彼等 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.59
  • (120)
  • (125)
  • (336)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 1136
レビュー : 83
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087476200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんか、正午が予想以上に重要な役でした・・・
    こんな展開!?そんなに重いの?とかなりびっくり。

    千尋さん&千迅さんが素敵・・・あんまり似てませんが。

    氷川さん影薄いなー、と思いながら読んでて、出てきた、と思ったら凛一の花を捨ててました・・・
    わざとじゃないにしても、かなりびっくり。
    凛一可哀想です。
    これからどうなるのかなあ。

  • 好き。女の子に毒があるよね。

  • 正午が好きです。

  • よかった。
    長野先生は少年を書かせたらピカイチだと思う。

  • 氷川さんの影がちょっと薄かった代わりに、凛一と正午、千尋の関係性がピックアップされていました。
    凛一が家族に恵まれた正午を羨ましく思う気持ちは切なく、だからこそ唯一甘えられる存在であり今は所帯を持って距離が離れてしまった千尋との関係性が愛おしいです。

  • 凛一と氷川の関係がちょっと前進?
    心配なのは正午かな…。
    偽善の話にはとても共感できた。
    凛一の刹那的生き方も、氷川の感情にまっすぐなところも、嫌いじゃない。むしろ好感を覚える。
    とりあえず、凛一の人間味がシリーズ3つ目にしてようやくだいぶ見えてきて、良かった。

  • 白昼堂々シリーズ三作目

  • いちいちひねりのある日常会話に唸ってしまったけどこれ、まさにBL展開で朝日の中での通勤中にトリップするのは危なかった(降りるの忘れそうだった)。まさかね、まさかね、と思いつつ帰りの電車で前の席が空いたのに気付かずに立ち続け、後半一気読み。氷川とはそうなったんだよね?(ここで下を見た)えぇっ!これ凛シリーズっていうの?しかも3弾目で次で終わり?∑(゚Д゚)前作で正午のこととかわかるのかな?うわ〜っ!(硬質な小説なのにこんな感想しか書けないなんてごめんなさい)

  • 【3】あらら、結局、氷川とはどうなの?良く分からなかったなぁ。このままダラダラ着かず離れずなのかな?千迅さんとういう、これまた色事師が出てきて一族内で自給自足できそうな気がするけどw。正午の件は『トーマの心臓』のユーリを彷彿。立ち直れるのか?立ち直れるとしたら何が切っ掛けとなるのか?いろいろと気になる事の多い巻であった。

  • シリーズ3作目。
    読んでいる時、まさにこのシリーズは1冊ずつが凛一の物語の起承転結になっているのだと確信した。
    転であり、物事ががらりとひっくり返るのにふさわしく、今回は正午(まひる)のお話である。
    両親を亡くし、家を継ぐ重圧と報われない恋にうじうじしている凛一と対照的な存在である正午の闇が顕在化することで、凛一のキャラクタを浮き立たせている。

    正直前の2冊は、BLより高尚な同性愛小説という印象しかなかったけれど、人間の心理をえぐる文学であると感じた。
    特に眩しい光の中のラストシーンがいい、幸せのなかの無常感。


    それにしても凛一は氷川が大好きだな。
    千尋の異母兄である千迅(ちはや)が登場し、彼に自分のことは何番目に好きだと聞かれて
    「四番目」
    とあっさり答えるところとか、並みの女なら反感しか抱かれないのに、凛一らしいと思わせられる。
    とても不器用だけど正直な少年である。

    http://www.horizon-t.net/?p=968

全83件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野まゆみ(ながの・まゆみ)
東京都生まれ。一九八八年『少年アリス』で文藝賞を受賞しデビュー。二〇一五年『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞。

「2019年 『掌篇歳時記 秋冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
あさの あつこ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

彼等 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×