英雄三国志(2) (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.82
  • (11)
  • (7)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (704ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087476835

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 呂布、袁術、曹操、劉備らによる目まぐるしい小沛・下邳争奪戦から、官渡の戦いを経て、赤壁前夜まで。
    このシリーズ、福田隆義氏による表紙のイラストが素晴らしい。

    第一巻は、関羽。
    この第二巻は、曹操。

  • ようやっと、孔明さん登場、趙雲の活躍が見られて引き込まれる2巻でした。
    孔明が天才すぎて、すごいですw 人間じゃないみたいw

  • 柴錬さんは蜀の方々をひいきにしすぎるほど贔屓してるので、善悪の対比がわかりやすくて読みやすいです。孔明が天才すぎて爽快~。
    そして白馬の青年、趙雲の描かれ方もキラキラ。素敵です。

  • 諸葛亮孔明恐るべし。

  • 歴史にイフはないのですが、もし曹操が関羽の逃走に際して連絡を徹底しておけば、死なずに済んだ人が沢山いたのではないでしょうか……でも情報伝達も発達してない、しかも乱世の事だから仕方ないのか……?
    どちらにせよ関羽、恐ろしい男です。かっこいいけど。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1917年岡山県生まれ。慶應義塾大学支那文学科卒。在学中より「三田文学」に作品を発表。1951年「イエスの裔」で直木賞受賞。1956年創刊の週刊誌に「眠狂四郎無頼控」を連載、ニヒルな剣士と円月殺法は剣豪小説ブームを呼ぶ。1970年『三国志 英雄ここにあり』で吉川英治文学賞受賞。伝奇小説の醍醐味を堪能させる作品を多く残し1978年6月逝去。代表作に『赤い影法師』『岡っ引どぶ』『真田幸村』他多数。

「2015年 『レジェンド歴史時代小説 江戸っ子侍(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田錬三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×