英雄三国志 3 三国鼎立 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.94
  • (12)
  • (7)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087476927

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 赤壁の戦いから、関羽、張飛、劉備の死を経て、諸葛亮による出師の表まで。
    表紙イラストは、劉備。

    どの三国志でも、劉備の凡庸さがきわだっていて、なぜこんな人物が三国志の主人公なんだろうと思ってしまうのは、誰しも同じだろう。
    柴田錬三郎の英雄三国志でもそうで、重要なポイントポイントで諸葛亮の足を引っ張ってばかりいる。
    いい加減、愛想を尽かして逃げ出したほうがいいんじゃないかと思えてくるので、作者も諸葛亮がなぜそうしないのか、その理由をひねり出すのに、苦労しているように映る。

    曹操の方は、国が大きくなるにつれて、その迫力と凄みを増してくるのだが、劉備は逆である。
    後半になるにつれて、だんだん魅力が薄れてくる。
    蜀が成った後の凡庸ぶりは、後継者の劉禅と同程度にしかみえない。

    思うに、それは、劉備の統治能力、政治能力の欠如によるのではないかと思う。
    非常な仁徳者ではあるが、冷徹なパワーバランスの中で、敵に打ち勝つ能力に欠けている。
    曹操とはまったく逆である。

    こういう仁徳者の魅力や感応力は、直接逢ってみないと伝わらないものなのだろう。
    それがあればこそ、関羽も劉備も諸葛亮も、あそこまで付き従ったのだろう。

    そういう人物の魅力を文章で伝えるのは至難の業である。
    だから、どうしても、諸葛亮とか関羽張飛、あるいは曹操とかのスーパーな能力をもった人物が、物語の中心にならざるをえない。
    また、そういった英雄たちが波乱万丈の大活躍するからこそ、三国志は面白い。

    一方、魅力ある劉備像を描いた三国志というのは、これまで書かれたことはないのではないかと思う。
    そういう三国志というのも、一度読んでみたいものである。

  • 赤壁の戦いから始まり、出師の表を出して公明が五丈原に出陣!ってところで終わります。最後の方は駆け足だったかなーとは思いました。

    次の4巻は少し巻戻して始まるようで・・・?いよいよ三国志後半戦も楽しみです。

  • 一気に読んだ。まずはここで一休み。

  • 映画レッドクリフを見たとき、映画化に際してなんで赤壁のとこが選ばれたんだろうとちょっと思ってたんですが、ここが一番面白いからなんですね。三国とも出てくるしね。今更ですけどね。
    しかし歴史物のさだめとは言え、人がどんどん亡くなっていくのはさみしいものです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1917年岡山県生まれ。慶應義塾大学支那文学科卒。在学中より「三田文学」に作品を発表。1951年「イエスの裔」で直木賞受賞。1956年創刊の週刊誌に「眠狂四郎無頼控」を連載、ニヒルな剣士と円月殺法は剣豪小説ブームを呼ぶ。1970年『三国志 英雄ここにあり』で吉川英治文学賞受賞。伝奇小説の醍醐味を堪能させる作品を多く残し1978年6月逝去。代表作に『赤い影法師』『岡っ引どぶ』『真田幸村』他多数。

「2015年 『レジェンド歴史時代小説 江戸っ子侍(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴田錬三郎の作品

ツイートする
×