おいしいコーヒーのいれ方 (6) 遠い背中 (集英社文庫)

著者 :
制作 : 志田 光郷 
  • 集英社
3.45
  • (161)
  • (243)
  • (725)
  • (32)
  • (4)
本棚登録 : 2544
レビュー : 134
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087477054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おいコーシリーズはここまで読みました。でも自分が大人になるに連れてあまりにもプラトニックすぎる純愛が嘘くさくて読むのをやめました。

  • 勝利の背中をポンっって押したくなる。
    そのじれったさが魅力。

  • 花村の叔母夫婦がついにロンドンから戻ってくる。勝利はかれんとふたりだけになれる場所を確保するために、周囲を説得して、ひとり暮らしを決意する。男としての強さ、優しさに、磨きをかけるためにも。なのにかれんは近いようで遠くて。ふたりの甘く切ない恋の行方が、ますます気になる人気シリーズ第6弾。かれんの実兄「風見鶏」のマスターのエピソードも収録。 (amazonより抜粋)

  • 読み終わった
    村山由佳好きの友達が持っていたので借りて読んだシリーズ。

  • マスターまじ痺れる

  • とてもピュアな恋物語。
    文章が柔らかいのでさくさく読み進めれた。

    登場人物の心理表現がすごく自然に描かれていて、小説で作り話だという事を忘れてしまう。

    人を好きになると、強くもなるけど弱くもなる。
    この言葉がすごく胸に響いた。

    私もそうだったから。

    恋は作るものじゃなくて落ちて行くもの。
    すごく切ないけど、だからこそ一生懸命になるんだね。

  • 面白かったです。

  • 高校生~大学1年生時に読んでた小説。なつかしー
    もう6年も前か

    引越しの準備中にでてきたもの。

    こんな恋したいなーと思ったのもなつかしい

    できましたか?
    千葉の房総半島の端までドライブしましたか?

    うーん、青春だ

  • おいしいコーヒーシリーズは無条件で星五つ!!!

  • 2009/11/10

全134件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

おいしいコーヒーのいれ方 (6) 遠い背中 (集英社文庫)のその他の作品

村山由佳の作品

ツイートする