娼年 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.43
  • (594)
  • (1038)
  • (2402)
  • (271)
  • (51)
本棚登録 : 8911
レビュー : 1114
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087476941

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前から気になっていた本。
    ナツイチで購入。

    男性をお金で買う
    寂しいというだけではなく自己の欲求を満たしてもらうという方法

    手を繋いだだけでエクスタシーを感じることのできる老女。
    排尿を見てもらうことでエクスタシーを感じる女性

    十人十色の性が書かれていて面白かった。

    嫉妬によって警察に通報という何とも…な結末だったけど、新生パッションを見てみたい

    御堂静香は舞台の高岡早紀さんでぴったりだなと舞台、観に行けばよかった。

  • 歪んでる人達だって、ちゃんと愛を育んでる

  • 何年か前に読んだもの
    ノーコメント

  • 刺激的な描写、すごい表現力でした
    知らない世界を知ってしまいました

    映画化されているので映画も見てみようと思います

  • 人の道を外してると言われても仕方ないことだけど
    その道が誰かの幸せに繋がっている。
    恋ではなく愛を知る物語。

  • 2018/12/11読了

  •  映画化されて、入手が難しくなった本を手に入れました……って普通に買えば簡単に買えるんですが……

     話のストーリーは、二十歳の男の人が、女の人に身体を売る話……と書いてしまうと見も蓋もないですが……以上!! という感じです。

     ここから先は、どうでもいい話なので、これがどういう話なのか知りたい人はスルーしてください。
     人間が「本」というやつを作り出してから、とんでもない年月が経っているので、もはや人間のやることで表願されていないことってないんじゃないかな? って、思うわけですよ。
     そうなったら、後は表現の仕方をかけるしかないんですよね。それこそ、文体とかそういうの。
     それが、どれだけの人に心地よいかによって、評価が変わるんだって思ってます。
     そういう意味では、この本はとてもやさしい話でした。
     個人的には石田衣良さんって名前に惹かれて読みだしたんですけど、ここまでタイトル通りの話だとは思わなかったので、びっくりしました。
     こういうのも書くのかあ……という。

     まあ、そんな偉そうな話を語れるほど、何かを知っているわけでもないんですけどね。
     個人的にはこんなものもかけてしまう石田衣良さんって、どんな人なのだろう? っていう方が気になってしまった。テレビでコメントしてる時はとても穏やかな印象しかないので……。
     そんなちょっと、個人的にはびっくりする話でした。
     文体は相変わらず、ただひたすら優しいんですけどね。

  • 2001年、第126回直木賞候補作品

    2015.09.17 読書開始
    2015.11.13 読了

  • 映画は観ていませんが家に長年あった積読本。
    大学生リョウが娼夫になり自分を見つめ直していく。
    出逢う女性達には様々な隠れた欲望がある。

    リョウへの愛のためとは言えメグミのような正論をふりかざして行動を起こす人は好きになれない。

    個人的には小説とは言え痛いシーンが苦手なので
    アズマのある場面が自分にはキツかった。

  • 3シリーズの1作目!松坂桃李の顔がりょうくんと重なり、世の女性にとってはとても官能的なお話にのかもしれない。
    2作目と3作目を先に読んでしまったので、この評価。

著者プロフィール

石田 衣良(いしだ いら)
1960年東京生まれの小説家。フリーター、広告代理店でのコピーライターを経て、36歳のときに一発祈念して執筆活動を開始。
1997年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞、2006年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞、2013年『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。
多くの作品がドラマ・映画化されている。代表作に、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「下北サンデーズ」、映画「アキハバラ@DEEP」、「娼年」。
2015年にウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊するなど、メディアをまたにかけて活躍を続けている。

娼年 (集英社文庫)のその他の作品

娼年 Audible版 娼年 石田衣良
娼年 単行本 娼年 石田衣良

石田衣良の作品

ツイートする