王妃の館 上 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.55
  • (118)
  • (284)
  • (390)
  • (42)
  • (8)
本棚登録 : 1991
レビュー : 220
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087477078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 浅田次郎のこの系統は面白いはず

  • 下巻にて

  • 浅田次郎氏の短編は何冊か読んだが、コメディは初。
    ネガ組とポジ組の鉢合わせのスリルを楽しみながら読んでいたが、途中からはそっちよりルイ14世とプティ.ルイの話の方が気になって。
    さて、どちらも下巻はどう展開するんでしょうか。

  • 結構、コメディ要素も強く面白い。先が読めないのでとても気になる。

  • よくこんなストーリー思いつくな

  • ドタバタなストーリーですが、キャラが皆それぞれ面白くてあっという間に読める。
    下巻も一気に読むつもりです。期待。

  • クレヨンさんとまこちゃんのやり取りが面白い!!ネガツアーの戸川さん、あっさりダブルブッキングを告白してしまうところなど、コメディー要素の強い小説です。

  • 映画の番宣を見て、映画を観ずにまずは原作をと思ってKindle版を購入。
    著者の本は初めて。
    字の使い方とか、言葉とか運びとか、初めてでちょっと慣れないかんじがあるものの、この登場人物たちがどうなるのか、ルイはどうなるのか、気になって読み進める。

  • 小説未読で映画を見たらクレヨンちゃんがとてもかわいかったので、原作を買ってみました。

  • ちょっと前からこの本が平積みにされてるなーと思ってました。
    でも私は似たようなタイトルの、私がかつて読み通せなかった本と勘違いしていたので「あの本がなんで今平積みに…?」と不思議に思っていました。

    先日改めて見てみると、作者は浅田次郎さん。「あれ? 私が思ってたのと違う」と手に取り、あらすじを見たらおもしろそう。
    すぐにレジに。

    最近文庫化された、最近の話なのかと思ってたら、「ハイミス」とか戦争から「五十年」とか言ってる。
    かなり前の作品だったんですね。

    ポジとネガのツアー客が個性的でおもしろい。
    微妙にからんでる人もいたりして、これから鉢合わせになる場面もあるのかな?

    王妃の館はモデルになったホテルがあるとのことで、写真を見たらとてもきれいなところでした。

    そんなに笑える箇所は、正直ないなあと思ってたら、金沢貫一の階段室での失態に笑ってしまいました。

全220件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

王妃の館 上 (集英社文庫)のその他の作品

王妃の館〈上〉 単行本 王妃の館〈上〉 浅田次郎

浅田次郎の作品

ツイートする