あのころ (集英社文庫)

  • 集英社
3.52
  • (134)
  • (196)
  • (508)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 1946
レビュー : 118
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087476743

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このシリーズはやっぱり好き。マラソン大会や、遠足嫌いなどは、「わかる」「わかる」の連発。私も嫌いでした。
    たださくらももこ氏のように鮮明にも覚えてないし、面白くもかけないのだけど。
    しかし、さくらももこ氏のような、子供が自分の子供だったらちょっと、大変だなぁ。。。

  • ははははは

  • やっぱり面白い

  • 小学生の頃のことが、思い出せた。
    とても、面白い。

  • 2019/1/28

  •  さくらももこさんへの追悼の意味を込めてまとめ買いしたエッセイの5冊目です。
     まる子時代のエピソードが収録されています。ちびまるこちゃんのエピソードもたくさん登場します。笑えます。本当に笑顔にしてくれるエッセイです。
     そして、小学生の頃、私もいろいろなことを考えたり、想像したりしていたことを思い出しました。それを思い出して、姉や相方に話してみたところ、笑っていました。小さい頃、恥ずかしいな~としまいこんでいたことをこんな風に笑って話せるようになって、幸せだな~と感じました。
     このエッセイは「まるこだった」と「ももこの話」の3部作だそうです。早く次の作品が読みたいです。

  • やっぱりさくらももこは最高。
    久しぶりに読み返してそう再認識した。

  • 文庫で再読。

  • 再読。
    同世代だからか考えてた事もエピソードも自分のとよく似ていて、それぞれのシーンが自分の事のように目に浮かびます。
    いつまでも色褪せない懐かしい子供時代。

  • クスッとくる面白さ。書きっぷりがすらすら読めて爽快。何でもないテーマではあるが、その中に面白さがある。作者ならではの感性・視点によるものだと思う。

全118件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

さくらももこ
1965年5月8日 - 2018年8月15日
静岡県清水市(現・静岡市清水区)生まれの漫画家。
静岡英和女学院短期大学(現・静岡英和学院大学短期大学部)国文学科在学中に漫画家デビュー。1986年から少女マンガ雑誌『りぼん』で代表作となる「ちびまる子ちゃん」を連載開始。本作は1990年からアニメ化され現在まで続く超人気番組になっており、実写ドラマ化もされた。2017年にセルフパロディ『ちびしかくちゃん』を刊行、話題となった。ほかの代表作に、アニメ化された『コジコジ』など。
作詞家としても活動し、アニメ主題歌「おどるポンポコリン」は第32回日本レコード大賞を受賞。エッセイストとしても、それぞれミリオンセラーとなった『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』を刊行。詩集作品『まるむし帳』も手がけていた。
8月15日、乳がんにより逝去していたことが2018年8月27日に発表された。

あのころ (集英社文庫)のその他の作品

あのころ (集英社文庫) Kindle版 あのころ (集英社文庫) さくらももこ
あのころ 新書 あのころ さくらももこ

さくらももこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
さくら ももこ
さくら ももこ
綿矢 りさ
森 絵都
さくら ももこ
さくら ももこ
宮部 みゆき
江國 香織
さくら ももこ
宮部 みゆき
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

あのころ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする