれど、何より自分をさらけ出して時間を過ごした4人にとって、寮はまさにネバーランドだったんだなと思った。
    私の人生でネバーランドと呼べる場所はどこだったかなって、少し懐かしい気持ちになった。

  • 懐かしくてうらやましい学園もの。
    どことなく品がある4人の少年たちの生活。

    きっと私が死んでもずっと先までそこにある近しい物の存在って、私を神聖な気持ちにさせるなあ、と思い巡らせました。

    それと気づいた!季節ものの小説がすきだということに!

  • 甘酸っぱい青春小説、に分類するには些か内容が重い気もするけど…

    舞台は私立男子高校。
    殆どの生徒が帰省する冬休みに寮に残った3人と、そこに入り浸る1人の計4人のお話。

    ちょっとしたきっかけから各々の秘密を暴露する年末の閑散とした寮。
    一人一人の抱えてる秘密が作り出す絶妙な雰囲気が見事に表現されている。
    読み始めると止まらない。
    私の場合一日、正確には2時間と少しで一気に読んでしまった。

    読んだ後に残る、なんだろう、この共犯意識みたいなものは。
    恩田作品のすごいところは、読後に本の登場人物が私の中にある程度の明確さをもって住み着いてしまうところ。
    影響されやすい私の性格が多分に原因だということもあるけれど。

    今まで読んだ恩田作品も少なからず将来的に読み返すことになると思うけど、この作品は何かの節目、他の作品とは違う、何か特別なきっかけがあって読み返すことになるんじゃないかと思う。

  • 恩田陸を好きになったきっかけの作品。本当に何気なく図書館で借りた本だったけれど、読み始めてからはぐいぐい引き込まれて一気に読破してしまいました。
    一人ひとり背負っているものは重い、暗いものだったりするけど、それ以上に彼らの絆が徐々に深まっていく様が素敵。読み終わったあとに凄くすっきりした良い気持ちになれました。

全1185件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ネバーランド (集英社文庫)のその他の作品

ネバーランド 単行本 ネバーランド 恩田陸

恩田陸の作品

ネバーランド (集英社文庫)に関連する談話室の質問

ネバーランド (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする